愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日。
ベンジャミン・バトン(公式サイト)のジャパン・プレミア
レッド・カーペットに行ってきました。
早くから並んでくれて、また、楽しい時間を一緒に過ごしてくれた大切な友人のみんな!
今回も、お世話になりました♪ありがとう!!!

当選したお友達から誘っていただいた(ありがとう!Sちゃん、Jちゃん)後、
珍しく私も当たったので、それならばということで、今回は、娘も一緒に行くことに。

b0102023_2043356.jpg



優しい友人が自分が確保した最前列を娘に譲ってくれて(ありがとう!Bちゃん!)
目の前も目の前、超間近でブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーを見ることができて
大感激した様子。しっかりサインもいただけました。
娘は両手がふさがっていたので握手ができなかったのが心残りみたいでしたが、
自分の指先が
「ブラピが前にいる間、ブラピの体にずっと当たってたの」がうれしかった様子。
そう言いつつも思いのほか冷静で。
「ブラピの爪、マジックのインクで黒くなってた」らしい。よく観察してるじゃん(笑)。
「爪にインクがついちゃうくらい、一生懸命サインしてくれてるんだなぁって感動した」そうだ。
うんうん。
大スターである彼らが、真摯な態度で接してくれるその姿に、本当に頭が下がる。
そうした姿勢からも、学ぶところは大きいなぁと。

b0102023_20112236.jpg



b0102023_20114922.jpg


*******

ブラッドは、実に紳士的に、そして気さくにサインや握手に応じてくれて
見たまんまの素敵な男性でした。

b0102023_2027481.jpg

(迫力ドアップ・笑。撮影、Kさん。ありがとう!)

生ブラッドを間近で見ることができたのも大感激だったのだけれど
正直なところ、アンジーが間近に来てくれたときは、完全に呑まれました。
彼女の美しさには、ただただ呆然とするばかり。
同じ人間と言ってはいけないと思わせる美しさでございました。
私は動画を撮っていたのですが、リプレイしたそれには
「わぁーーーーーきれいぃ~~~きれいすぎる~ほえぇ~~~」などという、
ぽわわぁんとした声が、きっちり録音されていました・汗。
放つオーラも圧倒的でありながら、柔らかい雰囲気も滲ませていて
素敵な空気をまとった女性で、うっとり。
何よりも、ドキッとしてしまったのが眼差しの強さ。
いわゆる目力ってやつです。
一瞬にして、心を鷲づかみにされました。くらっとしちゃった。
同性の私がくらっとするんだから、男性は確実にイチコロでしょう。
(出張中のアンジーファンの夫にこのことを話すと、しきりに「いいなぁ~いいなぁ~」を連発。私が撮影した動画で我慢してもらうことにしましょう)


b0102023_20282182.jpg

(撮影・同じくKさん。ほわぁ~なんていろっぽいんでしょう♪)

ぽわわ~んな状況とはいえ、
ジョニーの時とは比べ物にならないほど、とても冷静に対処(笑)できて。
「祭り」を十二分に堪能でき、充実感に満ち満ちた夜となったのでした。
十二分に堪能できた理由の一つは、プレミアを仕切られていたワーナーさんの対応が素晴らしかったことも、大きな理由の一つじゃないかと。
整理券を出す速さ、整列の方法、会場への入場等々、本当にスムーズに且つ気持ちよく対応してくれて、素晴らしいなぁと、しみじみ感じました。
「一体誰のためのプレミアなんだよ」と腹が立つイベントもある中、
何よりプレミアに参加する人々との触れあいを大切にしてくれる配給会社さん。
そういう企業姿勢に、何やら拝みたい気持ちになります(笑・でも、本当)。


********

そうそう。
叶姉妹のお二方には、握手をしてもらいました。
近くに来てくださったお二方は、良いにほひがしました(←変なおじさんチックか・笑)。
寒い中、とっても寒そうなお衣装で。
握手してくださった手は猛烈に冷たかったです。

b0102023_2133028.jpg

(撮影・Bちゃん。ありがとう!)


******

さて。
肝心の映画本編はというと。
試写会は全滅ハズレてしまったので、まだ鑑賞できておらず。
すでに鑑賞済みの友人たちは、口を揃えて「素晴らしかった」とのこと。
公開を楽しみに、劇場に足を運ぼうと思います。
[PR]
by candy-k1 | 2009-01-30 21:18 | できごと
仕事を始めてから、なかなか通えていない
フラワーアレンジメントとニードル教室なのですが・・・・。
そんな、悪い生徒の私を見捨てずに
暖かく優しい気持ちで未だ受け入れてくださっている
私の友人であり先生であるお二人が
「春を待つ時間(とき)」~針しごととhanaかざり~
Atelier Yarn Yarn / hana salon
と題して作品展を開催します。

お近くの方も、そうでない方も、是非一度足をお運びいただけたら幸いです。

■日時:2009年2月1日(日)~2月6日(金)
     11:00~17:00

■場所:ギャラリーUSHIN (HPがあるのですが、なぜかリンクできません・汗。
                 なので、ギャラリー名で検索していただけるとありがたいです)
     埼玉県所沢市小手指町1-22-13-102
     TEL 04-2997-8720

b0102023_074931.jpg



私も、これまでに作ったいくつかのものを出させて頂けるとのこと。
ちょっと、どきどき。
[PR]
by candy-k1 | 2009-01-25 00:16 | 刺繍・hana

