愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

赤裸々

家族も友人も、深く頷くであろうことだが、
実に私という人間は、わかりやすい行動をとるらしい。

ある日の夜、夫に言われた。
「ねえ、入会考えてるでしょ」
え・・・・な、なんの?
「これ」と言いながら、半分に折りたたまれたチラシを指差す。
「一枚だけ、丁寧にとってあればわかるでしょ」
あ・・・・わかっちゃった?(笑)

だって、入会金いらないっていうし、月謝が安いんだもん。
チャンスかなぁと思ってさ、と言うと
夫も同じように思っていたらしい。

というわけで、先週、夫婦揃って、入会(早いでしょう・笑)。
どこへ?
あろうことか「スポーツクラブ」に(笑)。
人生初の、スポーツクラブ入会となりました。

*********

施設を利用する前に、オリエンテーションを受けていただきます、とのことだったので
仕事で留守の夫より一足先に、わたくし、勇んでいざ!!オリエンテーションへ!!

「オリエンテーション」なんて名のつく行事に参加するのなんて、何十年ぶりな世界。
マシンの使い方など教えていただきながら、初チャレンジする!!
だけのことかと思っていたのだが、甘かった。

その前に恐怖の「測定」で、赤裸々な現実が、露呈されることに・・・・・(恐)
体重を計り、体脂肪率を量り、さらにはウエストをメジャーで計測され・・・
恥ずかしさのあまり、顔が赤らむどころか、
出てくる数字のあまりの恐ろしさに、どんどん顔色は悪くなっていったにちがいない(笑)。
それを、インストラクターの方が、私専用の記録ノートに克明に記録していく。
もう、コレは!!!!!
超超超超超・・・・と超がいくつついても足らないくらい、
私にとってはトップシークレットが満載な、恐るべしノートじゃあないか!!

もう、赤裸々ついでに告白しちゃうと。
ここ数年に渡ったジョニー来日で臨月をようやく切ったはずだったのに、
ジョニーが日本に来なかった間に、緩んだらしい。
私の体重は、きっちり臨月を越していた(爆)。
ウエストの計測に至っては、もはや「ウエスト」などと表現されるべき腹ではなく
間違いなく「臨月の腹囲」だった(爆)。

そのことをインストラクターに告げると
「じゃあ、もうすぐ産まれるんですね♪」と突っ込んでくれた。ありがとう(笑)。
いや、本当に、産み落としてしまいたい贅肉である。

受け止めきれない現実(笑)をひきずったまま、マシーンの使い方を教えていただく。
一つ一つのマシーンを使うごとに、姿勢を正される。
どうやら、私はかなり体が歪んでいるようだ。
おまけに、肩に力が入りやすいらしい。
それも、正しく筋肉をつけることで、正しい姿勢へと導いていけるとのこと。
脂肪も多いけれど、思いのほか筋肉量もあるらしく
「筋肉を太くしないで筋力を鍛えるやり方で、頑張っていきましょう!!」
と励まされる。

今後、2週間に1度、チェックが入るらしい(汗)。
それは、トレーニングの内容だけでなく、食事についても・・・・らしい(滝汗)
ああ、日ごろの誘惑に弱い私の生活も露呈されるのね。
いや、もう、このだらけきった体型で、言わずもがな・・・・ってところか。
今さら思っても、もう無駄である(笑)。


******

さて。
私の体は改造されるのか?
いや、改造しないと、もうもう、ヤバイ。
なんとしても、やはり「臨月」は卒業しなければ(滝汗)
がんばりまぁ~す。


b0102023_17235575.jpg

【えんぜつします】
え~すぽーつじむ にいくのも いいですが、ぜひとも ぜひとも!!
あたくちたちのおさんぽに じかんを さらに ついやして ほしいと おもうのです!!!

おねえちゃんぎちょう!! あたくちも どうかんです!!!!

きゃんでぃみるひしまいを ぜひとも よろちく!!!
[PR]
by candy-k1 | 2009-11-28 17:27 | くらし

メデタイ月間につき。

本日。
めでたく「バカボンのパパ」の年齢を越しました(笑)。


ここのところ、ずーーっと誕生日だ!誕生日だ!!と浮かれてますが、
↑の通り、メデタイのかカナシイのか微妙なお年頃を迎えたということで
どうかお許しを。

というわけで、浮かれた記録は続きます。

*******


朝、メールを覚えたての母から「誕生日おめでとう」と、メール。
四苦八苦しながら一生懸命格闘したのが目に浮かぶ。ちょっとほほえましい(笑)
ママ、ありがとう!!!


