愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

1日目は↓からどうぞ。

【6日目】

今日は撤収の日。
その前に、朝ごはんを食べて、森を散歩。
b0102023_21455631.jpg

                     え?はしっていいの?
b0102023_21473075.jpg

                      わーい わーい

*****
チェックアウトが12時になったので、のーんびり撤収。
でも、やっぱり撤収は、好きじゃない。
ああ、帰らなきゃいけないんだなって、寂しい気持ちになるんだな。

b0102023_21561386.jpg

                       あたちは
                 こうして みんなのおしごとが
                  おわるのを まっています


************
SGさん、今年もありがとう。
快適に過ごせました。
余談ですが、今年もこちらのご家族と、再会。
ええ、今年も静寂を突き破っていらっしゃいました。

他にも「去年もお会いしましたよね」と声をかけていただいたり(この方は、キャンディのことも覚えていてくださって、うれしかった。感激した)、ここ数年SGでお会いしてるRちゃんとも再会したり。

キャンプ場って、普通の旅行では味わえないコトがたくさんあるなって、来るたびに思う。
何にもしないことの贅沢だったり、
そこにある自然をただ感じることだったり、その力を見せ付けられたり。
厚い壁に覆われた建物にいては感じ得ないことが、たくさん。
そして、人とのふれあいも、しかりかもしれない。

そもそも、見ず知らずの人と、ある程度の距離は保たれているものの
生活、丸見えといえば丸見えだし、
鍵もついてない部屋(しかも、布・笑)で寝泊りしてるわけで。
改めて考えたら、スゴイ話だ。
だからこそ、互いに守らなければいけない垣根もあるのだが。


「また、来年もキャンプしたい」と、娘。
この言葉、夫にとってはこのうえなくうれしい言葉だったよう。
いつまで娘が一緒にキャンプに行ってくれるのか。。。。。
夫にとってはひやひやものらしい(笑)。

というわけで、きっと来年もSGにいることでしょう。

********

前日買い物の帰りに立ち寄った美土里の洞さんで取り置いていただいていた「壺人」をお迎えに。
「これ、おすそわけ」と朝取りのとうきびをいただいた(翌日、いただいたら、甘くておいしかった!)。
ごちそうさまでした。
シーズナルな我が家を、毎年暖かく迎えてくださってありがとう。
また、伺います♪

お次は、ありんこ菓子店さんへ。
「お菓子残ってなかったらどうしよう・・・・」と、ちょっと心配しながら扉を開けると、笑顔のありさんが。
「今日、来るような気がしてたんだ」と、ありさん。
ふふ、ご名答!うれしいな。
ここも、私の大好きな場所。ずっと変わらないでいてほしい、大切な場所。
ありさんとのおしゃべりも楽しかった♪
また、行くね♪

*********
有料道路を通って、六里ヶ原休憩所で。(娘・撮影)
b0102023_2252252.jpg


さあ、これから関越道へと向かうのだ。
途中、私は睡魔に襲われたので、混み具合がわからずだったが
想像していたより、あまり渋滞していなかったらしい。
そこで「私、寄ってみたいPAがあるんだけど」
それは、寄居 星の王子様PA


b0102023_2352070.jpg

b0102023_2333074.jpg
b0102023_2335590.jpg
b0102023_2344419.jpg

b0102023_236571.jpg
b0102023_2362299.jpg

                                         <娘・撮影>
異国情緒たっぷりで、不思議な感じ。
ここがPAだということも、忘れてしまう。
旅の途中で、また旅したような、特した気分。

b0102023_23104041.jpg

                                         <娘・撮影>
さあ。
もうすぐ日が暮れます。
我が家まで、あともう一息。
楽しかった夏の旅も、もう終わり。
また、来年も、みんなで元気に楽しく、旅することができますように。


************

b0102023_23135912.jpg

                 おそとのおうちも いいですが
                 やっぱり ほんとのおうちは 
                     ほっこりします
                       ぬくぬく

                 ママの だらだらな おはなしを
                   さいごまで よんでくれて
                    ありがとうございました

                        お わ り
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 23:22 | できごと
1日目は↓からどうぞ。

【5日目】
今日は、キャンプ場で過ごす最終日。
今年は、あちこち出かけることが多くなって、
まるまる1日キャンプ場でのんびり過ごすことが
できなかった。
何も用事を入れないでのんびり過ごすのが、最高に贅沢なのに!
あああああああああ、なんてこった。
やっぱりアウトレットは帰り際に行かないとダメだな。
時間がもったいない(一人反省会)。

