愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:できごと( 176 )

タンジュン

歯医者が苦手だ。
歯医者に限らず、医者はあまり得意ではないが
歯医者は特にだ。
音と独特な匂い、雰囲気全てが、気分がLowになる。

ただでさえ苦手なのに、
今回、担当医の態度が横柄で猛烈に不快な気分にさせられる。
もう治療しないで帰っちゃおうかなと思うくらい、気分が悪くなった。

「ありがとうございました」と一応言い、待合室に誰も居ないことを確認し、
すばやく受付に背を向けて、鬼の形相をしつつ中指を立てる。

ああーーくさくさする。
気分転換しなきゃ!!
嫌な気分の時は、ここに限る!!!

まっすぐそのままCDショップへ。

「Ladise and Gentlmen」のDVD買わなきゃ♪
と、目に入ったのが「11月23日発売 ブルーレイエディション」の文字。
え?何が違うの?
お店の方に尋ねると「エグザイル~との2枚組みのブルーレイなんですよ。(5400円)
更にこちらは2枚組+得点映像のDVDも入った3枚組みです~(9000円)」とのこと。
えーーーーーーーーーーーー!!!!!!
そんなぁーーーーーーーーー!!!!!!
エグザイル~一緒にするなら、単品のDVD買わなかったのに・・・・・・。
「あ、やっぱりお持ちですか?」
ええ、お持ちです。


買うか、買うまいか。。。。。
買うか、買うまいか。。。。。。。。。

頭をむしゃむしゃしながら悩みながらの、その他のもろもろ物色。
おぉぉぉぉぉーーー
我が青春時代の愛しの君、イアン・マッカロク率いるバニーメンだ♪
次の瞬間、えーーーー!!!
5枚組みでこの値段!!??
全盛期バニーメンのアルバムが一挙に揃うなんて♪
b0102023_13442798.jpg

もう、ジャケット見てるだけで、懐かしくて涙が出そうだよ。
買います!買わなきゃ!買わねば!!!

お!こっちも安いぞ!で、買っちゃった。
b0102023_13455628.jpg

衝動的に聞きたくなる。このジャケットも懐かしい。
これは名盤だと思う。

他にも欲しいモノあったんだけれど、今日は我慢の子。

で。
ストーンズはどうしたか?
「エグザイル~」が2枚あっても仕方ないなぁ~と思いつつ、DVDをレジに持っていった。
お店のお兄さんは、いろいろ物色しつつも、うろうろ悩んでいる私を観察してたのか
「お客様には、こちらはいかがでしょうね?
輸入版ですが特典がつくんです。日本版より正直いいと思うんですよ」

と、パソコン画面を見せてくれる。
え??こ、こ、こりは・・・・!!!!
「でしょう?これはある意味、ヤバイっすよね。」
ええ!!ええ!!ヤバイっす!!!ヤバすぎです!!!

ということで、DVDはやめて輸入版ブルーレイを予約してしまった。
聞けばおにいさいんも、先月23日の武道館にも行ったらしい。
「映画、良かったよね~」と話がはずむ。

今回のDVD購入者の特典としてつくポスター、
本来ならDVDを買わない私はいただけないが
「武道館でもらったのとはちょっと違うデザインなのであげます」と
ポスターだけ下さった♪
わぁ~い♪ありがとう~♪らんらんらん♪
確かに違うアングルだった。
うっすら微笑むビル・ワイマンがいた(爆)


早速、ソニックユースを聞く。
アバンギャルドに病んでるなぁ~(笑)
今はバニーメン。
ああ、懐かしい。
というわけで、
歯医者での嫌な気分は、どこかへ飛ぶ。
いや、正確には、CDショップでかかっていたストーンズを聞いて
試聴したストーンサワーですっかり、いやいやモードは消え去っていた。


音楽って、スゴイ。
スゴイよ。

*************

b0102023_14492.jpg


                    ほんとうに
                     ママは
            かんたんに できている と おもいます
[PR]
by candy-k1 | 2010-10-16 14:05 | できごと

秋の旅


「終わらない夏」的な暑さで、人々をげんなりさせていたというのに
きっぱりと夏をおしのけて、一気にやってきた秋。
ああそうそう、この空。
天高く 私はますます 肥ゆる秋 ・・・・・おそまつ。

b0102023_2343171.jpg


毎年、娘の秋休みに合わせて、旅を計画するのが好きな夫は
夏のキャンプが終わった段階で、SGのコテージで宿泊を計画したも
結婚式(!)が予定されているらしく、コテージは満杯。
涙をのんで、今年は追分にあるコンドミニアムに宿泊。
施設は充実しているのにお値段は申し訳ないくらいに、リーズナブル。
我が家にいるのと変わらぬ快適さで、のんびり過ごせました。

