愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

木空人

「木空人」と書いて「もっからにん」
不思議な店名のピザ屋さん。私の好きなお店です。
場所は所沢、地元でいう「西武園の山」(正しくは丘陵かな)の中にあります。

店名も不思議なら、お店に辿りつくまでの道のりも、こんなところを通るの?と、びっくりするような場所を通ります。
なんと途中、ゴルフコースを突っ切る(!)んです(笑)(突っ切るというよりも、左右にゴルフコースが広がっているんですけど・・・突っ切ると同じか?笑)
私の常識を超えた道だったので、初めてここを訪れたとき、本当にびっくりしました。
一度でもこのお店行ったことのある人間が一緒でないと、たどり着けないはず。

丘陵の頂に近く、木々の緑も豊富な場所なので、とっても気分がいい。
さながら、避暑地にでも来たよう。
お店も、古民家を移築したようなつくりで、風情があります。
b0102023_20123754.jpg
引き戸を開けると、まず土間エリア。
b0102023_2017570.jpg

靴を脱いで、板の間にも、テーブル席があります。

b0102023_20194225.jpg


板の間を上がるとすぐ、昔懐かしい、小学校の椅子。


b0102023_20221145.jpg
こちらのピザは全部で6種類。うち4種類が和風。
オーダーを受けてから、生地を広げ、石釜で焼いてくれます。これは、ごぼうピザ。
生地も、普通のとは違い、どんなに食べても胃にもたれない。
ピザ作りが得意な友人も、「どんな材料で生地を作ってるの?」と不思議がっていました。

3人で行ったのに、頼んだピザは前出の「ごぼう」に加え、「じゃこ」「もち」「ブルーチーズ」の4枚(笑)加えて、「和風春巻き」もいただきました。
ピザは具ごとに生地にひくソースも違っていて、私は「じゃこ」と「もち」が好き。
「じゃこ」はトマトソースなのだけれど、普通のトマトソースと少しちがう。
たぶんバジルが入っていない。バジルのかわりに、青じそが味を引き締めています。
「もち」は・・・とっても美味しいソースなのだれど、何回食べても、何のソースなのかわかない(笑)トッピングのおもちも、雑穀(具体的に何なのか、わからない・笑)のもち。これが、またおいしい。


ジンジャーエールもおいしい。普段は炭酸飲料はあまり飲まない私だけれど、ここに来たら、どうしても、これを飲みたい。
「ジンジャーエールって生姜でできてるんだよね」と納得できるくらい、生姜の味をしっかり味わえて、うれしい。
b0102023_2031103.jpg


それでも、まだ食べます。
こちらはデザートも美味しい。その上、お安い。
b0102023_20334452.jpg


今日のチョイスは、「ココナッツとバナナのタルト」
ほどよい甘さで、私好み。ケーキ250円。コーヒー200円。
こんなにおいしいのに、このお値段。うれしい限りです。

b0102023_20485742.jpg

くつろぎの空間で、友人達とおしゃべりをしながら、美味しいものをいただく。
至福の時間です。
[PR]
# by candy-k1 | 2006-06-16 20:53 | すきなもの

象と私

こんなことを言うと「頭おかしいんじゃない?」と思われそうだが
私は、昔から地震が来るのが、わかるときがある。
2・3日前から、胸が苦しくなるのだ。
ひどいときは、立っているのも辛い。横になっても、辛い状態は変わらない。
「心臓悪いのかも~」と涙目で、病院に駆け込んだこともあるが、
検査の結果「心臓が反時計回りだけど、異常ないですよ~」
この「反時計回り」ってのが、何度説明を受けても、どんな理屈なのかさっぱり理解できないのだけれど、異常ないってことで、ま、いいか~と納得してしまう。

そんなわけで、夫や娘からは「陸なまず」と呼ばれている。
この話を、友人にこっそり打ち明けたら、「ちょうどこの前テレビで、低周波に敏感な人は、地震の前に具合が悪くなるって言ってた。あなた、そのタイプね」と言われ「なるほど。そういうことか~。低周波治療器などにかかると、たちどころに具合が悪くなるのも、そのせいだったのか」と妙に納得。

話は変わって、前出の友人が動物園に行ったときのこと。
象の展示エリアに行った時、象の動きが、まるで話をしているのか?と疑いたくなるほど、3頭の象たちが、絶妙な動きをとっていたことに、気持ちを奪われたらしい。
「ぱお~ん」と声を発するでもないのに、2頭の象が1頭の象に、意地悪をしていたらしい。