というわけで、最終日のこの日は、夜のお楽しみもあることだし、
最低限の外出にとどめ、キャンプ場ですごすことに。

**********


娘とバドミントン対決!思いのほか、白熱。
しかし。
この試合に混ざりたい方が、もうお一方。

それは。。。。
b0102023_1621915.jpg

                      あたち。

蝶や鳥、風舞う枯葉なんてのを追いかけるのが大好きなミルヒ。
ポーンポーンと行ったり来たりするシャトルは、ミルヒの野生を刺激したらしい。
追いかけたくてうずうずしているのが、見てとれる。

「じゃあ、ミミたん、追いかけてみようか?ほれ」
ボール投げの要領で、打ったシャトルを追いかける。
b0102023_19153959.jpg

             わーいわーい あたちは あれを とるのよ。
                パパ もっとはやく はしって!

b0102023_19182458.jpg

                     みてみて!  
                       ほら!
                    とってきたわ!
               パパ もっとはやく はしって!


てな具合で、これでスイッチが入ったミルヒ。
走る、走る、走る。
b0102023_2003696.jpg

ミルヒ。
ミミたんが楽しそうだと、ママたちも、楽しいよ。

この日のお昼ご飯は。
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 20:46 | できごと
1日目は↓から。

【4日目】

朝食を食べ終えて、買出しを終えてから、
2日目にであったみりんちゃんのパパママのお店へ、ランチをいただきに伺った。

追分にあるウィステリア軽井沢、カフェギャラリーとコテージ。
シンプルモダンな店内には、トールペイントの先生でもいらっしゃる奥様の作品が。
2階のギャラリーにも、奥様の繊細で暖かみのある作品がずらり。

こちらは朝食とランチで、1日の営業は終わり。
私達は、奥様お手製の和食膳をオーダー。
b0102023_1505396.jpg

おからのコロッケ、和風ロールキャベツ、
どちらもホッとするお味で、おいしくいただきました。

みりんちゃんとキャンディが同じ犬舎出身ということで話が盛り上がり
お邪魔することになったわけだけれど、
互いのことをあれこれお話しているうちに、あら、びっくりなお話に。

娘が通う学校のの最寄り駅を利用する学校は、他にもいくつかあるのだが、
こちらのお嬢さんも娘と同じ駅を利用するご近所の学校に通ってらしたこと。
更には、ご主人の勤務地は、娘の学校の近く!
時々娘が利用する駅も利用しているとのこと。
娘が「どこかで会ったことがあるような気がする」というのは、
駅でお見かけしていたのかもしれません。
そのほかにも、不思議な共通項が、ポロポロでてきて、互いにびっくり。

キャンディが惹き合わせてくれたのかもしれません。

******
「近くにね、すごくステキな散歩道があるの。時間があるなら、車をうちに置いて、散歩してきたらいいわよ」
と、奥様が勧めてくださったので、お言葉に甘えて、散歩にでる。

b0102023_15253275.jpg


b0102023_15261719.jpg


川面に沿う一本道は、のどかそのもの。
軽井沢特有の湿気もこの地域は少なく、とても過ごしやすいとのこと。
あまり追分の辺りには足を運んだことがなかったのだが、
あちこちに良さそうなカフェやギャラリーもあったりで、
またゆっくり遊びに来て見たいね、と全員一致の意見。
結局1時間くらい、のんびりお散歩させてもらっちゃいました。

「今度は泊まりにいらっしゃいよ」と、みりんちゃんパパママ。
センス良くまとめられたコテージにも、今度は、是非!


*******

山に帰ってからは、食事の準備(この日はシチュー)をして、お風呂へ。
この日のお風呂もプレジデントリゾート。
ペルセウス流星群の観測を楽しみにしていたのに、
毎晩夜になると雲が厚かったり、雨が降ったりで結局見えずじまい。
ああ、残念。


b0102023_15361955.jpg

                  ふじゆうは ありますが
                 ぬののおうちの せいかつも
                   たのしくなってきました
                 みんな いっしょに いるのが
                     とても いいです


                        まだまだ
                         つづく
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 15:42 | できごと
1日目は↓から。