***********

おいしいお食事をいただいたり。
b0102023_023520.jpg


「まま まだおしょくじ おわらないの?」と、ミルヒにいわれたり。
b0102023_04465.jpg



もちろん、大好きなプリンをいただくのも忘れません。
b0102023_05748.jpg



おいしい空気を吸って、そびえる山を見て、さわさわ葉が揺れる音を聞いて、心を洗って。
更にはおいしいものをいただいて、温泉に入って、
あたたかい部屋でぬくぬくしながら、みんなで笑って。
エネルギーチャージしてまいりました。



**********

                        きけんでした
                  なにが きけん かというと
            あの ころころの ついた はこが でてきたからです


                また おいていかれるのは いやっ

                さいしょは はこの かどを がじがじ 
                     かんでみました 
                   でも これは よくない
                   あたちは かんがえまちた
                かんがえて あたちの だいすきな 
              はねのついた おもちゃを いれてみました

b0102023_0155260.jpg


                 しんぱい なので みはりです
b0102023_017957.jpg


                 おもちゃは だされました
                        でも
             つれていって もらえたので まんぞくです
[PR]
by candy-k1 | 2010-10-02 00:19 | できごと

こたえあわせ

                       ↓の ばしょは
                      「むぎちゃんち」です

b0102023_21522793.jpg





                 むぎちゃんち が かふぇ に なるまえから
                        あーちゃんは 
                   「むぎちゃんち」 と いっていたので
                       あたちの いえ では 
            「むぎこや」さんの ことを 「むぎちゃんち」と よびます


                       むぎちゃんち は 
                    もう あき が きていました 

b0102023_21583878.jpg
  


                      *************

                   むぎちゃんち に ばいばいして
                     おとまり も しました 
 
                         
                       くわしい ことは
                         まま が 
                 おはなし するかも しれません


                      


                        じゃあ またね



b0102023_223066.jpg
                
[PR]
by candy-k1 | 2010-09-29 22:09 | できごと

あたらしい ふく

火葬場で手渡された白地に銀糸の菊のような刺繍が施された紙でできた箱の中には
キャンディちゃんのお骨が入った小さな壺が入っていた。
布で出来ていると思っていたが、紙でできていることに、ショックを受ける。
壺と紙の箱があたって、カタカタいう。
キャンディの魂がそこにないことは十分にわかっているつもりだが
それでもなんだか、カタカタいう紙の箱に入れられているのが
とてもかわいそうでたまらない。

我が家は、キャンディのお骨はしばらくの間はリビングに置くことに決めた。
「それはよくないよ」と言う人もあるだろうが、そうすることに決めた。
火葬場でつけられた骨壷カバーは、なんだか気に入らなかった。
お仕着せのカバーなんかじゃなく、キャンディちゃんらしいモノをまとっていてほしい。

カタカタいう骨壷を大事に抱えて帰ってくる車中、
bosabosaにお願いしてみよう、と思ったのだ。



気持ちが落ち着いた数日後、bosabosaに打診すると
「もちろんOK」と即答。
お願いする前から、私の中ではイメージが完全に出来上がってて、
うまくbosabosaに、伝わるといいなぁと思っていたのだが、
私がイメージを伝える前に言った、電話口のbosabosaの言葉に鳥肌が立つ。
「イメージとしてはね、ムーミンの家っていうか、ムーミンなんだ」
だって、私もまったく同じことをイメージしていたのだもの。
イメージ画もFAXしてくれて、まさに私の頭の中にある形と同じ。
bosabosaとは、四半世紀以上の友人だけど、
やっぱりそれ以上のナニカ通じるものがあるんだなぁと、確信。
サイズと希望の色だけ伝えて、あとは安心して、彼女にお任せさせてもらった。

