愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お花と音楽と。そして、忘れちゃいけない日。

あじさいの花が好きだ。
丸みを帯びた葉の形も、日を追うごとに色づき、変化していくガクと花のその形も色も、文句なしに美しい。
雨粒を受け、活き活きと、しずしず佇む姿は、雨の日のうっとおしさをも和ませてくれる。

家でも育てたいと思い、夫の実家から株分けした鉢をもらったが、
うまく育たず、枯らしてしまった。
やっぱり鉢植えは、うまいこと育たないのか。それとも、私の育て方が悪いのか。
今年は、もう一度チャレンジしてみようかな。

******

CDを購入。
全てのCDは網羅してるし、買わなくてもいいか。
と、決めていたのに、やっぱり買ってしまった、これ。
b0102023_166533.jpg

レディオヘッドのベスト。
「お!これの次は、この曲で来るか♪」と、ベスト版はベスト版の良さが、きちんとあるもんなんだなぁ。
2枚組みのこのアルバム、お気に入りの曲ばかりが、ぎゅーっと凝縮されていて、こりゃたまらん。
「やっぱり11月の来日チケット、ゲットすれば良かったなぁ~」と、ちょっと後悔。


そして、もう一枚。
b0102023_16113529.jpg

ポール・ウエラーのニューアルバム「22 DREAMS」
21曲が収録されたこのアルバム、21曲、どれをとっても、ひとつとして同じ印象の曲がないのに、びっくり。
これまでのソロのスタイル、そしてスタカンを、ジャムを彷彿させるものから、ジャズ、ファンク、タンゴ等々、様々な顔を持つ楽曲が勢ぞろい。
各曲ごとに異なる雰囲気をもちつつ、それでいて、どれをとっても曲の芯に「ポール・ウエラー」の色を失わないのが、スゴイ。
「あーあ、すごい50歳だぜ」と、にんまり。
参加ミュージシャンも、豪華。オーシャン・カラーズ・シーンからスティーブ・クラドック、元ブラーのグレアム・コクソン、そして何と言っても、オアシスのノエル・ギャラガー。
ノエルが参加した「ECHO ROUND THE SUN」、めちゃカッコいい。

今月は21日にコールドプレイのアルバム発売も控えていて、うれしい悲鳴♪(もう予約済み・笑)。

******
映画の感想もアップしなきゃ、と思いつつ、全然できてない、この頃。
自分で忘れないために、ちょっとタイトルだけ、覚え書き。
「愛おしき隣人」「幸せになるために27のドレス」「アイム・ノット・ゼア」「JUNO」だけだった?
記憶が怪しい(汗)。

********




今日、6月9日は、私たちジョニーファンにとっては、忘れてはならない、大切な日。

そう。

今日は、我等がジョニーの45回目のお誕生日。
ジョニーがこの世にいてくれることに、同じ時代に生きることができたことを
心から感謝する日。

b0102023_16352789.jpg


いつもこんな風にポーズをとって、
私たちファンに対して「ありがとう」の気持ちを表してくれるけれど。
ジョニー。
あなたにこそ「ありがとう」を言いたい!!
謙虚で真摯な姿に、いつも感動を覚えさせてくれるだけでなく。
あなたのファンでい続けることを、誇りに思わせてくれる。


それでいて。
お姿も、パーフェクトに美しい。
それは、生まれ持って持ち合わせた美しさだけでなく
人生を重ねてきた中で、ジョニー自身が積み上げてきた、
人間としての心の美しさが、溢れ出ているに他ならないでしょう。
(えっと。猛烈に語ってますけど(笑)今日はめでたい日なので許してね~♪)

ジョニー。
45歳のお誕生日、おめでとう。
これからも、あなたの幸せがずっと続きますように。
[PR]
by candy-k1 | 2008-06-09 16:56 | 映画 音楽  本