愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

目には見えない光

数日前のこと。
娘の学校での用事を終え、ちょっと遅めの帰宅になってしまった日のこと。


出迎えに来てくれたキャンディ、元気なものの左目が開かず、
ようやく半分開いてます、という状態。
充血もひどく目やにもたくさんで、明らかに様子がおかしい。
翌日、朝一番で獣医さんへ。

診察の結果は、白内障が進行して、緑内障を引き起こしてしまったらしい。
「緑内障は痛みも伴いますから、相当痛かったはず」と、先生。
その上、なんとなく感じていた光も、まったく感知できなくなり、
左目は、完全な暗闇の世界になってしまっているらしい。
そういえば、数日前の散歩もなんだか心もとない足取りだったし、
病院に来る前日は、朝一番のトイレの時間、
いつもならぶつからないトイレにがつんとぶつかる姿を見て、
あれ・・・・おかしいな?と夫も思ったらしい。
眼圧も、通常の6倍になっていた。

いつも気付くのに遅くて、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
ようやくぼんやりと感知できる光さえも失ったキャンディだけど、
それでも不平や不満を言うこともなく、その状況を受け入れるキャンディは
やっぱりスゴイと思う。
弱虫で臆病な私には、到底真似できることではない。
不平不満でいっぱいな自分が、容易に想像できてしまうもの。


それどころか、最近のキャンディさんは、生きることに対して
以前より貪欲なったんじゃないかと思う。
ミルヒのご飯を横取り(笑)したり、
これまで「ワン」と鳴いたのは5回しかなかったけれど
最近では、自分の主張を通したいときは、「ワン」とひと鳴きする。
ぎゃんぎゃんと主張するのではなく、一回だけ「ワン」なのも、
実に堂々としていていいのだ。
そればかりか、先日は、障害物を乗り越えられなくて困っているミルヒに
「見てて、こうやるの」とばかりに、
見えていないキャンディが、見えているミルヒに
障害物の乗り越え方を教えている(ように見えた)のには、
びっくりするやら、おかしいやら。
キャンディの様子を見ていたミルヒ、一気に表情が明るくなり、
障害物を乗り越え、二匹で私のベッドの上を、それはそれは楽しそうに
走り回っていた(あまりに楽しそうだったので「だめでしょ」と言えなかった母であった)。
散歩に出ても、ミルヒに負けまいとする姿勢も見えたりで、
ミルヒがキャンディに与えた活力は、やっぱり大きいのかも。
(同様にして、キャンディがミルヒに与えているモノも大きいのかも)
と、実感する毎日。

目に見える光は失えども、
キャンディの心には
目には見えない光が、きちんと見えているのかもしれない。


もともと白内障を持っているところの緑内障なので、手術での回復の望みは薄く、
キャンディさんは、目薬投薬で様子をみることに。
2種類のうちの1つは、とても染みるらしく
とってもシブイ顔をする。
文句も言わずに目薬も差させてくれて、本当に偉いなぁと思う。
幼い頃の娘に目薬をさすのは、本当に大変だった。
数百倍、キャンディのほうが偉い(笑)。


**********

私の友人が遊びに来てくれて、キャンディもミルヒもとっても楽しい1日を過ごした様子。
笑って食べて、食べて笑って。
心もおなかも、満腹♪満腹♪
楽しい時間は、あっという間にすぎてしまうから、いつも時間が足らない。
みんな、いつもいつでも、楽しい時間をありがとうね!!!

b0102023_2041118.jpg

      ↑げらげらと笑い続ける友人にフォーカスしている模様(笑)
      
[PR]
by candy-k1 | 2009-06-25 21:04 | いとしい人たち

麦小舎マルシェへ

もたもたしていたら
あれから、もう1週間が経ってしまった。



先週の13日・14日に開かれた、麦小舎マルシェへ。

今年で3年目を迎えるマルシェに、ようやく足を運べることになったのだ。
ああ、うれしい。
大好きな麦小舎さんに行くことは勿論の事、このマルシェに出店される方々が、
私の大好きな方がたくさんで♪
楽しくないはずがない!!!