*********

b0102023_15563934.jpg

Bちゃんから♪ 
色味もスパンも、クマちゃんも、ぜーーーんぶ、私のツボ♪
ありがとう!大切に使うね!!!!

b0102023_1601780.jpg

高校卒業以来2●年間、ずーーーっと欠かさず、毎年誕生日を祝ってくれる友人から。
毎年欠かさずに思い出してくれて、ありがとう。すごーーーく、すごーーーく、うれしいよ。
Mちゃん、ありがとう!!!

b0102023_162107.jpg

先日、合同お誕生日会をしてもらったSちゃんから。
手作りのジェノベーゼ。
お誕生会の席でもピザにして食べさせていただいて
何とも味わい深いおいししジェノベーゼで、感激してたのだけど、
それがおうちにあるって、シアワセ~♪

さっそく、本日のランチに。
b0102023_166357.jpg

ピザ生地がなかったので、食パンで。
んーーーーーーーーー!!!!めちゃ美味しい♪♪♪
Sちゃん、ありがとうね!!!!


******

Sちゃん手作りジェノベーゼに舌鼓中、記念日を同じくする友人から
「ふふふ♪お誕生日おめでとーー」の電話。
毎年恒例の行事(笑)である。
この電話を忘れたら、ボケたサイン。そうなったら互いに助け合おうね~と固く誓う(笑)。


******
お誕生日月の勢いで、ついつい買ってしまったモノ。

b0102023_16203462.jpg

数ヶ月前から欲しかったんだけど、置き場所が・・・と躊躇。
今回も、「置き場所がなぁ・・・・」とつぶやく私に「後で考えたらいいじゃん。買っちゃいなよ」と、夫と娘。
そうだよなぁ。もう、エアー練習じゃあ、とてもじゃないけど間に合わないもんなぁ。

ってなわけで、買っちゃった♪
お持ち帰りして、置き場所を(夫が・笑)作り、セッティング(夫が・爆)。
わぁーーーいわぁーーーい!!練習だぁーーーい!!!
ってところで、すでに娘のおもちゃと化していた。
b0102023_1626745.jpg

でも、いいのいいの。
楽しいって思うことが一番だから。いっぱい叩いてごらん♪(壊したら容赦しないけど・笑)
でも、もしかしたら、そこから新しいナニカが見えるかもしれないからね。


さて。あたくしは。
エアーをようやく卒業できたから、
この次目指すは「なんちゃって」からの卒業。
クビにならないように、頑張ります!!!


*****
「あらふぉー」の扉を開けて数年。
でもね、この年代、悪くない。
背負うモノ、求められるコト、しなきゃならないコト、確実に増えてるはずなんだけど
反比例するように心の自由度は高くなってきたような。
うまく、言葉がみつからないので、↑も的を得てないんだけど、そんな感じ。
開き直ったっとでも言った方が、的確なのかな?(笑)

でも、そのように思えるのは。
私を受け入れ、理解しようとしてくれ、力づけてくれる
家族、そして友人たちがいてくれるからこそ。
彼らのおかげで、今の私はあるのだと、改めて強く感じるのです。

みんな!!!ありがとう!!!!
愛してるよーーーーーー!!!!!!
私の大切な人たちに、いつまでも傍にいてもらえるように
私は、私の大切な人たちを、大切にしていきたいと思います。
[PR]
by candy-k1 | 2009-11-17 16:46 | できごと

うれしいサプライズ

娘、インフルエンザから回復。
母も、羽を伸ばしに、お友達と楽しい時間♪

******

Sちゃんのお誕生会だと思っていたら・・・・
サプライズ!!!
今月の私の誕生日も祝ってくれた。うれしいよぅ!!!!
b0102023_195622100.jpg


プレゼントまで用意してくれてて、感激。

Sちゃんから。
b0102023_19595177.jpg

ロクシタンのハンドクリームと石鹸のセット♪
そして、Sちゃん(正確にはご主人だそう)が育てたハーブがブレンドされたハーブソルト!!


Yちゃんから。
b0102023_2022913.jpg

マフラーとリップ入れ&ファーがかわいいスリッパ♪
一年を通してリップクリーム愛用家の私にとって、携帯ストラップとしても使えるリップケースはスグレモノ!!

