愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:くらし( 97 )

おくればせのごあいさつ

すっかり明けてしまいましたが。
皆様、あけましておめでとうございます。
今年も、みなさんと楽しい時間をすごさせていただきたく思います。
よろしくお願いしますね♪

と、新年のご挨拶をさせていただいたばかりで、恐縮なのですが。

もう皆様お察しのことかと存じますが・・・・。
そうです。
愛しのジョニーの来日が、いよいよ来週に迫ってまいりました。
あと数日で来日のその日を迎えるにあたって、迷惑にも家族をがっつり巻き込んで、いつものお祭り騒ぎ&はらはらの毎日を送っております(汗)。
・・・・・と、そういわけで。
毎年恒例(笑)ジョニーが帰国するまで、ブログの更新をお休みします(土下座~)。

今年は、強運の友人、優しい友人のおかげで、プレミア試写会、プレミアレッドカーペットのダブルでの参加ができる(感謝・多謝!!狂喜乱舞♪)こととなり、いつもに増して鼻息が荒くなっております。
更には、今回の来日以降は、しばらくジョニーの来日も見込めないかな、と踏んでおりまして、そういった意味でも、またまた鼻息が荒くなっております。

また、落ち着いたら、レポを書こうと思っています。
え?読みたくない?
いいえ!!読んでいただきましょう(笑)。

******
ちょっとだけ、おまけ。

我が家のキャンディさん。
ご存知の通り、猛烈な甘えん坊。
誰かに、ぴとっとくっついているのが大好き♪
1センチでも離れようものなら、ぴたっと体がくっつくまで、体勢を崩さずににじり寄る(笑)
(ちなみに、隣は夫。私の背中ではありません、念のため・汗)
b0102023_1324023.jpg

      ↑なぜか日付が入ってしまった(汗)

ママがお留守の間、パパとあーちゃんと、ぺったりしててね♪


*******
それでは、皆様。
しばしの間・・・・・あでぃお~す!!
[PR]
by candy-k1 | 2008-01-05 13:32 | くらし

良いお年を!!

気付けば大晦日。
なんだか、年末だという実感が湧かぬまま、今年最後の日を迎えてしまった。

街に出て、年越し蕎麦や少しばかりのおせち、お年始の贈答品やお正月をお花やら、年末チックな買い物と、わらわらと溢れる人並みを縫うように歩いていると、うん、確かに年末なのよね、と、ほんの少しだけ実感。

去年は娘の受験を控え、どうにもこうにも落ち着いた日々を送れなかったので、今年はどっぷり年末年始を味わうか!な予定だったけれど。
今年は思いがけず、私の「お祭り」で、わさわさ気分な年末を迎えてしまった。
家族には申し訳ない限り(汗)。

その「お祭り」。
私は自分で運を引き寄せることはできなかったけれど、強運の友人や、優しいお申し出をしてくださった友人たちのおかげで、ラッキーを分けていただけることになって、どんより気分で年末年始を過ごさずに済むことになりました(正月から暗い顔されちゃたまらんので、家族も心からホッとしている様子・笑)。
本当に、感謝!!感謝!!!感謝!!!!!!なのです。

************

あとわずかで、新しい年を迎えますが。
今年一年のお礼を。
皆様、本当にこんな偏狭の地に足を運んでくださり、駄文にお付き合いくださった上に、
楽しいお話をさせていただけて、うれしかったです♪
ありがとうございました!!
来年も、みなさんとの楽しい会話を楽しませていただけたら、嬉しく思います。
どーかひとつ!!!
今後も見捨てず(笑)、よろしくお願いいたします♪



********

ではでは。
皆様、良いお年を!!

b0102023_182492.jpg

[PR]
by candy-k1 | 2007-12-31 18:08 | くらし

ゆううつ

12月に入ると、頭の片隅にずっとこびりついて離れないのが、
年賀状の作成。

いえいえ。
いただくのは大好きです(←自分勝手)。
でも、作成して送付したときには、大掛かりな一仕事を終えた気分に。
もう、大掃除なんていう気分にスイッチできない(←というのは、大掃除をサボる言い訳・笑)