【3日目】

台風が通過するらしい。
雨風がどれくらい激しくなるか心配なところ。

雨水を誘導する堀をほっておくか、悩む。
去年SGで知り合った方とのお話では、
テントの中に浸水した所もあったと聞いていたのだ。

折りたたみのスコップを家にこともあろうか置いてきてしまったので、
朝一番で近くのスーパーに行ったものの、手に入ったのは園芸用の小さなシャベル。
無いよりいいか、で、2本購入。
しかし、予想に反して、雨はさほどひどくなる気配はない。

じゃあ、行っちゃおうか。
近くだし、雨ひどくなったら、すぐに戻れるし。
ってことで、おなじみ我が家の心のオアシス麦小舎さんへ。
いつもは週末のみのオープンだけれど、お盆の時期は、イレギュラーで平日もオープンするのだ。
この日は、イレギュラーオープンの初日。

b0102023_13212151.jpg

毎回、訪れる度に思うこと。
私は、ここが大好き!!

変わっていくものも沢山あるし、変わっていいこともたくさんある。
だけど、ここは、変わらないでありつづけてほしいな、と。
良い意味での頑固さを、貫き通してくれるだろう店主のお二人だから
私が言うまでも無く。
きっと、ここは、変わらない。
ずっと、穏やかなゆるりとした空間であり続けるでしょう。
ステキなことです。
F夫妻に感謝!出会えたことも、感謝!!



************

お食事も、変わらずにおいしい。

b0102023_13153199.jpg

b0102023_13171827.jpg

b0102023_1318154.jpg



え?何か足らないんじゃないって?
ふふ。頼まないわけがない。

b0102023_13201741.jpg

一口、口に含んでは、毎回同じ事を言っていると、夫に指摘された。
「おいちぃ~♪ ああ、バケツサイズが食べたいなぁ~」
もう、コレで作ってくださいと、バケツを預けておいたらどうだろうか?と、夫から提案された(笑)。



台風通過の影響か、この日はゆったりできてしまう状況で、
久しぶりにお店でF夫妻と、ゆっくり話もできて、楽しさ倍増。
その問題だった台風も、肩透かしな感じで、あれよあれよという間に陽射しも差してきて、
台風どこか行っちゃったみたい。。。。
(しかし、こんなノンキなことを言ってる場合じゃない時が迫っているとは
このときは思いもしなかったのでした)

b0102023_13363334.jpg

              あたちも まったり してしまいました


また、夜の宴、やりましょう。
今度は丁寧に鍋、作ります(笑)。

さて、その夜のこと。笑えないできごとのはじまり。
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 14:41 | できごと
1日目は、↓からfどうぞ。


【2日目】

いつもは娘と夫がピッキオのナイトウォッチングに行っていたのだが、今年は私と娘で野鳥の森ネイチャーウォッチングに参加。
夫は、ミルヒとお留守番。
娘はこの7年間くらい、ピッキオでの観察会の何がしかに毎年参加していたのだが
実は、私は、初めて。わくわく♪
そんな母の「わくわく♪」に、娘は気付いてしまったらしい。
「ママ、大人しくね。携帯とかで画像とか撮らないように」とお達しが。
ちぇっ。つまんないのーーーーーー。

ネイチャーガイドの方と野鳥の森を歩きつつ、
ガイドの方が、森の生き物、動物や昆虫、植物について説明をしてくださる。
朝の森は気持ちがいい上に、興味深いお話まで伺えるのは、なんとも贅沢!
軽井沢でも「今年の夏は暑い」と誰もが口にするほどの暑さが続く中、
森と森の生き物は、少しずつ秋の準備をしていることを教えていただいた。
森が誰に教えてもらうわけでもなく、さまざま知恵を駆使して
その種を絶やさぬように命を紡いでいることを、この目で見て感じた。
私達人間が、その命を絶やすことに手を加えているのだということも、
改めて思い知る。

「森が好き」というだけでなく、「森と生きること」ができる人になりたいなぁ。
そんな風に思った、あっという間の2時間だった。


**********

母がいつもと違う北軽井沢入りをしただけでなく
いつもなら帰宅する日に立ち寄る軽井沢のアウトレットに、今年は2日目に行くことに。
というのも、帰宅予定日の日曜日は、
1000円割引を利用した帰宅渋滞に確実に巻き込まれると予想し
最終日は、どこにも寄らずに帰る予定なのだ。
だから、在北軽の間、アウトレットに行こうというわけ。