もうもう♪
ほんとうにもうーーーーー!!!
私のツボを完璧に押さえてくれてて、ニクイったらありゃしない(^^)

ありがとうね♪



*******

そして、今日もサプライズ!!!
バンドの練習の後、バンマスしゃるちゃんから
「もうすぐお誕生日でしょ」
え!!覚えていてくれたの!?うれしいなぁ♪

それに!もうもう、びっくり!!こーいうの、欲しいなぁ~って思ってたの!!!
b0102023_20112612.jpg

スティックバッグ。
「なんちゃってドラマー」だから、なんとなく恥ずかしくて買いたくても買えなかったのだ。
しゃるちゃんは時々、なんでもお見通しになる。
私のモジモジ、気付いてた?(笑)
大事にするね!!!
さらには、こんなのも作ってくれた♪

b0102023_201884.jpg

b0102023_20183510.jpg

キャンディさんとミルちゃんのキーホルダー♪
ありがとう。世界で一つのキーホルダー♪うれしいよーーーーー!!!


練習を見に来てくれたBちゃんからも、うれしい頂き物♪
b0102023_20151936.jpg

きゃぁ~♪ジョニーがいっぱい!!!いっぱいだよーーーーー!!!
ひとつひとつ広げるたびに、「むきゃぁ~♪」の雄たけびを出さずにはいられず(笑)
Bちゃん、いつもお気遣いありがとう!!!


*******

プレゼントを頂くって、
プレゼントの品物はもちろんだけれど、
何よりも、その人の「気持ち」が、一番うれしいプレゼント。
こんな私のことを思い出してくれた!!ってだけで、本当にウレシイのだ。
ありがとう。本当に、ありがとうね!!!
[PR]
by candy-k1 | 2009-11-12 20:53 | できごと

天然、健在

昨日まで娘の学校は学園祭。
所属する軽音部のライブ発表で気を張りつめていた娘。
なぜなら、学園祭り2日前。
同じバンドのドラム担当のお嬢さんがインフルエンザを発症したと、連絡。
あれこれ担当をやりくりして、なんとかライブ当日に持ち込んだが
更に心配が一つ増える。
娘の体調も日に日に風邪の症状がひどくなり、ノドの痛みと、なんといっても咳がひどい。
心配しながらの発表だったが、なんとか2日間をやり過ごして帰宅した娘。
あらら・・・風邪の症状、昼間の娘の様子から、更に悪化してるか?
熱を測ると37度4分。
平熱の低い娘にとっては、高熱の域までいかないにしても、つらい体温だ。
食事を摂ると、こんこんと眠りつづけてしまった。

*****
そして、今日。
熱は下がったけれど、一応、お医者様へ。
「念のため、インフルエンザの検査をしておきましょう」と勧められ、検査を受ける。
娘も私も、ふつーの風邪に違いないと思っていたので、
そこまでしなくとも・・・と、思いつつの検査だったのだが、
蓋を開けたら、「インフルエンザでました。A型ですね~」
「ええーーーーーーーーーーーホントですか?」え?だって、高熱もでてないのに??
「ほら、ここ、線が出ちゃったでしょう。これ、陽性なんですよ~。今流行っているのは新型なので、ほぼ新型と考えていいでしょう」
・・・・・そ、そ、そうなんだ。熱も、もうないのに・・・・。インフルエンザ・・・・・。
1週間は学校を休み、来週また来院するように告げられ(診察後、問題がなければ治癒証明をくださるそう)。
そういうわけで、リレンザを処方される。

*****
リレンザを飲むのは初めてのことなので、
薬局で、レクチャーを受ける。
というのも、リレンザは特殊な器具を使って吸引する方式。
薬剤師さんは、薬の装填と吸引の仕方を丁寧に教えてくださった後
「ご心配なら、ここで1回目を吸引されてみますか?」とおっしゃるので、是非とお願いする。
「薬を吸ってから、1,2,3と息を止めてから、ふーーっと吐いてくださいね」
娘、言われた通りに吸う・・・・が、すぐに「ぷはーーーー」息を吐き出すじゃないか。
ねえ、息を止めてって言われたじゃない!
「えへへ、そうだった、そうだった」と、笑いながら、娘。
おいおい、しっかりしてくれよ。
「リレンザ2回吸引とのことなので、もう一度やってみましょうね」と薬剤師さん。
吸ってから息を止めて、吐くんだよ~とおさらいしてから、再度チャレンジ。

娘が吸引器を口にした次の瞬間、白い粉がほわ~と散った。
・・・・・え!?うそでしょ!?
そうです。
事もあろうに、娘は息を「吐いた」のだ(滝汗)。


・・・・・ああ。そうだった。
しゃぼんだまで遊ぶとき、どんなに「息をふーーーってふくんだよ」と説明しても
「ふーーーーっ」って言った後に、吸っちゃってた子だったなぁ。
・・・・・おいおい、それは幼稚園上がる前の話だよ。
今はもう、15歳なのに・・・・・・・。