でもって。
来年の干支を考えると・・・・今年は尚更頭が痛い。
だってだって。
来年の干支は、私の大嫌いな生き物じゃあありませんか(涙)。

昨日。
出かけた先で「今回はあらかじめ印刷されている年賀状を買っちゃう?」と、夫。
そうねぇ~と、陳列された賀状を見たら・・・・。
ああ・・・・・・ああああああ・・・・・・・・・。
どれもリアルなアノ生き物の絵が描かれてるじゃあありませんか(涙)。
「こ、こ、こんなの触れないよーーーーーー」とごねる私に
「じゃあ、どれだったら大丈夫なんだよ?」と夫。
「ん・・・・・・っと、これ♪これだったら大丈夫~♪」と、リラックマが描かれた賀状を手にした私に「おまえ・・・・・本気か?」冷たい夫の視線が突き刺さる。
え・・・・っと、だめだよね~へへへへ~~~。
静かにリラックマの賀状(ラブリーだったのにさっ)を元に戻す。

ああ。
なんだって、あんなリアルな絵を描いてあるんだっ!!!
ん?んん?んんん?待てよ・・・・。
って、ことは・・・・ってことは、よ?
もしかして、来年の元旦早々、リアルな絵が描かれた賀状がわんさか届くってこと?

こ、こ、こ、こばいよーーーーーーーー!!!!!!
え?え?え?ちょっとちょっとちょっと!!!
絵ならまだしも・・・・・
もしかしたら、完璧リアルなソノモノの画像が印刷されてるモノもありかもしれないってこと?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(滝汗)。
あああああああああーーーーーーーーーー(涙)。
[PR]
by candy-k1 | 2007-12-17 20:20 | くらし

お散歩で見つけたもの。

ひらひらと舞う、色づいた葉っぱたち。

ころころ、地面にちらりほらりと転がる、どんぐりの実。

行きかう散歩仲間たちと、ワンコたちの「こんにちは」

ほのかに匂う、菊の花。

青い空。

坂道。

時々、私を見るキャンディの視線。

近所のお菓子工場から漂う、焼き菓子が焼ける匂い。

銀杏の葉っぱを花束みたいに束ね、大事そうに持ってた小さな女の子。

「サザエさん」の歌を歌いながら行過ぎる、下校途中の小学生。

私をみつけて手を振ってくれた、同じマンションの小さなお友達。


そして。

玄関を開けて。
「おかえり」の、娘の声。


みんなみんな。
キャンディさんとのお散歩で出会った、うれしい気持ちにさせてくれた事。

********

昨日から寝込んでしまった娘。
今日になって、大分具合がよくなってホッとする。
病院はニガテだから、自分はよっぽどの事がないと行かないけれど、
娘は連れて行って正解。
処方された薬が良く効いた。

当然のことながら、昨日・今日の私の予定は全てキャンセル。
本当なら、今日は去年のこの日のように、わいわいがやがやな一日のはずだったけれど、来年までオアズケ(来年も、やってね~・笑)。

↑のパーティーに参加する友人が、パーティー宅に行く道すがら寄ってくれ、私には「ちょっと早いクリスマスプレゼント」と、娘に「食べさせてあげてね」とヨーグルトのスイーツを持ってきてくれた。
彼女の優しさが、とってもうれしい。ありがとう♪


********
b0102023_1965033.jpg


恒例のプレゼント交換の品にするつもりだったモノ。
羽毛のルームシューズ。
じゃ、自分で使っちゃうお♪と、出したとたんに、娘にかっさらわれる。
・・・・・・・・・・・・・・・。
ま、いい・・・・・か。

あったかくして、早く元気になってね♪
[PR]
by candy-k1 | 2007-12-05 19:15 | くらし

遠足前夜?

「うそーーーーっ!!どうしよう、どうしようーーーー」

半泣き状態で目覚めた私は、それが、夢だとわかってホッとした。
何がって?
夢の中の私。
楽しみにしていたライブ会場にほくほくでやってきたものの、
いざ、会場に入る段で、チケットを家に忘れてきてしまい、
半泣き状態で、おろおろしていたというわけ。

目覚めた私。
速攻で、お財布の中に保管したチケットがあるのを確認(笑)。
「あーー夢でよかったよ。絶対、夢が現実になっちゃあ、だめ!!だめったらだめ!!」
と、何度も自分に言い聞かせる。

*************

明日、行くライブ。
楽しみで楽しみで仕方ない。
まるで、遠足の前夜の子供のようになっています(笑)。
わくわくしすぎちゃって、どうしよう~。
本当は、今日は記事をアップするつもりはなかったのだけれど、
なんだか落ち着かなくて「書く事」で、心が少しフラットな状態になるかなぁと(笑)。


