愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まつがい

夕飯の支度をしていたら、電話の呼び出し音。
「手が離せないから~出て~」と、私。
娘が、受話器を取る。

「はい。はい?え?・・・と、お母さんではないです。今、母は手が離せなくて・・・はぁ」

何やら困った様子の娘。
ん?変態か?押し売りか?じゃあ、私の出番じゃあないか。

「今、母と代わります~」の娘の声と同時に、受話器を取る。
私:「もしもし」
相手:「おかあさんですか?お世話になっておりますぅ~●※#$&&~のフタガミ屋です~」

むぅ。早口でわからん。

私:「申し訳ありませんが、もう一度お願いできますか?」
相手:「セメタリーでお世話になっております、フタガミ屋です~先日はお世話になりました~」

え???セメタリー??? ちょ、ちょ、ちょっと。
まだお世話になるつもりは、ないんですけど。

私:「・・・・・・あの~セメタリーっていう事は、お墓ってことですよねぇ・・・・」
相手:「はい。そうです。あの~おかあさんですか?」

さっきから、おかあさん、おかあさんって。
え?あたしの声、そんなに、若く聞こえるの♪・・いや、今も半分オカマ声。
え?おぢさんかと思ってるのか?


私:「母ですが。えっとあの、どちらの番号におかけになってます?」
相手:「***********番ですが」
私:「ああ~残念。最後が違いますねぇ~」
相手:「へ?そうでした?あの、おかあさんですよね?おかしいなぁ~??」

だから、なんだよ!!!おかあさん、おかあさんって!!!

私:「(しつこいなあとおもいつつ)あの、うちは●●と申しますが、なんというお宅にお電話したかったのですか?」
相手:「あれ?おかさんじゃあないんですか?」

・・・・・・ああ。
だから、しつこく、「おかあさんですか?」って聞かれてたんだね(汗)。

「おかさん」
「おかあさん」


・・・・・・「いいまつがい」ならぬ、 「ききまつがい」だったのか(汗)。
しかも、親子揃って(滝汗)。
ごめんね。フタガミ屋さん。
どちらの墓石やさんなのか、いつお世話になるかわからないけど、頭の片隅に、御社のことは、インプットしておきましょう(笑)。

むふ♪今日は♪
[PR]
by candy-k1 | 2007-02-23 21:17 | できごと

捨てられない症候群

春を前に。

中学入学に伴い、娘に個室を与える事にした。
現状は、リビングに続いた和室を勉強部屋にし、寝室は私たちと同じ部屋で寝起きしている。
この寝室に使っている部屋を、新たに娘の部屋として、与える予定。

個室を確保するにあたり、民族の大移動並み(大げさ)の大移動をしなければならない。
リビング以外の三部屋を、ほぼ一部屋ずつ、移動させていかなければならないのだ。
【和室から寝室に娘の道具を移動】⇒【寝室から、娘のベッド以外(私らのベッドなど)のモノを、現状タンスを置いてある部屋へ移動】⇒【タンスを和室に全移動】
といった具合。
平常時、きれいにお片づけされているお宅ならば、家具の移動だけで済むのだろうが、我が家のように、片付けのニガテな主婦の家は、さささーーーっと事が済むわけもなく。
まずは、いらないものの処分からはじめる事に。

いやあ。出てくる、出てくる。
着れないスーツ、コート、使わないバッグ。
「いつか、痩せたら着れるかも~」の想いは、一切断ち切ることに。
この想いが、私を「捨てられない女」に、成長させてしまったのだ(汗)。

「ママにも、細い時代があったんだね~」
普通のサイズ(笑)のスカートを見て、娘がぽつり。
私も、こんなにウエストが細い時代があったんだ~と、自分の事ながら、感心(笑)。
ばっさばっさと、投げて行き、長ダンスの中は、ほぼ空となった。
・・・・何を溜め込んでいたのやら。
それでも、まだまだ、処分しなければならないものが、たくさん。
気が遠くなってきてしまった。
気分転換(?)に、ここはひとまず置いておいて、娘の部屋にとりかかる。
(↑この行動は、「片付けられない症候群」の顕著な行動らしい・汗)