犬を連れていると、どこでも「犬談議」に花が咲くことがよくある。
特に同じ犬種を連れていると、まるで以前からの知り合いのごとく
話が弾むことが多々。

で、出会ってしまった♪

こんなショットしか撮れなかった(涙)。
本当はね、すごーーーくかわいい♪んです。
全てオバちゃん(私・説明するまでもないか)の撮影技術に問題があるのです。ごめんね。
同じキャバリアのブラック&タンの毛色の「みりんちゃん」
b0102023_21535234.jpg



みりんちゃんと、ふれあいしてたら。。。。
「あ!キャバちゃんだ~」の声。
振り向けばそこには、ルビーの毛色のキャバリアちゃん。
お名前は「もこちゃん」
b0102023_22405211.jpg


みりんちゃん、もこちゃん、ミルヒ。
犬見知りな3匹が作り出した、微妙な距離を保つトライアングル。
b0102023_22541129.jpg


*********
「みりんちゃんの顔は、なんとなくキャンディを思い出させるなぁ」
そんな思いを夫は、みりんちゃんに会った瞬間から思っていたらしいのだが
みりんちゃんのパパとママと話をしているうちに、
みりんちゃんとキャンディは同じ犬舎の出身だということが判明!
一気に親近感が増幅。
もう、みりんちゃんは、他人(いや、他犬か)には思えず、
みりんちゃんを抱きしめたい衝動に(危ない)。
更には、みりんちゃんのパパとママ
「実はね、夏の間はお店やってるの。遊びにいらっしゃいよ」とのことで、お誘いを受けた。
近いうちに伺いますとお約束して、この日はバイバイ。


みりんちゃん一家とさよならしてからの、娘。
「みりんちゃんのパパ、どこかで会ったことあるような気がしてならない」
「いや、絶対会ってる気がする」と、首をひねる。

この娘の記憶、2日後、明らかになることに。
(思わせぶりな前フリだが、期待するほどではないかも・汗)

********
この日の夕食はDOG DEPTのDOG GARDEN CAFEで。
こちらは、ワンコもご飯もいただけるので、ありがたい。
帰りにトンボの湯でお風呂に入ってから、山へ戻る。
キャンプに来たものの、夕食を作らずの2日間を過ごす。
これも今までないこと。



*****************

b0102023_23191231.jpg

                     おやまの よるは
                   すこしだけ すずしいです            
                   まるくなって ねんね します

                      まだまだ まだまだ 
                          つづく
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-26 23:25 | できごと
毎年同じで、飽きない?
いや、飽きないのです。
飽きるどころか、行かないとスッキリしない。
細胞レベルで欲する場所、それは北軽井沢&軽井沢で過ごす日々。

というわけで。
今年も、遅ればせながらの夏の旅の記録。

*****

【1日目】
キャンパーの旅の初日の大切な仕事は、布の家(テントです・笑)を建てることだ。
到着した日は、この作業がメイン&温泉とご飯で終わってしまう。
今年。
私はどうしても仕事が休めず、私の都合に合わせると、旅の日程が1日減ってしまう上に
更にテント設営で更に1日取られてしまう。
しかし、やっぱりそこは1日でも多く北軽井沢で過ごしたい。
さて、どうしたものか。

娘が快諾したことで、これに決まり。
夫と娘の2人が、先に北軽井沢へ向かい、2人でテントを設営(!)。
私は仕事が終わり次第、新幹線で軽井沢に向かうことに。

あたふたと仕事をする私に、
10時半過ぎに「軽井沢に到着」
昼過ぎから「これから設営開始」
3時前には「完成」と、夫からのメールが。
ついでに言うと「あーちゃん、すごく頑張ったよ」と夫。

b0102023_20491041.jpg


夕方。
雨が降る軽井沢に降りた私を、夫と娘、そしてミルヒが迎えに来てくれた。
この日は、キッツビュールで、ドイツ料理に舌鼓(画像撮る前に食べちゃった・笑)。
(本人がいる前だと、とても嫌がるという扱いにくいお年頃につき)娘が席を離れた瞬間に夫、「あーちゃんは、文句1つ言わずに設営して偉かった」と、誇らしげな顔して誉めまくり。
文句のつけようのない親バカぶり(笑)だが、確かに娘は成長したと思う。
高校生になって、そう思う場面に多々遭遇する。
まあその反面、反抗期真っ盛りな態度も取るのだが、
それでもやっぱり中学生の時の娘と高校生になった娘とでは、大きな違いがある。
この時期の子供の心は複雑でありながらも、その成長は著しいんだなぁと、実感すること、多々。