ファン層からいって、高齢の部類に入る(笑)かもだけれど。
お若い方々と一緒に、弾けまくってこようと思います♪
[PR]
by candy-k1 | 2007-11-22 23:33 | くらし
会いたかった友人と、かれこれ1年ぶりくらいで会うことに。
彼女の名前はチエコさん。
セレブの香り漂う優雅さを湛えた女性。
がらっぱちパンピーな匂いの私とよく一緒に時間をすごしてくれるもんだと、ありがたい限り。


お昼は、チエコさんのおうちの近くのタイ料理の格安ランチ。
ピリリと効いた辛味が最高。
満腹になったお腹を抱え「うちでコーヒーをどうぞ」の彼女の言葉に甘え、これまた久しぶりにお宅にお邪魔する。

いつお邪魔しても、心地よく片付けられた、ヨーロピアン調でセンス良くまとめられた素敵なお宅でいただくコーヒーは格別。
手作りのクッキーやオレンジピールもいただきながら・・・・・・。
ん~~~~~なんて素敵な気分なのかしら~♪
時間までもが、バラの花びらを散らしながら、ふんわりと優雅に流れていく感じ。
「絶対に我が家では味わえないよ(汗)」と思った瞬間。
惨憺たる状態で放置したまま出てきた我が家が、サブリミナルのように、チラつく。
・・・・・・・あああああああ。家に帰りたくなくなっちゃったなぁ~。

お客様をお迎えするときは、我が家もなんとなしには片付いているけれど、抜き打ちで来られたら、とても「どうぞ」とは言えない状態なのが常。
しかし。
いつだったか、街でばったり彼女と会ったときに「時間があったら、お茶のまない?」と、お宅に伺ったのだけれど。
そんな抜き打ちでも、彼女のお宅は「おもてなし状態」で。
普段から、きちんと生活してるんだ・・・と、当たり前な事ができない私は、軽く落ち込んだ(いや、もっと深く落ち込むべき・笑)。
そう。
彼女のきちんとした生活と、ゆとりある人格が、この空間を生み出しているんだなぁ。

ということは・・・・。
私が生み出す空間って????
ああ。・・・・・・そっか。
京都に行った娘が絵馬に「昼寝がたくさんできますように」って書こうと思ったのは、そういうことか・・・・・。
そういえば、我が家に遊びに来る友人は、10人いたらほぼ10人、ごろんと寝転がる。
時には昼寝を始める人も。
寛いでもらえるのは、大歓迎!
だけど、普段はきちんとしている人も
「●ちゃんちに行くと、なんだかそうしたくなる」って言う人が多々。
・・・・・・私の「グウタラだらり菌」、感染力強いんだなぁ。
なんだか、抜け出せないトコロに自分を追い込んでしまった気分。

********

「きちんとした人になりたいなぁ」
綺麗に片付けられたお宅から帰るとき、必ずこう思う。
そして。
自宅のドアを開け、見たくない現実を見て。
「よおし!」と、何かに追い立てられたかのようにシャニムに片付け始める。
でも、ゴールを見ないまま「疲れちゃったなぁ。ちょっとひとやすみ」と、ソファーにごろん。
待ってました!とばかりに、キャンディさんがお腹の上を陣取る。
「ああ~キャンディちゃんはあったかいなぁ、あったかいねぇ~あ・・・・・った・・・・・」こうして睡魔に飲み込まれ、気づけば外は真っ暗。
あーーーあ。
昔「バカは死ななきゃ治らない」ってフレーズがあったけれど、グウタラも同じかしら?
いや!!死ぬ前に治さなきゃ!!!(汗)
(・・・・・って、いつも言ってるような気が・滝汗)

**********

チエコさんのお宅。
素晴らしい調度品も優美な空間を作り出しているのだけれど、
更にその空間に彩りを与えてくれるモノが、お部屋のそこかしこに。
彼女のお母様のハンドメイドのステンドグラス。
それはそれは、うっとりと、ため息が出るほど素敵なのです。

b0102023_1923651.jpg


b0102023_1931430.jpg


b0102023_1935197.jpg



ステンドグラスに魅せられて30年だそう。
↑は、チエコさん宅にある作品の、ほんの一部。
近いうちに、チエコさんのお母様の工房で、作品を見せていただく予定。
とても楽しみ!!