1年半の受験勉強の間、塾から出されたプリント類が、本当に山のよう。
積み上げたら、娘の身長は、優に超えるだろうな。
「こんなに資源使ったんだねぇ。植林しないと、申し訳ないね」娘と、つぶやく。

本棚に取り掛かると、娘が幼稚園から小学校低学年に書いた文章やら、絵やらが、ぱらりぱらり、出てきた。
大方、一まとめにしておいたはずだったのに、まだあったんだ。
「捨てちゃえ!」と、ゴミ袋めがけて突っ込む娘。
「いやだぁーーーーーーー」と、拾いあげる私。
これはね、どうしても捨てられない。
オトナになってしまったら、どう頑張っても描けない絵、書けない字、書けない文章。
b0102023_14562260.jpg


引越し並みに、ばんばんモノを捨てないといけないのは解っているのだけれど、どうしても捨てられないモノも沢山あって。
そんなわけで、ここ数日、片付けと格闘中。
でも。
「捨てられない症候群」のお片づけは、とっても時間がかかりそう。
今日も一人で、お片づけ。

え?じゃあ、ブログなんて書いている場合じゃないんじゃない?って??
・・・・・・・・片付けに飽きてしまって(汗)。
その上、電動シュレッターに、厚紙かませてしまって、
う・・・・・動かなくなってしまって(滝汗)。

はーい。
お片づけに、もどりまーす!
[PR]
by candy-k1 | 2007-02-20 15:13 | くらし
バレンタインデー。

恋人達には、それはそれは楽しいイベントなのでしょう。
でも、なんだか。
お菓子メーカーの策略に乗せられているようで素直に盛り上がれない、すっかり汚れきってしまった、オトナ(いや、おばちゃんと言うべきか?)の私。

あ。でも。
ええ、一応良い妻(あ!投石禁止!!)なので、夫へのチョコレートも用意しました。
が、しかし。
当の夫は今日から出張。
というわけで、昨晩、娘と私からの共同プレゼントで、チョコレートをプレゼント。
娘の本命チョコの相手は、未だに「パパ」のようです。
でも、一口も食べずに、東北へ行ってしまいました。
夫曰く、「もったいないから」で、冷蔵庫で、ちんまり箱に収まったまま。
夫の居ぬ間に、私と娘のお腹に入ってしまうかも(笑)。
もちろん、自分と娘用にも、生チョコ購入♪
ちびりちびり 食べようと思います。


今日は、本当は、ジョニー仲間とこれを観にいく予定♪だったのですが、
風邪をひいてしまったらしく、熱が少々。
喉も頭も痛い。
(PCが出来る程度の風邪なのだけれど)今日は、家でおとなしくしていることに決めたのです。
ああ====無念(涙)。久しぶりに大画面でジョニーを観ながら、チョコレートを食べようと思っていたのにーーーーー。

さて。
これから、また、ふて寝します(笑)。
というか、いくらでも寝てしまえる自分が怖い。

おやすみなさい。
[PR]
by candy-k1 | 2007-02-14 12:53 | くらし
「盛り上がって参りましょ~」と、再開した我がブログ。
しかし。
以前と激変した時間のサイクルに、まだまだ私自身が順応できず。
たどたどしい更新となりつつあります(汗)。

というのは、実は言い訳だったり。
日中は、友達と会ったり、ランチしたり、映画を観たりと、この数ヶ月封印していた
「楽しい時間」を満喫。
娘の帰宅前までに、戻っては来るものの、
その後の時間がばたばたばたーーーっと過ぎていく。
夜は夜で、パソコンに向かう私に
「なんで、ママは、そんなにパソコンしたいの?!」と娘。

