愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:すきなもの( 28 )

ようやく来た「おうち」

kim's天に行った後。
大好きな陶芸家、林彩子さんの個展が開催されている
cha-tu-chaさんへ。

お店に入ってすぐ「やったー!」と小躍りしたくなった。
だって、だって。
毎回手にすることができなかった「おうちシリーズ」が目に飛び込んできたもので。

ほ、本当に今回は
私、家に連れてか、か、帰れるのね〜と感激した後
もう、満面の微笑み状態に変化し
かなり怪しい人になっていたかもしれない。
しかし、毎回林さんの器を見る私は、
感激したり、うっとりしたり、器と対話したりと
かなり怪しい人になっているので
オーナーはきっと「あ、また始まった」と
見慣れた光景だったかもしれない(でしょ?笑)。

もう少し、我が家に連れ帰りたかったのだけど
「おうちシリーズ」を手にした喜びに満ち満ちてしまって
今回は満足してしまったのです。

あまりのうれしさに、
同時企画の「林さんの器で楽しむカフェ」と
オーナーの手作りケーキを食べる事もすっ飛んでしまってました。
食い気に負けなかった珍しいケース(笑)。
オーナーの手作りケーキは、本当に美味しいのです。
これを食べなかった私は、大バカものです。


****

こちらのお皿が「おうちシリーズ」

b0102023_23474717.jpg


林さんの器は、一枚一枚にストーリーがあると感じています。
手にした人、それぞれにストーリーは違うでしょうけれど。
でも、違う中にも「あたたかさ」や「愛」がある。
そう確信できる器だと、勝手ながら感じています。


林さんの作り出す世界を、また次回も楽しみにしています。
[PR]
by candy-k1 | 2011-11-05 00:00 | すきなもの

おいしい時間。

Yarnさんと共通の友人が
お店をオープンしたと聞いて、二人で早速G0!


kim's天さん
韓国料理と天ぷらメインの日本料理が一度に楽しめる
珍しいスタイルのお店。

せっかくだから、韓国料理と天ぷらの両方を楽しみたい。
ってことで、どちらもオーダーして二人でシェア。
↓は、シェア後、加えて食い気に負けて
ちょっと箸をつけてしまった後に慌てて撮影したもの(汗)。
b0102023_22245946.jpg



ランチメニューをお願いすると、韓国料理のおかず食べ放題のうれしいサービス付き。
こっちは食い気に負けずに、箸をつける前に撮影できた(笑)。
b0102023_22244665.jpg


天ぷら、韓国料理、韓国風おばんざい(っていうの?)全て
言うまでもなく美味しかったのですが、
スンドゥブもキムチも実に優しい辛さ。
だからと言ってモノ足らないわけではなく、きっちり韓国料理で、大満足。

お店の雰囲気もカフェ風の明るいカジュアルなインテリア。
これもいわゆる「韓国料理店」を良い意味で裏切っています。
今日はランチメニューからのオーダーでしたが
単品料理は迷っちゃいそうな位の品数。
これは、また夜の部、企画しないとね♪
もちろん言うまでもなくお値段もリーズナブルです。


美味しい料理に舌鼓、まったりおしゃべり、良い時間でした。

****

お近くの方、ぜひに♪

西武池袋線 東久留米駅北口から徒歩2、3分というロケーションもgoodです。



[PR]
by candy-k1 | 2011-11-04 22:39 | すきなもの

おめでとうの日。

毎年。
やっぱりこの日は、お祝いしたい。

ジョニー♡
48歳のお誕生日、おめでとう!!

「私はあなたのファンでいることを、誇りに思っています」

これは、ツーリストのレッドカーペットで、
ジョニーを目の前に
直接伝えることができた言葉。
(今回はネイティブ並みの英語力のYちゃんに教えてもらったので
 何度も練習して、自信を持って全力で言い放ちました(笑)。
 ジョニーは「Oh....sweet Thank you」 と言ってくれました♪)


ジョニーがジョニーでいてくれる限り、
私はジョニーのファンでいることを、誇りに思う。
これからもずっと、そう思い続けるでしょう。
b0102023_2011040.jpg


大好きなジョニー。
健康で、ますます充実した1年となりますように祈ってるよ。
そして、あなたの愛するご家族の幸せも♡
[PR]
by candy-k1 | 2011-06-09 20:15 | すきなもの

おねがいします

昨年末にぼやいたように。。。
始まりました、ジョニー祭り!