************

お宅全体が、あたかもギャラリーのような環境で育つ娘さんのMちゃんは、きちんとしたお嬢さん。
母が作る環境って、大切ね。
ああ・・・だんだん娘も夫も不憫になってきた。
こんな母さん・妻を許して(涙)。


明日は、すこ~し頑張ってお片づけに励もうと、心に決めたグウタラ母なのでした。
[PR]
by candy-k1 | 2007-11-06 19:28 | くらし
娘が幼稚園やら学校やらに行き始めると、園や学校から様々なお手紙が娘を介して渡される。
そうしたお手紙を、読んでいるつもりが、きちんと読めていない事がこれまでもしばしば。
友人たちと、手渡されたお手紙についての話題になり、
私が「あれって、こういうことでいいのよね?」と、自分が理解した(つもりの)話をしだすと
「ち、違うわよーーー!!カクカクシカジカ、こいうことよーーーー」と説明され、
そこで、「はっ。。。。。あたしってば、また勘違いヤロウだったじゃない」と、気付く。
その都度、呆れもせずに丁寧に説明をしてくれる友人に感謝しつつ、
「え!?じゃあ、イツイツまでに提出しなきゃ(または)作らなきゃってことなのね・・・・・」
と焦り、いやな汗をかくこと、多々。

遠い昔、仕事をしている頃も、様々な失敗はしたけれど。
仕事で失敗をやらかしても、自分が恥をかけばいい話。
しかし、これが学校関連の事となると、恥をかくのは娘。
それは避けたい、だからこそ気をつけているつもりだが、元来のオマヌケの私は、やっぱりとんでもない勘違いをしてしまう。

全く知り合いのいない状況でスタートした、娘の中学校生活。
コレまで以上にたくさんいただく文書、お手紙を熟読し、漏れのないように、今までの失敗を繰り返さないように、かなり気をつけていたつもりだった。
それでも。
また、やってしまった。

****************

娘の入学と同時に、学校内の、とあるボランティア作業に参加するようになってから、作業を通じてお話をする機会も増えて、ここ最近、学年を超えたお母さんたちと、気軽にお話ができる環境ができつつある。
先日も、作業をしながら、手と同時に口も動かし。
話題は来月に控えている文化祭、バザーについて。
先月、バザーについてのお手紙を学校からいただいて、熟読した・・・つもりだった私。
「献品って、お菓子でいいのよね~楽でいいわよね~」と、私。
『・・・・・違うわよっ!!お菓子は、子どもよっ』と、
・・・・・・え?そうなの?
「父兄は違うの?何するの?」ちょっと嫌な汗をかく、私。
『手作り品の献品よ~』
・・・・・げっ。マジっすか(心の叫び。まだ、マジっすかといえるほど、自分を全部出せていない・笑)
「みんな、もう作ったの?」かなり嫌な汗をかき始める、私。
『私はね、ビーズ』 『私はサシェを』 『私はキャンドルホルダー』 『私はオーナメント』
えとせとら、えとせとら。

しぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(心の雄叫び)。
「も、もう、ちゃんと用意してるんだね」嫌な汗が、滝のように流れ始める、私。

「提出日って、来週よね・・・・・・・・。夜なべします(涙)。教えてくれてありがとう。娘に恥をかかせるところだったわ」と言いつつも、何を作ればいいのやらが、頭の中に渦巻く。

作業が終わって、お茶とお菓子で歓談。
やはり話題はバザーに移行。
ある方が「こんなの作ってみたんだけれど」と、出来上がった献品用の作品を見せて下る。
作品は、ドライの木の実やスパイスをふんだんに使った、とってもシックで上品に仕上がった、キャンドルホルダー。
・・・・・・・プロ並みだよ(汗)。素敵すぎだよ(汗)。
こんなの見ちゃった後で、私、何を作ればいいやら。下手なモノは出せないじゃん(汗)。
ああーーーどうしようーーーーー益々わからなくなっちゃった(涙)。