「象って、テレパシー使えるのかも?」
そんな大胆とも言える疑いを持ってから1週間後、NHKを見ていたら「象は低周波を出していて、会話をしている」と解説していたそうだ。言ってみれば、イルカと同じようなことらしい。
「そっか。だから、スマトラ地震の時に、象が一斉に山に向かって走り出したんだ。低周波で会話ができるから、低周波の乱れに敏感なんだね~って納得した瞬間にね~、あなた(私)の顔が思い浮かんで、爆笑しちゃった!」らしい。

昔、流行った心理テストで、動物を頭に思い浮かべ、なんでその動物が頭に浮かんだのか、その理由を言う、とういのを思い出した。
以下、私の回答(うろおぼえだけど)
1番目に浮かんだ動物・犬(人なつっこい。無邪気)  2番目に浮かんだ動物・ネコ(他人は関係ない。わが道を行く) 3番目に浮かんだ動物・象(気はやさしくて、力持ち)
ここまで言って、その場にいた友人が大爆笑を始めた。ん?なんでだ?
以下、動物が象徴する意味
1番目は、自分から見た自分
2番目は、他人が見た自分
3番目は、本当の自分
はは~ん、「象」に過敏に反応したんだね、君達は・・・。ようやく大爆笑の意味がわかったのだった。「力持ちって・・・さいこ~♪」・・・・言ってなさい(--#)
私は、占いは信じないタイプなのだが、3番目の「本当の自分」が「象」だった事に、友人達と同様、妙に納得してしまったのを、良く覚えている。

この心理テストの結果を思い出し、前出の友人に伝えた。

「ねえねえ、絶対、象と話ができるって!!今度ためしてみ~」
友人の言葉に、「そうかも・・・・・立派な象使いになれるかもな・・・」

今度、動物園に行ったときには、象に話しかけてみようと、真剣に思う私です。
b0102023_1957688.jpg

地震が来ても、爆睡を続け、はたと気がつき、あわてふためくキャンディちゃん。本日も、うつらうつら。地震予知犬には、なれません(笑)
[PR]
# by candy-k1 | 2006-06-14 20:12 | おもうこと

ちびちび いきます

3ヶ月前のこと。
以前習っていた、英語の先生のお友達がハワイから遊びに来ているから、遊びに来ない?とのお誘いに、お邪魔したときのこと。

会話の中で 「好きな食べ物、なぁに?」
と聞かれたので、迷わず
「ん?ゆでたまご♪」
と、答えたら、しばしの沈黙の後、一同大爆笑。
「ぎゃーーー変わってるーーー!!あなたのこと、一生忘れない~ミセスゆでたまご~~~~この身体、ゆで卵でできてるの?きゃはははははーーーー」
ハワイからやって来た彼女は、涙を流しながら笑い、私の肩を、ばしんばしんと、叩いたのでした。
・・・・ あなたの記憶にしっかりと刻まれることができて、私も光栄よっ。

そんな私の、大好きなチョコレートはこれ。
b0102023_20364224.jpg


高級なチョコレートもおいしいくて好きだけど、やっぱりガーナが一番好き。

このガーナは、娘が母の日に、文房具と一緒にプレゼントしてくれたもの。
とっても特別なガーナです。
冷蔵庫にしまって、ちびり、ちびちびと、食べています。
[PR]
# by candy-k1 | 2006-06-13 20:50 | すきなもの

プチ物産展

「野菜もらってくれない?」
友人からのうれしい連絡。
農業を営んでいる千葉のご実家から、野菜が山のように送られてきたらしい。
もちろん、ありがたく頂くことにした。

野菜のほかにも、友人のお母様手作りのきゃらぶきも、保存用ビニール目一杯にいただいた。
以前、この友人宅でお昼を頂いたときに、出してくれたのがこのきゃらぶき。
「おいしい!おいしい!」の連発を覚えていてくれたらしい。うれしいな♪
このきゃらぶきが、本当に絶品!
ふきの苦味も、ちょうどいい塩梅。
作り方、今度教えてもらおうかな♪
b0102023_19505992.jpg