あたふた、あたふた

ミルヒは、好奇心の塊だ。

新しく目にしたものは、何でもかんでも、口にしてみないと気がすまないらしい。
それがわかっていながら、私の気遣いが足らなかったのだ。


************

ある日の午前中。
洗面所でこぼしてしまったおしゃれ着洗いの洗剤をふき取らねばと、
ぞうきんを取り出すほんの数秒の間。
ミルヒちゃん、床にこぼれた洗剤を味見(汗)。
絶叫と共に抱き上げ、速攻獣医さんに電話。
すぐさま成分を調べ上げてくださり「コップ1杯くらい飲まなければ、大丈夫」とのことで、
ほっと一安心したものの、肝を冷やしどっと疲れてしまった。


帰宅した娘と「午前中、こんなことがあったんだよ~」と言いつつ
夕食を食べ始めたところでミルちゃん、脱糞(失礼~♪)
ブツを片付け、振り返ると。
そこには、楽しそうに何かを銜えて、小走りに走るミルちゃんの姿。
ミルヒが口にしていたモノが何であるかがわかった瞬間、
血の気がひく思いで銜えていたものを奪取。
即座に抱き上げ、洗面所へ。
湿らしたタオルで、ミルヒの口の中をぬぐったが、ぬぐいながら、また冷や汗。
銜えていたものは、決して銜えてはならないモノだったのだ。
ミルヒが銜えていたのは、タバコだったのだ。

診察時間は過ぎていたのだが、速攻獣医さんに電話。
「時間が勝負なので、すぐに連れてきて」と、先生。
我が家から獣医さんまでは車で3~40分。
涙目になりながら、車をぶっ飛ばす。

獣医さんに到着したミルヒの様子からは、あまり多くのタバコの葉は体内にはなさそうだと先生はおっしゃっていたが、吐き気を催す注射を接種して、胃の中のモノを吐かせるよう処置してくださった。

3度吐いて、ようやくタバコの葉の繊維が見つかった。
やはり多くは飲み込んでいなかったようだった。

午前中も洗剤を舐めさせてしまったあげくの、夜のこの騒ぎ。
獣医さんから、きつくお叱りと注意を受け、反省。
出張から帰宅途中の夫にこの一件を伝えると、
夫も猛烈に反省。家ではタバコは吸わないようにすると言ったのだが、
元を正せば、四角い部屋を丸く掃除する私に問題があることに気付き、また反省。
(注:家でタバコを吸うことを、なぜ夫だけが反省しているのか不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。実は私、11月にひいた風邪以来、20年来の喫煙習慣からこの度、努力せずともすんなりと卒業できちゃったのです♪ほほほ)

*************


やれやれ、ミルちゃんたら。あたちもはらはらしちゃったじゃない。
(ご心配いただいたキャンディさん。無事に抜歯も済み、術跡もきれいになりました。)
b0102023_23334689.jpg



いっぱいゲボちゃんしたから、ちかれちゃった。ぐったりぐすん。
b0102023_23345926.jpg


ミルちゃん、ごめんね。
ママがいけなかったね。



*************


自分でもびっくりするくらいの、牛歩なみの更新ペース(汗)。
ライブに行ったことや映画の話、家族や友人とのお出かけの話。
いろいろ書き記したいことはあるのですが。

まあ、こちらの件に関してはあたふたしても仕方ない。
また後日、のんびり書き記していきましょう。
[PR]
by candy-k1 | 2009-01-24 23:45 | いとしい人たち
遅ればせですが。
新年あけましておめでとうございます。
(どうも、去年の年明けも、このタイトルで始まったようです・笑)

すっかり新年が明けきった頃に新年のご挨拶をしてるという、
すでに今年の更新ペースを予感させる、のろのろ出だしではありますが、
お時間が空いたときにでもお寄りいただき、
駄文にお付き合いいただければうれしいなと思っております。


*******

最近のキャンディさんとミルちゃん。
未だ微妙(笑)ではあるものの、以前に比べて、大分距離が縮まりました。

b0102023_16404499.jpg


つい1ヶ月前のキャンディさんとミルちゃんからは、想像できなかった距離。
ついつい、パチリとその瞬間を納めたくなります。
これ以上、ミルヒが近づくと、キャンディさんは逃げていってしまうので、
これが今のキャンディさんの精一杯なのでしょう。
それでも、キャンディがミルヒを受け入れる許容量は、少しずつ深くなってきている様子。


今日は、ミルヒがあまりにもしつこくキャンディを追廻し、
ミルヒに文句が言えないキャンディは、泣きそうな顔で逃げ惑っていたところに
ミルヒがキャンディに体当たりしたもんだから、
私の雷がミルちゃんに落ちた。
ミルヒは、猛省。ちいさくうずくまって、今度はミルヒが泣きそうな顔に。

そこへキャンディさんがとことこやってきて
まず、私のアゴをペロリと一舐めし、今度はなんとうずくまったミルヒのところへ向かい
ミルヒの鼻先に自分の鼻をちょん、とつけた。
動物行動学的にこの行動がどんな意味なのはわからないけれど
キャンディがとったその行動は、私には
「ママ、落ち着いて。もう怒らないでね」と、私を宥めた後、
「ミルちゃん、大丈夫だよ」と、ミルヒを励ましたように見えたのだ。

キャンディの優しさに、親バカな私は、じーーーーーーん。
そして、二匹の間に何か愛情のようなモノが芽生え始めてるんじゃないかと「ハッ」として
またまたじーーーーーん。
2009年も、変わらず「ワンズ」漬けな日々でございます。



***********

とはいえ。
ワンズのみならず、私のペースではあるものの
いろいろな事にアンテナ張って。
楽しく暮らしていきたいと思っています。

今年も、どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by candy-k1 | 2009-01-06 17:10 | くらし