わたくし、映画ツーリストのキャンペーンに参加しています。
↓をクリックすると、特別映像が見れます。


その上!!!
上位5位以内に入れば、プレミアに参加できるとあって
ジョニーに会いたい、ただひたすらその一心で
鼻息荒く、ぽちぽちしています。
ですが、わたくし一人の微力では、とても追いつけそうにございません。

皆様
このキャンペーンを思い出したとき、↓クリックいただけたら
とてもとてもうれしく思います。
よろしくおねがいします。

ここをクリックお願いします


追伸:このたび、パソコンが新しくなり、某りんご社のユーザーになりました。。。
のはいいのですが、使い勝手がさっぱり(滝汗)
素っ気ないブログに拍車がかかった状態がしばらく続きそうですが
何卒ご辛抱いただけますように、お願いもうしあげます。

b0102023_2062331.jpg

                 まま 
            このしゃしんの あたちは
         まえにも とうじょう した きが しますよ
  (写真もジョニーの画像すらも、どこにしまったのやらさっぱりわからないの...涙)
[PR]
by candy-k1 | 2011-01-11 19:55 | すきなもの

彩りの世界

以前から、その素晴らしさは、事あるごとに記してきたのですが。
林彩子さん(旧姓:須永彩子さん)は、私の大好きな陶芸家。


今日から、林さんの作品展が、これまた大好きなcha-tu-chaさんで始まりました。
仕事終わりに、駆け込むように来店した私を、
オーナーと林さんは暖かく迎えてくださいました。

林さんの作る器は、ひとつひとつのどれもにストーリーが見えます。
時には、風景や音すらも見え聞こえするのです。
それだけの世界を、ひとつひとつの器が持っています。
林さんの作り出す彩りに満ちた世界です。
(そういえば、林さんのお名前も「彩」があるんですね)

そして、使う側の私達の気持ちを、ほくほくさせてくれる暖かさがあります。
そして、「ニクイなぁ~」とつい言いたくなる遊び心も忘れていない。
ほっこりするだけはない、凛とした強さみたいなものも見えたりして、
ドキっとすることもあります。

これだけ、見る人の気持ちを、
わくわくさせてくれる器を作る人を、私は知りません。
だから、帰宅後。
あれこれ悩んだ後に、
我が家に来ることになった器をテーブルの上に広げた時の幸せは格別。
手にとってにんまりし、いろんな角度から眺めてまた、にんまりし。
しばらく、怪しい人になります(笑)。

b0102023_22544830.jpg

あたたかい飲み物を、たっぷり楽しめる大きめのマグカップ。
これ、色味がすごく素敵なのに、撮影の腕、悪し(涙)。

b0102023_225511100.jpg

お醤油さし。「キレが良いので、お醤油がたれない」とは聞いていたので
怪しい人になった後、水を入れて、試してみた。。。。。。
驚き!本当に垂れない!!!!
こんなキレの良いお醤油さし、今までであったことない!!!
小鳥ちゃんのようなフォルムと
美しい色合いからは想像しがたい、可愛いだけじゃない実力派!!
感動しました。

b0102023_2255287.jpg

「森シリーズ」なんですって。
これもね、釉薬のぼかし方だとかが、素晴らしすぎる。
私が画像で再現するのは限界がありすぎで、その素晴らしさが伝えられないのが残念。
本当に、奥深い味わいのある作品で、見ているだけでうっとりする。
きっと、私の冴えない料理をも、素敵に見せてくれるに違いない。