*********
「できたよ」
8月初旬、一緒に行った夏フェスに、出来上がったそれを持ってきてくれた。

それは完璧に、私のイメージしたものが形になったものだった。
底に円の弧に合わせてジッパーがついていて、とても丁寧な作りで、涙が出そうだった。
サイズも、余分な遊びもなく、それでいてきつ過ぎて入らないなんてことはない。
驚くほどぴったり。
色もあたたかみがあって、キャンディちゃんも喜んでいるに違いない。

b0102023_20355413.jpg

         ↑のネームプレートは、小学校低学年だった頃の娘が作ったもの。
           ずっとキャンディちゃんのハウスの入口にかけてありました。



*********

何度も何度も、作り直しして、完成させてくれました。
赤ちゃんだったキャンディが我が家に来て、
真っ先に飛んできたのはbosabosa夫妻だったね。
いっぱい可愛がってもらったうえに、
今もこうしてステキなお洋服作ってくれて。
本当にありがとう。

**********

あ!!!!!
末筆になってしまいましたが。
bosabosaちゃんの作品は、骨壷カバーを専門に作っているわけではありません(笑)。
かわいい作品がいろいろあります♪
フェルトだけでなく、編み物の作品もこれまた逸品!
昔からセンスがいいのです。
大切な友人であり、自慢の友人です♪(ほほほ)

***********




b0102023_21222130.jpg

                       ねえ ママ  
                        あたちも
                  じまんの こ でしょ?でしょ?
[PR]
by candy-k1 | 2010-09-09 21:23 | できごと

二人旅 その2

【その1は↓からどうぞ。】



2日目。
夕方の便で帰らなければならないので、それまでの時間、楽しまなきゃ!

というわけで。
朝食を摂って、JR広島駅へ。
ここから山陽本線に乗って、宮島口へ。
ここからは、フェリーに乗って、目指すは、宮島。

デッキで風を受ける。
気持ちがいい。


*********

つづき、読んでいただけます?
[PR]
by candy-k1 | 2010-09-02 23:08 | できごと

二人旅 その1

「ひょんな事」と言ったら、娘は怒るかもしれない。
けれど、「ひょんな事」で実現した、娘との二人旅。

b0102023_1950354.jpg


例によって長いですが・・・つづきを よんでいただけます?
[PR]
by candy-k1 | 2010-09-02 21:09 | できごと
1日目は↓からどうぞ。

【6日目】

今日は撤収の日。
その前に、朝ごはんを食べて、森を散歩。
b0102023_21455631.jpg

                     え?はしっていいの?
b0102023_21473075.jpg

                      わーい わーい

*****
チェックアウトが12時になったので、のーんびり撤収。
でも、やっぱり撤収は、好きじゃない。
ああ、帰らなきゃいけないんだなって、寂しい気持ちになるんだな。

b0102023_21561386.jpg

                       あたちは
                 こうして みんなのおしごとが
                  おわるのを まっています


************
SGさん、今年もありがとう。
快適に過ごせました。
余談ですが、今年もこちらのご家族と、再会。
ええ、今年も静寂を突き破っていらっしゃいました。

他にも「去年もお会いしましたよね」と声をかけていただいたり(この方は、キャンディのことも覚えていてくださって、うれしかった。感激した)、ここ数年SGでお会いしてるRちゃんとも再会したり。

キャンプ場って、普通の旅行では味わえないコトがたくさんあるなって、来るたびに思う。
何にもしないことの贅沢だったり、
そこにある自然をただ感じることだったり、その力を見せ付けられたり。
厚い壁に覆われた建物にいては感じ得ないことが、たくさん。
そして、人とのふれあいも、しかりかもしれない。

そもそも、見ず知らずの人と、ある程度の距離は保たれているものの
生活、丸見えといえば丸見えだし、
鍵もついてない部屋(しかも、布・笑)で寝泊りしてるわけで。
改めて考えたら、スゴイ話だ。
だからこそ、互いに守らなければいけない垣根もあるのだが。


「また、来年もキャンプしたい」と、娘。
この言葉、夫にとってはこのうえなくうれしい言葉だったよう。
いつまで娘が一緒にキャンプに行ってくれるのか。。。。。
夫にとってはひやひやものらしい(笑)。

というわけで、きっと来年もSGにいることでしょう。

********

前日買い物の帰りに立ち寄った美土里の洞さんで取り置いていただいていた「壺人」をお迎えに。
「これ、おすそわけ」と朝取りのとうきびをいただいた(翌日、いただいたら、甘くておいしかった!)。
ごちそうさまでした。
シーズナルな我が家を、毎年暖かく迎えてくださってありがとう。
また、伺います♪