そうだね。
今まで、家族揃ってのんびりできなかったんだもんね。
はい。あなたと一緒にいますえ~~~。

ただただ、まったりと時間は過ぎ行き、そうこうするうちに、寝る時間。
そんな日々を繰り返しておりました。

娘は?というと。
学校から帰宅すると、ジャージに着替え、速攻、くつろぎの体勢。
ゲームをしたり、テレビを見たり、昼寝をしたり。
「どこのお父さんだよ!!!!!」と、突っ込みを入れたくなるような
寝休日を決め込んだお父さんのような日々(汗)。
でも。
だらだらすることも許されなかった、受験終了までの、この1年半。
「だらだら」も、やってみたいことの一つだったのでしょう。

そんなわけで、親子揃って、未だに「だらだら」と、日々を送っているのです。

☆☆☆

「これ、食べてね」
同じマンションの友人Sさんが、ケーキを買ってきてくれました。
「あーちゃんの合格祝いだよ♪私もあーちゃんが合格して、本当にうれしいんだもん」
そう言って手渡してくれた四角い箱の中に、ぎっしりと、
それはそれは美味しそうなケーキ達。

b0102023_18374669.jpg


三鷹にあるモリスケというケーキ屋さんの、ケーキたち。
シフォンケーキの美味しいお店とのことだけあって、シフォンの生地は甘すぎず、ふんわり加減しっとり加減も、絶妙!
b0102023_18451257.jpg

これだけクリームがどっかり乗っているとなると、相当甘いのかも?の心配をヨソに、
クリームも甘すぎず、もちろんプリン自体も、程よい甘さで、口にしつこさが残らない。
とっても美味しい。
私のみならず、ケーキの味にはうるさく、甘すぎるものは、一口食べて「いらない」という娘も、夫も、その味を絶賛。
もうもう、幸せなひと時を過ごさせてもらったのでした。

何よりうれしかったのが、Sさんの気持ち。
合格が決まったことを伝えた数日後、ばったりSさんと出会った。
「何よりうれしいのがね、あーちゃんの笑顔が、昔の笑顔に戻ったことだったんだ。
その笑顔を見てねうれしくなってさ~
思わず『ケーキを買ってお祝いしようね』って、あーちゃんに言ったの」
と、Sさん。

そんな風に、ずっとずっと、この1年半を見守っていてくれたんだ。
ずっとずっと、気にかけてくれていたんだ。
その言葉に、瞳をうるませずにはいられませんでした。

☆☆☆☆

中学受験を通して。
沢山の人に支えられ、沢山の人の優しさを、たくさんたくさん感じることができました。
「どうして、みんなこんなに優しいの?」
友人たちの優しさに、何度感謝し、何度その優しさに涙したでしょう。
与えていただいた優しさは、受験を通して感じ得た、大事な事のひとつ。
本当に、ありがたい気持ちで、いっぱい。


娘にも、与えていただいた、たくさんの人々の大切な気持ちを、
いつまでも忘れないでいてほしい。
そして、自分が頂いた以上に、人に与えられる人に成長してほしいな、と。

未だ昼寝を続行中(いや、もう夜なんだけど・・・・・)の、
娘の寝顔を見て、心から思う母なのでした。
[PR]
by candy-k1 | 2007-02-09 19:11 | くらし

ただいま

お久しぶりです。

昨年末、ブログの更新をお休みしてから、ほぼ一ヵ月半。
浮き沈みの激しい日々を送っておりましたが、
娘の中学受験も無事終わり、本人の(親の私たちも)希望していた学校に
無事合格をいただく事ができました。
4月からは、都内の中高一貫の女子校に通うことになります。
沢山の励ましや応援を、本当にありがとうございました。


受験が終了してから、いきなりできた「ゆったりできる時間」に、
「何をしたらいいやら・・・」と、娘も私も、少々のとまどいを感じながら、
この数日間、ぼんやりのんびりと、過ごしておりました。


「そろそろ、はじめようかな」


そんなわけで、またブログ再開です。
なんだかまだ、調子がつかめない(ぼんやりボケですな)けれど、
のんびりと、日々を綴っていきたいと思います。
また、お暇な時間、駄文にお付き合いくださいませ。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

今日は、久しぶりのブログの更新に、柄にもなくちょっと緊張気味(笑)。
「助走」ということにしておいてください。
[PR]
by candy-k1 | 2007-02-05 22:41 | できごと