***********
手芸の得意なニードルの先生Yさんに、私でも作れそうな簡単なナニカがある?と、知恵を貸していただこうと、連絡。
翌日、Yさんは「ねえ●ちゃん、もう時間ないんでしょ?これ、持って行ったらいいわよ」と、Yさんが作ってあったピンクッションを、袋にたくさん入れて持ってきてくれた。
小さなピンクッションでも、どれだけの時間がかかって、どれだけの費用がかかるか、ニードルを始めたばかりの私にも、わかる。
12月に、もう一度個展を開く予定でいるYさん。
そんな時なのに、私に作品を譲ってくれるというの?
差し出してくれたYさんの気持ちが、すごく、すごくうれしかった。
でも、やっぱり譲っていただくのは、とってもとっても(いや、本当にセンスが良い上に、プロの作品でし上がりも素敵。魅力的だけれど)出来ることじゃない。
やっぱり、私が出来る範囲でやらなきゃ。
しかし。
私が出来るのって、何だろう(汗)。

とりあえずユザワヤに行く。
各コーナーを悩みながら行ったりきたり。かなり怪しい客だったに違いない。
最終的に作るモノを決め、最後までうーんうーん言いながら、材料を選ぶ。
家に帰って、とりあえず、作りました。
b0102023_1646199.jpg

b0102023_16463070.jpg


*********
・・・・・・・・雑だ(汗)。
間違いなく「やっつけ仕事」だよなぁ(汗)。
売れ残ったらイヤだなぁ。バザーの会場に行くの、怖いなぁ。
帰宅した夫にそう言うと
「売れ残ってたら、オレが買ってあげるよ」
・・・・・・ありがとう。
でも。
うれしいけど、家族に買ってもらうのって、なんだか寂しい。
(はっ・・・まさか・・・・それで、私の事も嫁にしてくれたのかしら(笑))。


オマヌケは治らないかもだけど。
でも来年は、もう少し早くから、とりかかろう。
そして、ちゃんとお手紙を熟読しなきゃ。
加えると、お手紙を紛失しないようにしなきゃ(←紛失したので、詳細を教えてもらった・ここでも迷惑を被った友人が一人・汗)。

************
本当に、小さなことから大きなことまで。
周りの人々に支えられ、許していただいて、私の生活は成り立っているのだなぁと。
今回の事にしても、完全に「やってしまった」になる手前で、軌道修正できていることに、本当に感謝、多謝!!なのだ。
周囲の人々のありがたさを、またまた痛感したのでした。


・・・・・・下手なモノだけど、出しちゃいます。(ブーメランのように戻ってくる可能性大だけど・笑)
[PR]
by candy-k1 | 2007-10-19 17:21 | くらし

秋、本番の前に。

寝不足が続いていたからか・・・・・。

「午前中運動したほうが脂肪燃焼に効果があるらしい」と聞いて、張り切って午前中にターボをし、たっぷり汗をかいた対処もろくにせず、その後、ららら~んと、映画を見に行ったからなのか・・・・・。

夕方、風が冷たくなったにもかかわらず、ちょいと薄着でビールを飲みながら地元のお祭りに行き、あげく暴飲暴食をしたからなのか・・・・・。
b0102023_1944577.jpg



久しぶりに風邪をひいてしまった。
風邪といっても、高熱が出るわけでもなく、ただただ微熱が続く日々。
高熱もつらいが、熱が体にこもって発散しない微熱も、ただただダルイ。
ダルくても、それでもなんとなく動けてしまうから、動いてしまうから、治りが悪い。

しかし。
これくらいの風邪で医者に行きたくない。
もちろん、お医者さんに行けば、症状に合うお薬を処方してもらえるのはわかっているのだが、
待合室で待っている間に、余計に具合が悪くなりそうで、イヤなのだ。
だから、今回も免疫力を高めるといわれる「プロポリス」と、市販の薬を飲んで乗り切ろうと思っていたのだが、効かない。
話す声も、電話をかけてきた母に「あ・・・れ?●●さんのお宅ですよね?やだ~何その声!違う家にかけちゃったのかと思ったぁ」と、言われるくらい男らしい声になり、鼻もつまって、頭がぼーーーー。
寝入りばなの咳も始まって。
むぅ。
これはマズイ。
頼りにしている薬局へ行く。
滋養強壮剤、その名も「若甦」と書いて「じゃっこう」(すごいネーミングでしょ?・笑)を、求めに。
コレ、数年前からの我が家のお助け品。
去年の娘の受験は、コレとプロポリスで乗り切ったといっても過言ではないくらい。