お次は、ありんこ菓子店さんへ。
「お菓子残ってなかったらどうしよう・・・・」と、ちょっと心配しながら扉を開けると、笑顔のありさんが。
「今日、来るような気がしてたんだ」と、ありさん。
ふふ、ご名答!うれしいな。
ここも、私の大好きな場所。ずっと変わらないでいてほしい、大切な場所。
ありさんとのおしゃべりも楽しかった♪
また、行くね♪

*********
有料道路を通って、六里ヶ原休憩所で。(娘・撮影)
b0102023_2252252.jpg


さあ、これから関越道へと向かうのだ。
途中、私は睡魔に襲われたので、混み具合がわからずだったが
想像していたより、あまり渋滞していなかったらしい。
そこで「私、寄ってみたいPAがあるんだけど」
それは、寄居 星の王子様PA


b0102023_2352070.jpg

b0102023_2333074.jpg
b0102023_2335590.jpg
b0102023_2344419.jpg

b0102023_236571.jpg
b0102023_2362299.jpg

                                         <娘・撮影>
異国情緒たっぷりで、不思議な感じ。
ここがPAだということも、忘れてしまう。
旅の途中で、また旅したような、特した気分。

b0102023_23104041.jpg

                                         <娘・撮影>
さあ。
もうすぐ日が暮れます。
我が家まで、あともう一息。
楽しかった夏の旅も、もう終わり。
また、来年も、みんなで元気に楽しく、旅することができますように。


************

b0102023_23135912.jpg

                 おそとのおうちも いいですが
                 やっぱり ほんとのおうちは 
                     ほっこりします
                       ぬくぬく

                 ママの だらだらな おはなしを
                   さいごまで よんでくれて
                    ありがとうございました

                        お わ り
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 23:22 | できごと
1日目は↓からどうぞ。

【5日目】
今日は、キャンプ場で過ごす最終日。
今年は、あちこち出かけることが多くなって、
まるまる1日キャンプ場でのんびり過ごすことが
できなかった。
何も用事を入れないでのんびり過ごすのが、最高に贅沢なのに!
あああああああああ、なんてこった。
やっぱりアウトレットは帰り際に行かないとダメだな。
時間がもったいない(一人反省会)。

というわけで、最終日のこの日は、夜のお楽しみもあることだし、
最低限の外出にとどめ、キャンプ場ですごすことに。

**********


娘とバドミントン対決!思いのほか、白熱。
しかし。
この試合に混ざりたい方が、もうお一方。

それは。。。。
b0102023_1621915.jpg

                      あたち。

蝶や鳥、風舞う枯葉なんてのを追いかけるのが大好きなミルヒ。
ポーンポーンと行ったり来たりするシャトルは、ミルヒの野生を刺激したらしい。
追いかけたくてうずうずしているのが、見てとれる。

「じゃあ、ミミたん、追いかけてみようか?ほれ」
ボール投げの要領で、打ったシャトルを追いかける。
b0102023_19153959.jpg

             わーいわーい あたちは あれを とるのよ。
                パパ もっとはやく はしって!

b0102023_19182458.jpg

                     みてみて!  
                       ほら!
                    とってきたわ!
               パパ もっとはやく はしって!


てな具合で、これでスイッチが入ったミルヒ。
走る、走る、走る。
b0102023_2003696.jpg

ミルヒ。
ミミたんが楽しそうだと、ママたちも、楽しいよ。

この日のお昼ご飯は。
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 20:46 | できごと
1日目は↓から。

【4日目】

朝食を食べ終えて、買出しを終えてから、
2日目にであったみりんちゃんのパパママのお店へ、ランチをいただきに伺った。

追分にあるウィステリア軽井沢、カフェギャラリーとコテージ。
シンプルモダンな店内には、トールペイントの先生でもいらっしゃる奥様の作品が。
2階のギャラリーにも、奥様の繊細で暖かみのある作品がずらり。

こちらは朝食とランチで、1日の営業は終わり。
私達は、奥様お手製の和食膳をオーダー。
b0102023_1505396.jpg

おからのコロッケ、和風ロールキャベツ、
どちらもホッとするお味で、おいしくいただきました。

みりんちゃんとキャンディが同じ犬舎出身ということで話が盛り上がり
お邪魔することになったわけだけれど、
互いのことをあれこれお話しているうちに、あら、びっくりなお話に。