林さんの人気シリーズ「おうちシリーズ」は、
「今回、かなりの数持ってきたんだけど」速攻売り切れてしまったらしい。

「少しずつ楽しんで集めたらいいよ」と、オーナーさん。
うん。この次の楽しみにとっておきます。


***********

b0102023_23141878.jpg

                   ミルヒと いっしょに いると
                しゅうちゅうりょく が にげていく と
            てすと が ちかくて おべんきょう しないと いけない
                     あーちゃんが いいました

                      なんで? と きくと
            ミルヒ ぬくぬくしてるし いっしょにいると ねむくなってくる と
                     あーちゃんが いいました

                 あたちは、たしかにぬくぬく していますが
                    あーちゃんが ねむくなるのは 
                あたちの せいでは ないとおもうのですが

                         どう おもいますか?
[PR]
by candy-k1 | 2010-11-25 23:24 | すきなもの

誘惑には勝てず。

昨日、雨の中。
行ってまいりました、武道館。
まさに「ザ・祭り」でございました。

******

お蔵入りしてしまった72年の幻のツアーを、ようやく観ることができる上に
武道館で上映するっていうのは
73年の衝撃をリアルタイムで経験した諸先輩方にとっては
大きな意味を持つんだろうなぁ~。

紆余曲折を経て初来日を迎えた、1990年(だったよね?)。
あの時の興奮、涙、忘れられないなぁ。
ようやく手に入れた2階席で、今か今かと待ちわび、
会場の電気が消えた瞬間の地鳴りのような歓声に。
ああ、本当に生のストーンズに会えるんだ!!!!と、
喜びと興奮と、それでもまだ信じられない気持ちやらで
がたがた震えが止まらなかったっけ。。。。。

などと。。。。。
年のせいか、始まる前から、なんだか、じーーーーん(笑)。
b0102023_202214100.jpg


******

しかし。
ライブ映像が始まれば、じーーんはどこかへ、すっ飛ぶ。
やっぱりストーンズは、スゴイ!!
もうね、言葉が足らないけど、スゴイんだから仕方ない。

大きな決断の時、いつも彼らの音楽が傍にあって
背中を押してもらったり、励ましてもらったり。
ああ、やっぱり、大好き!!!ストーンズが!!!!

これ、ライブとはいえ、映画なわけですが。
始まる前は大歓声!
1曲終わるごとに、拍手です。

みんな、大好きなんだな、ストーンズが。
うれしくなる。
みんなそれぞれに、ストーンズと歩んできた人生があるんだな。

*********

欲を言えば。
ミックにカメラが寄りすぎだったかな。
私はといえば、失礼ながら、ミックの後ろに見え隠れするキースを
目で追っていたけれど。

それでも、たっぷりストーンズのライブの
あのエネルギーに溢れた瞬間は、きっちり伝わってきて
やっぱり変わらず、元気になったわけです。
若い頃のキースは、もうツボだらけで。
なんでしょう!
あの悪そうでいながら笑った時の無邪気さったら。
そうかと思えば、セクシーさもにじみ出て。
若い頃のキースに、めろりん再び(笑)。
いやいや、もちろん今のキースも大好き!

b0102023_20492578.jpg


これからも、私の人生は、間違いなくストーンズと共にあるでしょう。

*******

さて。
問題のワインですが。。。。。
誘惑に打ち勝つことは、できず。。。。
予約してしまいました(笑)。
もう、きっと記事にした段階で、誘惑に負けるつもりだったのかも。

恐る恐る夫に報告すると「買うと思った。楽しみだね~」との返事で、ホッ。
娘に報告すると「え?何本かったの?」
い、い、一本ですが・・・・・・・「飲むつもり?」
え???の、の、飲んじゃだめなの???・・・・・・
「飲む用と保存用、必要じゃん!なんで2本買わないの!?」と、怒られた。
あのね、娘よ。
1本、15000円なんだよ(汗)。
庶民のアタクシには、1本ですら清水モノでしたのよ(汗)。

娘も、ファン道を極めてきたな(爆)。


**********

                            ママは
                    きーす おじさんに めろりんきゅー
                            です

                           あたちは
                    めろりんきゅー に する ほうが
                          とくい です 
                          とくに パパ
                    きょうも パパを めろりんきゅーに
                           しました が 
                     あたちは ねむくなって しまって
                          とろりんこ~ に  
                         なってしまいました  

b0102023_210582.jpg
                  
[PR]
by candy-k1 | 2010-09-24 21:03 | すきなもの
やっぱり。
6月9日の今日の日は、声を大にして 「おめでとう!!」 なのです。

あなたと、出会えたこと。
あなたと共に、この時代を生きていること。
あなたが、この世にいてくれることは、この上ない喜び!