「これ、くださいな」
と、私が手にした若甦を見た薬局のおばちゃん、「どうした?風邪、ひいたか?今お湯割りを作ってあげるから、この場で飲んでいきな」
おお、ありがたい。その場でお湯割りを飲む。
「冷たいモノばっか、飲んでちゃだめだよっ。温かい飲み物を飲みなさい」
と、薬局のおばちゃんにたしなめられる。
はい。そのように、いたします。
若甦をしこたま買い込み、家でもお湯割りにして、飲む。
食事も体を温めるメニューに変更し、おばちゃんのお言いつけ通り温かい飲み物を飲む。
どこにも出かけなくて良い日ができたので、
まるまる一日、ひたすら寝続けたら、体がすっきり。
ようやく今週になって、オカマ声からも開放された。
だらだらと、先週1週間。
そんな調子で、しゃっきりしない毎日を過ごしておりました。

治りが遅くなってきた感じがするなぁ。
年のせいか(汗)。

************
私が風邪をひくと、一番迷惑をこうむるのが、キャンディさんに違いない。
娘も大きくなったし、我が家の人間は、とりあえず私が手をかけなくても、お腹がすけば、そこらにあるものを食べるだろうし、外に行きたければ、一人で外にも出るだろうし。
でも、キャンディさんは、私が手をかけてあげなければ、生きていけないんだなぁって、しみじみ思ってしまった。

私が具合が悪いのを知ってか知らずか。
「お散歩、行きたい!!行きたい!!」と、わがままは言わない。
寝る私に「あっためてあげるね」とばかりに、ぴとっとくっついてくるキャンディさんは、とてつもなくいじらしい(すみません。親バカです)。

***********

吹く風も、日に日に冷たさを増してきて。
秋、本番。
風邪なんてひいている場合じゃないですな。
私の好きな季節。
存分に楽しまなきゃ♪
[PR]
by candy-k1 | 2007-10-15 20:25 | くらし
予定では、夏休みに、がっつり作業は進んでいるはずだった。
・・・だったんです。
しかし。
この日以降、夏休みの間、一針も進めることなく(汗)、時は9月。
Yさんのご指導の刺繍の時間を迎えることに。

「●ちゃん(私のこと)、どこまで進んだぁ?」にこやかに尋ねるYさんに、
おずおずと刺繍の盤を差し出し「へ・・・・へへへへ」と、へらへらと笑ってごまかす、私。
「いいのよ~ゆっくりでいいのよ~」と、Yさん。
その優しさに、甘えちゃってるのよね。ご、ごめんねぇ~。

元々手の遅い私の手元は、以前よりもすっかり鈍っていて、針を進めるスピードも、他の友人たちより遥かに遅く。
しかも。
どうにも力があり余っているのか、糸の締め具合がキツイらしい。
「もう少し余韻を持たせて糸を引かないと、ニードルの持つやわらかいふんわりした感じが出ないので、気をつけてやってみてね」
は~い♪
・・・・・力持ちの自分がうらめしい。

更には。
刺繍の色目の図案通りに、針を進めていないことも発覚。
発見したのは、もちろん先生のYさん。
「ありゃ~ほんと?」と言いつつ、心の中で「ま、地が埋まればいいね。違う糸で埋めればいいか」とつぶやく、大雑把な私。

おしゃべりをしつつも針を進めていくと、夏休み中は調子がでなかった私の手も、すいすいと動くようになってくるじゃあないですか♪
むふ♪楽しくなってきちゃった!

こうなると、止まらなくなる、単純な私。
帰宅した後も、空いた時間を見つけると、いそいそと刺繍を取り出し、刺す、刺す、刺す。
針を進めることだけに集中できる感じがたまらなくいい。
一目一目地道に刺した糸が、形を成してくると、更に気持ちは高揚し、更に刺す。
「今日はここまで」と、折り合いをつけるのが惜しいくらいに。
それでも、もういい加減にと針を置くと、あれ。あれれれ。
目はチカチカ、肩はコリコリ、背中はガチガチ、腰はミシミシ。
とんだおまけが付いて来る。
もうこうなると、パソコンを開く気力もなくなってしまっていた、というわけです。
ん?私、何を弁解してるんだか(笑)。

これだけ力説したなら、それはそれは刺繍もさぞかしはかどったでしょう?と思われるかもしれないですが、そこはやはり私。
手は遅く、進んだのは、たったのこれだけだったりするのですが(汗)。
b0102023_1562367.jpg