あの頃から、その辺りを大々的に炸裂させていたけれど、
「天然」という素晴らしく優しい気遣いに溢れた言葉で
みんな笑って許してくれたっけ。
「天然」・・・・なんてありがたい言葉でしょうね(涙)。
今も娘の「天然」は、変わらないまんまなんだ(汗)。
やっぱりこのまま、大人になるのかしら・・・この人・・・・・。
すごく、心配(汗・汗・汗)
と思いつつ、薬を吹いた瞬間がスローモーションのように頭の中にリプレイされてしまい、
笑いが止まらない母だったのが、一番イタイところなのかもしれない。
当然のことながら、自分のアホさ加減に、娘も爆笑。
ぶっ飛ばされてもしかたない、イタイ親子に違いない。

薬剤師のお兄さんは、完全に目が点(汗)になっていながらも
「だいじょうぶですよ~残りをもう一度吸ってみてください」と励ましてくださる。
しょーもない親子にも呆れた素振を微塵も見せない、素晴らしくプロフェッショナルな対応でした。

****
というわけで。
今週末に予定していたSGは、ナシということに。


b0102023_22402969.jpg


              え?あーちゃん、ごびょうきなの?
[PR]
by candy-k1 | 2009-11-04 22:47 | いとしい人たち
金曜日に入院して、超音波の専門医の獣医師に検査していただいたキャンディさん。

夜、11時半を過ぎに、先生から連絡が。
私は聞く勇気がなくて、夫が電話口へ。

所見ではすい臓、腸、腎臓等内臓には異常は認められないとのこと。
心臓は弱いけれど、麻酔には耐えられる状態ではあるものの
今の状況では、開腹検査の方向へはハンドルは切りたくないので
内科的処置で状況をこのまま観察しつつ、
内視鏡等で調べられる検査を考えていきましょう、(以上、夫からの説明)とのこと。

ああ!!よかった。本当によかった。

遅い時間まで検査してくださった先生方に、本当に頭が下がりました。
ありがとうございました。
そして、心配してくださった方々皆さんに本当に励ましていただいて。
ありがたいことだと、しみじみ感じました。
ありがとうございます。


****

翌日、土曜日の朝一番に、キャンディさんをお迎えに。


病院のスタッフの方が連れてきてくれたキャンディさんに
「キャンディちゃん、お迎えにきたよ」と声をかけて手を伸ばす・・・・と。
キャンディさん、猛烈な勢いでワオワオ。
あ・・・・もしかして、やっぱり怒ってる?(汗)
「がんばったね~おうちに帰ろうね~」
さらに、ワオワオと文句を言いつつ、暴れる。
ああ・・・・・そうか。
前回の手術のお迎えのときは、麻酔が効いてる状況だったからどんよりしてたけど
今回、頭がはっきりしてるから。。。。。こうして暴れているわけね(汗)

ミルヒが「おねえちゃ~ん」とすりよるものの、
ワオワオ言いつづけるキャンディさんにミルヒ、ビビル(笑)。

***
後部座席にミルヒと共に乗り込んだキャンディさん。
車をしばらく走らせてから、キャンディさんに目をやると・・・
そこには、見たこともない、どんよりと据わったやさぐれた目をしたキャンディさんが。
(あまりに衝撃的すぎて、画像も撮れなかった・笑)
時間が経つごとに、いつものキャンディさんの目に戻って行ったので安心した(笑)。
けれど、こりゃあ入院なんてことになったら、
体力回復する前に、気持ちが萎えてしまうんだろうなぁ、と
父と母は想像したのでした。

そうしている間も、ミルヒは大好きなおねえちゃんの耳に鼻を突っ込んで、
思う存分、おねえちゃんのにほひを堪能。

キャンディさんの帰宅後。
ミルヒはキャンディの跡をずーーっとついてまわり、
キャンディが首を振れば、ミルヒもブルブルと振り、
キャンディが水を飲めば、ミルヒも水を飲む。
キャンディが寝れば、ミルヒも隣でねんね。
真似っこミルちゃん、復活。


******
b0102023_220886.jpg

               やっぱりミルちゃん、となりにくるのね?(キャンディ)               
               だって、おねえちゃんがすきなんだもん。(ミルヒ)
[PR]
by candy-k1 | 2009-11-01 22:10 | いとしい人たち