Happy Birthday to Johnny!!!!!!

b0102023_1013108.jpg

ジョニー。
どうか、あなたと、あなたの大切な家族の人生が、
これからもますます輝き幸せに満ちますように。

***********
↑のポスカのジョニーは、私の大好きな写真。
でも、今まで以上に大好きで大切な、宝物の一枚になった。

↑のは、今年のジョニーの来日時に私のためにKさんが、ジョニーにもらってくれたもの。


今年のジョニーの来日の2日前に、キャンディさんが天国へ旅立って
当然のごとく、ジョニーに会いに行く気力ななく、もちろん会えなかったのだけれど。
最強の運を持つ私の愛すべき仲間達は、今回も狭き門のプレミアチケットを手に入れ
ジョニーに会うことが出来たのだ。

プレミア会場に入ってしまったら、自分の事で精一杯になってしまうし、
そうならざるを得ない状況になってしまうことは、私自身よくわかっている。
だから、人の分までのサインをいただくなんてことは至難の業。
そんなことは百も承知だったので、私の分のサインだなんて、
想像すらしていなかったし考えもつかなかったのだ。

Kさんは「今回○ちゃん(私のこと)が行けないと分かった時、
○ちゃんの分のサインを絶対にもらうんだって、決めていたんだ」と。
「このジョニー、○ちゃん大好きって言ってたから、これにもらうって決めてた」と、Kさん。
涙があとからあとから、溢れた。

ここに遊びに来てくれるJちゃんも、
「どうしても○ちゃん(私のこと)の分のサインをもらうんだ、これは私のミッション
と頑張ったんだけど、2枚はもらえなくて、私(Jちゃん)がもらった分を○ちゃんに渡そうと思ってたの」
と聞いて、また涙が止まらなかった。


今回のプレミアに限らず。
仲間達からは、本当にたくさんのギフトももらっている。
形のあるもの、ないもの、両方の。
でも、私達はきっと。
形のないもので、繋がっているんだと、思う。
いや、間違いなくそうなのだ。



*************


ジョニー。
私は、あなたのファンでいることを、誇りに思っているよ。

それは、
あなたが、素晴らしい人であり、すばらしい役者であることは、今更言うまでうもないこと。
あなたを通して、私の世界も広がったことも、感謝のひとつ。

あなたは、私に素晴らしい友人までもを与えてくれた。
一生大切にしたい、
愉快であたたかい、愛すべき仲間たち。
あなたたちのことも、私の誇りです。



***********

b0102023_1104944.jpg

   
                びばーーーーーー おさんぽ
          もうすぐ あめが たくさんになるって ままが いってまちた
                  おてんきの いいひ は
            びばーーーーーーーって たくさん おもいながら
                たくさん おさんぽ しようと おもいます
[PR]
by candy-k1 | 2010-06-09 11:05 | すきなもの

祭りのあと、想うこと。

祭りの後は、なんだかいつも、せつない。




お察しのとおりでございます。
12月8日からの3日間、年末押し迫ったこの時期に
突然彼がやってくる!!!っていうもんですから、
右往左往、何をどうしていいやらわからぬまま、「とにかく行かなきゃ!」で、一路成田へ。


出迎えた私たちに、この笑顔。
b0102023_19105295.jpg

こんな顔で微笑まれたら、おかしくならないはずがないっ!!
あなたも!あなたも!!そこのあなたも!!めろりんきゅ~確実よっ!!
2年ぶりのジョニーは
言葉では言い表せないオーラを放ちながらも、その場の空気をやんわりと包み込むような
あたたかい色をまといながら、日本に降り立ってくれた。