食事の後、トンボの湯で、さっぱりした後sweet grassへ。
いつもと違う北軽井沢入りをした私だけ、
どうもいまひとつキャンプモードになれなかったけれど、
SGに到着して、ようやくキャンプに来たんだなぁと、少し実感。
テントもタープもしっかり建っていて、なんにも仕事しないで「家」ができてるのが、なんだか不思議な感じ。
夫Y&あーちゃん、ご苦労さまでした。
ありがとう。


*******

b0102023_21225848.jpg

                        あたちも  
                    わけが わからないうちに
                 おうちでない ばしょに きてました

                         つづく
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-26 21:34 | できごと

ハッピーな時間

夏の旅の記録から記していきたいところではあるけれど
ここは、記憶が濃霧に包まれないうちに、順を追って、夏フェスの記録から。


******

bosabosaは、小学生の時からの大親友。
YMOを敬愛し、特に2人して高橋幸宏さんの大ファンで、
初めて2人で出かけたライブも、何を隠そうユキヒロさんのライブ。
当時の渋谷公会堂、今のC.C.Lemonホールに台風の中、行ったんだった。
YMOの散会コンサートも、再生コンサートに行ったのも。
いつもbosabosaと一緒だったなぁ。


昨年あたりから互いに、静かにYMOブームが再来していたことがわかり
ならば「ワールドハピネス、行っちゃう?」なノリになり、その勢いでチケット購入。
チケットが手元に届いてから改めて「これ、夏だよ・・・・真夏」ということに気付くも後の祭り。
オバ、干からびないか・・・・・。
心配しながらの参戦。
でも、そんな心配なんて無用なほど。
12時30分から始まった「にほんのうた楽団」から19時15分スタートの大トリのYMOまで、
全16組のバラエティに富んだアーティストのライブが目白押し。
しかし、オーディエンスの押し合いへしあいなどはどこでも見当たらず。
最近は、ともすれば野蛮なノリのライブに行くことが多かったので、
あまりの大人しさに、正直ちょっと拍子抜けの感はあったけれど
いや、これはこれで。
ギラギラした感の全くない、なんともまったりゆるゆると楽しめるフェスでした。

b0102023_2124425.jpg


More 16組のラインナップと、個人的感想を一言記録。
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-17 21:24 | 映画 音楽  本

主役、不在

毎日暑い。
今年の夏は、本当にどうしたものか。


今年ほどではないものの
そういえば16年前の夏も異常気象と言われていたのを、思い出した。

****

今日は娘の誕生日。
16歳になりました。

盛大にお祝い・・・・といいたいところですが
主役は、不在。
お誕生日祝いを兼ねて、学校のお友達とディズニーランドへ早朝から出かけました。

なんだかちょっぴり寂しいですが、でも、これでいい。
こうして少しずつ、大人になっていくのです。

一緒にお祝いをしてくれるお友達がいるってことは
ありがたいことであり、幸せなこと。
良い友人をたくさんもって欲しいと、心の底から願います。


あーちゃん 16歳 おめでとう。
これからも あなたの 人生が 幸せな日々でありますように。
あなたが 私の 娘に 生まれてきてくれて
私は とても 幸せです。
あなたに 幸せになってほしいと 心から 願っているよ。




*********

明日は、母はこのフェスへ。
干からびないか、ちょっと心配(汗)。


************

b0102023_16184924.jpg

             きょうは おまつり では ありませんが
                  ゆかたを きてます

                        え?
             きょうは あーちゃん おたんじょうびなの?
               じゃあ おまつり で いいね♪
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-07 16:21 | いとしい人たち

じまん

            2さいの おいわいを ありがとうございました

            1さいの ときとは ひとあじ ちがう あたちです
                         だから
             ちょっと じまん しちゃおうと おもいます
b0102023_2213649.jpg


                      だって ほら 
                       このとおり
            じょうずに じゃまじゃま できるように なりました
              あたちも いちにんまえに なったかちら?

                        ママは
            ↑の しんぶんのひだりがわに のっているえいがを
                 「みたいなぁ」と いっていました
                 また るすばん させる きです

                あたちは ↑のみぎがわの きなこちゃんに
                    あってみたいと おもいます
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-04 22:08 | いとしい人たち