それでも、なんとなくゴールが見えてきたようで、うれしかったりするのです。
しかし。
ところどころ刺繍糸の配置がお手本とは違ってしまい(それに気づいても、前述の通り、ま、地が見えてなければいいか♪で、ゴリ押し・汗)、かなりオリジナリティ溢れる図案になってしまっているのは、否めません。
昨日、フラワーアレンジの時間に、私と入れ違いにお稽古に来たYさんにその事を告げると
「もう、そうなるだろうなぁ~ってわかってたよ(笑)。前回の刺繍のときに、目が違うって事に気づいても、ま、いいかって顔してたから(笑)。性格的にそれではすっきりしないって人もいるんだけど、あなた、ぜんぜん気にしてなかったから、大丈夫だなぁって思ってたの。それで、そのまま進めていいのよ♪」
・・・・・・・・全部、お見通しだったのか(笑)。


************
これが仕上がったら、この次は、クリスマスに向けて刺繍を始める予定。
早いとこキャバリアちゃんを仕上げようと、鼻息荒くしてます(笑)。
[PR]
by candy-k1 | 2007-09-26 18:52 | くらし

道のり、遠し。

恥ずかしながら、告白。
ここ1ヶ月半。
私の朝は、計測から始まる。
娘が夏休みの今。
夫が会社に行き、娘を起こすまでの時間にこっそり、ひっそりと、ソレは行われる。

あれから、ターボ購入と同時におまけに付いてきたメジャーで、毎朝、ウエストやら、ふくらはぎやらを、チマチマと計測しているのだ。
自分を客観視した瞬間、かなり恥ずかしい(笑)。


キャンプに行っている間の1週間を除いてほぼ毎日、
ターボのエクササイズ、続いています。
継続できていることに、自分が一番びっくり。

キャンプに行っている間の1週間、やっぱりテント生活ではターボはナカナカできず。
筋力が落ちてしまっているんじゃないか、太ってしまったんじゃないか、と心配していた。
帰宅後。
太りはしなかったものの、やっぱり1週間何にもできなかった分、筋力は下降の一途を辿っていたらしく、帰宅した翌日から再開したターボで、キャンプに行く前にできていた腹筋ができなかったりで、がっくり。

「1週間で、これだけ筋力が落ちちゃうんだ」と、実感した分、こりゃ1日でも怠けちゃいられない!と鼻息が更に荒くなったとでもいいましょうか。
更には、自己流エクササイズ&最近ビリーを始めたという友人の「腹が縦に割れてきた」という報告を聞き、こりゃうかうかしてたらイカン!と、喝が入った状態とでもいいましょうか。
とにかく、今、ターボが楽しくて楽しくて。
中でも今は「ターボ・スカルプト」という、全身を使った筋肉集中プログラムにハマッテしまって、ダンベル持って、どぼどぼと汗を流す毎日。

とはいえ、始めて2週間で大幅にウエストのサイズが減った以降、大幅なサイズダウンもなく(汗)。
どちらかというと、筋肉が育ってきたという感じ。
ふくらはぎなんて、子持ちししゃも街道まっしぐら。
本物の子持ちししゃもだったら、卵がたくさん入った超高級品並み。
元々恐ろしく太いふくらはぎだが、(太い改め)ぶっといまんま「卵の部分」が育成をはじめ、一時は、ターボを始める前より太くなってしまい、いやな汗をかく。
ところがある日の計測で、ターボを始めた時から1センチ減っていることに気づく。
一時期大きく育成した時からみたら2センチ減。
あまりのうれしさに、何度も計測する。
何が起きたのかはさっぱりわからないけれど、減ったからいいかと、ニンマリ。
しかし、元々が太いので「細くなったね」とは、いまだ言われず。

上腕二等筋も、もりもりしてきた。
でもその裏側の、いわゆる「振袖」部分が、まだまだ素敵な具合に「大振り袖」(汗)。
ウエストも、然り。ナカナカ減らない。
むうーーーー。
道は長いなぁ。遠いなぁ。

けれど。
地道に肉体改造に励む所存でございます。
本格的に秋が深まる頃誕生日を迎え「十の位」が増える私。
マッチョな●0代も悪くない、かな(笑)。
あ、その前に、チョコレートとお菓子、辞めないとね(汗)。
[PR]
by candy-k1 | 2007-08-30 18:28 | くらし