ああ。
本当にジョニーが来たんだ。

そう思った瞬間、動画を撮影していた手が、小刻みに震え始めてしまった。



*******

今回も、幸運にもレッドカーペットに参加できることに。
(Special Thanks!! My Best  Friends!!!)
友人たちと強力して、ジョニーと触れ合うことができるエリアを確保することができた。



今回の私の目標は、ジョニーとコミュニケーションをとること。
あれやこれや、つたない英語をつないで、言いたいことを考えた。
そして、2つの事を言おうと、決めた。
1つは、前回言うはずだったけど、(結果ラッキーを運んでくれた)アクシデントにより言えなかった
「私はあなたをずーーーーーっと応援しつづけます!」ってこと。
もう1つは、ジョニーが良くいう言葉だと、佐藤友紀さんに教えてもらった言葉。
そっくりそのまま、ジョニーに言いたいってずっと思ってた
「あなたでいつづけてくれて、ありがとう」の2つ。


まず。
私たち仲間の「宝物」に、ジョニーはサインをしてくれた!!
自分の事よりも、その「宝物にサインを!」といい続けてくれたBちゃん。
ありがとう。
あたし、その気持ちに涙がでた。
うれしかったよ。

そうこうしている間にも、ジョニーはどんどん近くに歩いてきて。
心臓ばくばく。息が荒い(怖いよね・笑)

隣では、友人が音楽について、がっつり話かけてて
ジョニーが、それはそれは素敵な笑顔を湛えつつ、返事をしていて。
その笑顔にメロメロしながらもあたし、
しっかりしなきゃ!!伝えなきゃ!!な鼻息むんむんで
「ジョニーーー」と呼びかける。


「ずーーっとあなたを応援しつづけます」の言葉に
「Oh~ Thank you Bless you」と、ジョニー。
ポストカード(これには、サインをしてくれていた)を持った手をにぎにぎしてくれた。
すかさず、「あなたでい続けてくれてありがとう」と言うと、
「Thank you for・・・・・・・・・・」と、笑顔で応えてくれ、再度手をにぎにぎ。
なんていったの?よくわからないよぉ。そう思いつつも、
にぎにぎしてくれた手と私の手の間にポスカが間にあるがために、
ジョニーの手の感触がわからないと思ったんでしょう(記憶があまりない)
瞬時にしてポスカを鞄に(しまったらしい)、次の瞬間
「握手してください!」と叫び、気付けばジョニーの手を掴んでた(笑)。

怖がらせちゃったかもなぁ・・・・・・(汗)
と反省したのは、自分で撮影した動画を見てからで。
行ってしまったジョニーの背中を見ながら、私がとった行動は、
ジョニーと握手した手のにほひを、くんくん(爆)

2年前と同じ、とっても素敵な香りが♪
ええ♪もちろん、今回も、後ろの方々とジョニーのにほひを分かち合い、うっとり(笑)。


友人たち全員、それぞれがそれぞれとコミュニケーションをとることができた。
わーーーい!!!!本当に良かった!!


*********
↑のような狂喜乱舞な後、少し落ち着いた気持ちでジョニーの姿を追う。
ああ、やっぱりこの人を好きになってよかった、と必ず思う。

プレミアに参加して、いつもいつも、思うこと。
ジョニーは本当に心を亡くさない人だ、ということ。
あの殺人的な人波に応えるべく、
それは熱心に、真摯に、そして丁寧に接していく姿を見る度に
ジョニーの人としての器の深さ、あたたかささを感じずにはいられないのだ。

ジョニーは美しい。
でもそれは容姿のことだけを言うのではない。
外に表れている美しさは、彼の心の美しさだ。
奢ることない謙虚さは、本当に胸を打つ。

2つ目の言葉を言った私に対して彼が言った言葉を、
英語が堪能な友人二人に聞き取ってもらい、
分かった瞬間、涙が、つーーーーーーー。

「あなたでいつづけてくれて、ありがとう」という私に対し、ジョニーは
「ぼくを受け入れてくれて、ありがとう」と言っていたのだ。

b0102023_2041910.jpg

受けいれずにはいられないに決まってるじゃん!!!!
と、友人たちみんな異口同音!!!!