私の小学校からの大切な友人bosabosaも、3回連続の出店&ワークショップをはじめ、
一口食べただけでで幸せにさせてしまうお菓子職人ありさんに、
手にも目にもしっくりくる器がうれしい美土里の洞さん
他にもお洋服や小物、ベーグル、古書
地場のお野菜、ガーデニングまで、ありとあらゆるジャンルの
それはそれは魅力的な作り手さんたちばかりで、ワホワホもので目移りしっぱなし。

b0102023_20154641.jpg



早めに到着したつもりでいたものの、
お目当てのありさんおお菓子は、お嫁に行かれた後だったようで(涙)。
それでも、好物のビスコッティをはじめとした焼き菓子がっつりをゲットできて、ホッ。
(しかし1週間経過した現在「ああ、もっと買っておけばよかった」と後悔。我が家が全部買い占めたらいけないよなぁ、この美味しさ、独り占めしちゃだめだよなぁ・・・・・と、ちょっと遠慮してしまったのだ。ありさんのお菓子・・・・罪な味です(笑))

美土里の洞さんで、器を数点買い、これまたホクホク。
b0102023_20411493.jpg

↑ウクライナご出身、六合村で作陶されているナタリアさんの器に、
ありさんのバナナマフィンを乗せてみた♪
このマフィン、めちゃめちゃ美味しかったなぁ。

他にもベーグルやお野菜、娘は毛糸の小物などをゲット。
ああ、幸せ。


********

主のようにbosabosaのブースにどっかり座り込み、ただただ口を動かす私を見て
bosabosaのご子息がこう言われた。
「ねえ、●●っちょ(私のこと)は、作らないの?」

・・・・・ああ、そうだった(汗)。
これを楽しみにしてきたんじゃないか(滝汗)
bosabosa先生のご指導によるワークショップ。
彼女が用意した「はりねずみ」を無視して(賢明な皆様はその理由がお分かりでしょう)、
メニューになかった「犬」にチャレンジ。
bosabosaは瞬時にして「無謀な・・・・・」と思ったらしいが、
当たり前のように作業を勝手に始める私を見て、諦めたらしい(笑)。
しかし、作業を進めていくと、それは「無謀な・・・・・」と思った
bosabosaの予測は確実なモノとなり(汗)。
どうにもこうにも、お手本のようなフォルムにならない。

作るべきは「犬」
・・・・・・しかし。
        繭 ⇒ 芋虫 ⇒ サイ ⇒ 産まれ立ての羊、もしくは牛
作業の過程で、別の生物になってしまう私の製作物。
bosabosa先生の手作業は魔法のように正しい生物に導いてくれ、
最後はようやく仕上がりました♪

b0102023_20574569.jpg


b0102023_2113757.jpg

↑両脇の2匹は、bosabosa先生の作品。


b0102023_2131220.jpg

「ママ、つくりおわったのね♪(キャンディ)」「どうなるやら、ハラハラちたわ(ミルヒ)」


******

b0102023_2171955.jpg


ゆったりと流れる緑の中のマルシェ。
素敵な作り手さんたちの作品と、素敵な作り手さんたち。
そして、大切な友人たちとその家族と過ごす時間は、本当に充実していて。
ああ、楽しかった!!


麦小舎さん、素敵な時間をありがとう。
また、夏にね♪
[PR]
by candy-k1 | 2009-06-20 21:14 | できごと

静かな戦い

あたち、こまるの。
こまるのよ。

これはね、あたちがみつけたの。
これからひらいてびりびりするの。

b0102023_2127087.jpg



そこでまってても、あげないの。
あげたくないの。
あげ・・・・・たくないんだってばぁ。

b0102023_21293265.jpg


                       ママ、あたち、おねえちゃんのもってるのがほちい。
                         じーーーーっとみてたら、もらえるの?



************

互いに微塵もうごかずに、ただただ見詰め合う静かな攻防戦は、およそ5分間続いた(笑)。








                             
[PR]
by candy-k1 | 2009-06-11 21:34 | いとしい人たち
「忙しいという字は、心を亡くすと書く」
とよく言うけれど
本当にそうだなぁと思い当たることがあったりで、
ああ、良くないなぁと反省すること、しばしば。

・・・・・・まてよ。
忙しいという言葉に甘えてるだけなのかも。

どんなに忙しくても、心を亡くしていない人も、この世にはいっぱいいるんだもの。


ああ。
なんてあたしは、器のちっさい人間なんだ。
でも、めげない(笑)。

やっぱり、今日は、これは書いておかなきゃね♪
[PR]
by candy-k1 | 2009-06-09 18:16 | できごと