娘が通う学校のの最寄り駅を利用する学校は、他にもいくつかあるのだが、
こちらのお嬢さんも娘と同じ駅を利用するご近所の学校に通ってらしたこと。
更には、ご主人の勤務地は、娘の学校の近く!
時々娘が利用する駅も利用しているとのこと。
娘が「どこかで会ったことがあるような気がする」というのは、
駅でお見かけしていたのかもしれません。
そのほかにも、不思議な共通項が、ポロポロでてきて、互いにびっくり。

キャンディが惹き合わせてくれたのかもしれません。

******
「近くにね、すごくステキな散歩道があるの。時間があるなら、車をうちに置いて、散歩してきたらいいわよ」
と、奥様が勧めてくださったので、お言葉に甘えて、散歩にでる。

b0102023_15253275.jpg


b0102023_15261719.jpg


川面に沿う一本道は、のどかそのもの。
軽井沢特有の湿気もこの地域は少なく、とても過ごしやすいとのこと。
あまり追分の辺りには足を運んだことがなかったのだが、
あちこちに良さそうなカフェやギャラリーもあったりで、
またゆっくり遊びに来て見たいね、と全員一致の意見。
結局1時間くらい、のんびりお散歩させてもらっちゃいました。

「今度は泊まりにいらっしゃいよ」と、みりんちゃんパパママ。
センス良くまとめられたコテージにも、今度は、是非!


*******

山に帰ってからは、食事の準備(この日はシチュー)をして、お風呂へ。
この日のお風呂もプレジデントリゾート。
ペルセウス流星群の観測を楽しみにしていたのに、
毎晩夜になると雲が厚かったり、雨が降ったりで結局見えずじまい。
ああ、残念。


b0102023_15361955.jpg

                  ふじゆうは ありますが
                 ぬののおうちの せいかつも
                   たのしくなってきました
                 みんな いっしょに いるのが
                     とても いいです


                        まだまだ
                         つづく
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 15:42 | できごと
1日目は↓から。

【3日目】

台風が通過するらしい。
雨風がどれくらい激しくなるか心配なところ。

雨水を誘導する堀をほっておくか、悩む。
去年SGで知り合った方とのお話では、
テントの中に浸水した所もあったと聞いていたのだ。

折りたたみのスコップを家にこともあろうか置いてきてしまったので、
朝一番で近くのスーパーに行ったものの、手に入ったのは園芸用の小さなシャベル。
無いよりいいか、で、2本購入。
しかし、予想に反して、雨はさほどひどくなる気配はない。

じゃあ、行っちゃおうか。
近くだし、雨ひどくなったら、すぐに戻れるし。
ってことで、おなじみ我が家の心のオアシス麦小舎さんへ。
いつもは週末のみのオープンだけれど、お盆の時期は、イレギュラーで平日もオープンするのだ。
この日は、イレギュラーオープンの初日。

b0102023_13212151.jpg

毎回、訪れる度に思うこと。
私は、ここが大好き!!

変わっていくものも沢山あるし、変わっていいこともたくさんある。
だけど、ここは、変わらないでありつづけてほしいな、と。
良い意味での頑固さを、貫き通してくれるだろう店主のお二人だから
私が言うまでも無く。
きっと、ここは、変わらない。
ずっと、穏やかなゆるりとした空間であり続けるでしょう。
ステキなことです。
F夫妻に感謝!出会えたことも、感謝!!



************

お食事も、変わらずにおいしい。

b0102023_13153199.jpg

b0102023_13171827.jpg

b0102023_1318154.jpg



え?何か足らないんじゃないって?
ふふ。頼まないわけがない。

b0102023_13201741.jpg

一口、口に含んでは、毎回同じ事を言っていると、夫に指摘された。
「おいちぃ~♪ ああ、バケツサイズが食べたいなぁ~」
もう、コレで作ってくださいと、バケツを預けておいたらどうだろうか?と、夫から提案された(笑)。



台風通過の影響か、この日はゆったりできてしまう状況で、
久しぶりにお店でF夫妻と、ゆっくり話もできて、楽しさ倍増。
その問題だった台風も、肩透かしな感じで、あれよあれよという間に陽射しも差してきて、
台風どこか行っちゃったみたい。。。。
(しかし、こんなノンキなことを言ってる場合じゃない時が迫っているとは
このときは思いもしなかったのでした)

b0102023_13363334.jpg

              あたちも まったり してしまいました


また、夜の宴、やりましょう。
今度は丁寧に鍋、作ります(笑)。

さて、その夜のこと。笑えないできごとのはじまり。
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 14:41 | できごと