↑これ、ひどいアングル・・・・・

ふきといえば・・・
私の実家の庭には、春先、ふきがにょきにょきと、所狭しと自生する。
母も昔はよく、きゃらぶきを作ってくれた。
だが、ある時、母の煮付けたきゃらぶきの味付けに、父が文句をつけてしまい・・・・以来、母はきゃらぶきを作らなくなってしまった。
きっと母のことだから、落ち込んだのではなく、文句をつけた父に切れてしまったんだろうなぁ(笑)
ちょっと、おかしくて、さみしい思い出。

もう一人、在日韓国人の義母様を持つ友人から、手作りのキムチもいただいた。これが、またまた絶品!本場仕込の味付けなのだろう。
スーパーやデパートで売られているキムチなんて、比べ物にならないほど、美味しい。

きゃらぶきも、キムチも、しばらくの間、私の「お昼の友」となること、間違いなし!しかし・・・ああ~、こんなにご飯にあうものばかりいただいて、どうしようぅ~。(うれしい身もだえ)
また、大きくなっちゃう(汗)

              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「梅ジュース(シロップ)」を仕込んでみた。
実はレシピをどこかに失くしてしまって、うろおぼえでの仕込み。
とはいえ、「仕込み」と言えないほど、超簡単。
梅の皮を十字に剥いて、砂糖をまぶして、2~3日冷蔵庫で寝かせると、梅からじわじわとジュースが染み出し、4~5日目位から、もういただける。
お水やソーダ水でシロップを割って飲むと、とっても美味。
b0102023_19522221.jpg


↑もっと、まんべんなく砂糖をまぶすべきでした。
でも、適当に作っても、きっちりできるのが、私向き♪梅、偉い!(笑)

今年は、少しお酢も足してみた。
どんな味になるかなぁ?ちょっと心配。
美味しく仕上がったとしても、お酢の分量が、これまた目分量。
どれだけ入れたか覚えてない。来年に生かせない(笑)
すべて目分量・適当な私・・・・きっちり計量しないといけないパンやお菓子づくりに向いていないことが、バレちゃいましたね(^^;)
[PR]
# by candy-k1 | 2006-06-12 20:13 | くらし

4年に1度のお祭り

昨日の私は、ジョニーのお誕生日&来日決定で、うきうきでしたが
別の意味で、うきうきしている人が一人。

うきうき君は、夫Y。

うきうきの理由は、4年に1度のお祭り「ワールドカップ」
小学生時代から、大人になるまで、ずっとサッカーを続けていた夫Yにとって
この時期は、もう~いてもたってもいられない!!らしい。

昨日は、帰宅してから、食事を摂り、娘のお迎えの為に国立に向かい、
思いのほか早く出てきた娘を車に乗せ、帰路へ。
帰宅早々、「俺~腰がな~んか痛いから、風呂入っちゃうね」
普段なら「ちょっと休憩してから、入るね~」と言うのに、昨日はきびきび。
その上、いつもは長湯の夫、昨日はちゃっちゃっちゃと風呂から上がり、そわそわ。

ん?どした?と思った次の瞬間、わかりました。
ワールドカップ開催時間に向けて、一人着々と準備をしていた、というわけです(笑)

・・・・・それじゃあ、みそぎだよ!!(笑)

そんなわけで、今日も今日で、ご贔屓のイングランド戦とあって、しっかりテレビにかじりついております。
保存用ビデオもしっかり購入してきていたようです。色はサムライブルー。
こんなのあったのね~。

b0102023_036987.jpg


私も中学生の時から、サッカー好き(「ヨハン・クライフ」に一目ぼれ⇒その後、清水東のMF大榎木克己さんに惚れる)でしたが、夫のサッカーへの情熱には、太刀打ちできません(汗)
私の情熱のピークは、「ドーハの悲劇」で終わってしまったのかも。
とはいえ、私もついつい見ちゃうんだけれど。

巷では、ワールドカップ観戦のために、会社を辞めて応援しに行く人もいるらしい(汗)
困っている奥さん、たくさんいるのかもしれないなぁ~。
夫のサッカーへの情熱は、かわいいモノなのかもしれません。
(きっと、これを後に読む夫・・・・ジョニーバカのおまえに、言われたくないっと思うことでしょう。)

さてさて・・・というわけで、彼の不眠症の1ヶ月は、始まったばかりです(^^;)
[PR]
# by candy-k1 | 2006-06-10 23:47 | いとしい人たち