ジョニーが日本に来てくれる度に。
私の心に、その人柄が、その優しさが、深く深く刻み込まれる。
なんて人なんだろう、ジョニーって人は。
ジョニーのファンでいることを、誇りに思う。


**********

本当に、毎回思うことだけれど。
こうしたプレミアに参加でき、こうした体験ができるのも、友人たちのおかげ。
これは、私一人の力では、絶対に成しえないこと。
友人たちの深い優しさと、一朝一夕では築けない団結力と絆の賜物が
見えない力となって、そこに存在する。
大げさに聞こえるかもしれないけれど、これは本当の話。
私は、この仲間がとても大好き。そして、とても大切。
ジョニーのファンということで知り合った人たちだけれども、
今ではそれを越えた、とても大切な友人たち。
いつも、ありがとう。本当にありがとう。


みんなーーーー!!!愛してるよーーーーーーー!!!!


*****
そして、今回も。
声を大にして、ありがとうを伝えたい人たち。

夫と娘に。
今回も、わがままな妻であり母である私を許してくれて、協力してくれて。
本当に、本当にありがとう!!
キャンディも体調を崩さず、ミルヒも元気に過ごしてくれて、ありがとね♪


そんな、しょーもない妻が帰宅して、夫はこう言ってくれました。
「良かったね。この次も、できるだけ協力してあげるからね」
夫のこの言葉に。
ちょっと、いや、ハズカシナガラ、本当に泣けてしまった。
しかし、しょーもない妻は、ありがとうといいながらも、こういいました。

「ねえ、今言った言葉、後悔しない?」
「なんで?後悔はしないよ」と、夫。

ありがとう。じゃあこの次もよろしくお願いします。
あのね、この次は、来年の3月なの♪
ありがとうね~♪


絶句した夫の姿が、そこにありましたとさ(笑)。



******

今回の動画は、自画自賛ではありますが
それはそれは、ぐっじょぶ!な画像で、大満足。
ただし、まったく処理ができていない状態で。

アップできる状態になったら、載せたいなぁと思ってる次第です。
そんなこと言ってる間に、アリスで来日!!の記事になってたり?(汗)
[PR]
by candy-k1 | 2009-12-17 20:50 | すきなもの

爆走

まさかこの年になって、自分がこーんなことしてるなんて
若い頃は想像もしてなかったのだけれど。
いや、ちょっとだけ、そーんなことしてる大人になってたら
楽しいかもしれないなんて思ってたっけ。
だから、そーいう自分、ハズカシながら結構気に入ってたりする。

半年前から、バンド活動はじめました(笑)。
b0102023_21394851.jpg


正直なところ。
声をかけてくれた友人の意中の音=コピーするバンドの音は、私の守備範囲外。
且つ、担当楽器のドラムは、遊びで叩いたことはあったにしても、
バンド活動という土俵で話をするなら、完璧に土俵の外。
えっと・・・・・じゃあ、本職のドラマーが見つかるまでのつなぎってことで・・・・。
そんな気持ちで月1のリハーサルに参加してきたのだが、
バラバラだった音が、一つに束ねられていく充実感を久しぶりに味わってしまい・・・・。

やだぁ~♪ たのしい~♪♪
結果、ハマッてしまった。
この楽しさを共有することができるメンバー=友人たちに、感謝!!



そーいうわけで。
本格的に叩けない「なんちゃってドラマー」なまんま、
ふてぶてしくバンドに居座ってしまっている。
なかなか技術が向上しない(大問題・汗)ものの、ドラムを叩く爽快感は格別。
しかし。
ドラムは思いのほか体力、いや、筋力なのか?を使う。
特に、バスドラを叩く私の立派な子持ちししゃもは、悲鳴をあげっぱなし(汗)
5曲叩いたら、速攻ふくらはぎのストレッチが必須(爆)。
老体にムチ打ってとは、まさにこのことか・・・という、なんだか実に残念な感じが、実情。
やれやれ。

そんな状況ではあるものの、
来年あたり、ライブ出演をもくろみ、
メンバー一同、鼻息荒らし(ちなみに私たちのバンド、踊り子隊もいるの♪笑)。
「えーい、どこまでも突っ走っちゃえ!!」な、怖いものナシの極太なオバパワー!!!
お若いお嬢さんたちには、コレは真似できません(笑)。

というわけで。
オババンド、爆走中♪(笑)
[PR]
by candy-k1 | 2009-09-17 22:43 | すきなもの

惚れちゃった

こういうお店が、近くにできたのは、とっても喜ばしいこと。

cha-tu-chaさん
自宅の一階部分を店舗にされた、
オーナーのセンスが光るモノたちで溢れる、小さな素敵なお店。
オープンされてもう1年近く経つのだそうだが、
木・金・土曜日の3日間のみのオープンということもあって、
足しげく通いたい気持ちとは裏腹に、今回訪ねたのが実は2回目。


でもね、2回目にして、出逢ったちゃったの。
もう、コレは恋に近いってくらい、惚れてしまった。
b0102023_20114348.jpg
b0102023_2012380.jpg

器の持つフォルムそのものも、釉薬の掛け方、落とし方も。
どれをとっても、たまらなく私のツボを激しく刺激してくれる。

須永彩子さんという陶芸家の方の作品。
どれもこれも連れて帰りたかったけれど、この2つをチョイス。
この2つを選んでいる時間は、
完璧に「器と私、対話の世界」に没入していたので
かなり不審な人だったに違いない。
しかし、その不審ぶりは、
器への愛からなるモノなのだと、オーナーさんは理解してくださったようで。
オーナーさんが声をかけてくださり、
調子に乗った私、厚かましくも、
何が私のツボを刺激したのかを熱く語ってしまったのだ。
すると、
「須永さんの作品の良さがわかってもらえて、すごくうれしい!!」
オーナーさんの目も輝く。
聞けば当然の事ながら、オーナーさんがまず、この須永さんの器が大好きだという。

最後には、自宅の食器棚から、オーナーさんの須永さん作品のコレクションまで
見せていただけて。
ニクイところに見え隠れする遊び心に、もう、くらくら。
手に取るたびに、うれしくなる、たのしくなる、そんな器のオンパレード。
怒涛のごとくツボを刺激する作品の連続に、鳥肌がたってしまった。
(↑のcha-tu-chaさんのブログで、須永さんの作品について、詳しく書かれていますので、そちらも是非♪)

秋には、須永さんの作品展示会を開催の予定とのこと。
「お金貯めて参りますっ!」と、鼻息荒く、お店を後にした。



********

この方の心遣いも、この方のチョイスも、「惚れてまうやろーーー」なのです。

時々私のブログに遊びに来てくれるAちゃん。
Aちゃんは、私の友人の幼馴染でいらっしゃる方。
Aちゃんとは、実は会ったことはありません。
でも、Aちゃんは、完璧に私の趣味を理解してくれています。
それは、「ETの孫の手」の話が、物語っていたりします。


先日、AちゃんからNICOのアルバムをお借りした時に、
一緒に送ってきてくださった。
b0102023_20482532.jpg


本の贈り物って、とってもうれしい気持ちになる。
しかも、大好きなムーミンですよ!!
激しく私のツボは刺激されたことは言うまでもなく。
その上、とってもほっこりした気持ちになったのでした。
(ですが、私「届きました」のご連絡をすっかり忘れてしまい、無礼極まりない失礼な事をしてしまった。猛反省と深くお詫びいたします)
Aちゃん、ありがとう!!!
久しぶりにムーミンの世界に触れることを楽しみながら、
大切に読ませていただきます♪
[PR]
by candy-k1 | 2009-04-16 20:57 | すきなもの