愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

花と向き合う時間 9

久しぶりの更新です(汗)。
風邪をひいてしまい、臥せってました(映画の感想とか、忘れないうちに書かなきゃと思いつつ、そのまんま。ちょっと色あせてきて、焦ってます)。年々、治りも遅くなっているような・・・・。
寄る年波には勝てないを、地で行っているこのごろ。
ごほごほと咳をしている私を見て「うわ♪風邪ひくんだね~うわ♪咳してるぅ~」と、
それはそれは楽しそうに、一言のたまった後、
げらげら笑ってくれた友よ・・・・。
ええ。バ●でも、風邪はひくんですぜ(--;)

******
さて。
気を取り直して(笑)。

お花の時間です。

今日は、ぱぁ~っと明るくなるような、春らしい色使いのアレンジ。
恒例の作品のご紹介と参りましょう♪

***********



     ☆Mさん
b0102023_20381238.jpg


これ、店頭にあったら、思わず買っちゃうな~♪
清楚で可憐。Mさんのアレンジは、本当にいつも素敵で、勉強になります。


   ☆ニードル先生Yさん
b0102023_2043633.jpg


   ☆ともちゃん
b0102023_20433053.jpg



お二方のアレンジ。
足付きのデザート皿にそれぞれオアシスを置き、二段に重ね、アレンジを施したもの。
こんな方法もあるんだなぁと、感心。


   ☆わたし
b0102023_2049282.jpg


b0102023_20492436.jpg


飛ばしたチューリップが、室温の暖かさで「これでもかっ」ってくらい、開いてしまったけれど、
帰宅して、涼しいところに置いたら、少しずつ、花びらは、閉じていきました。
逆に、刺した時は蕾んでいた花びらが、少しずつ開いてきたものもあって。
開いたときの花の大きさも考えて、アレンジをしてあげないといけないなぁと。
アレンジを終えて、帰宅してからの花の様子を見て、そう思ったのでした。

と、同時に思い出した話が。
娘の学校のボランティアに参加している私。
活動の内容は、学校の庭木、花の手入れと植え替えなどなど。
もともと、土いじりの好きな私にとっては、楽しい作業なのです。
先日の作業では、このボランティアを立ち上げた諸先輩の方々も一緒に作業してくださったのですが、その時に伺った、先輩のお話に、はっとさせられたのでした。

「学校にいらしてくださった方々、先生方や生徒たちが、お花を見て、心を和ませてくださるために、美しく手入れをすることも、私たちの大切な仕事です。
ですが、何よりも大切なことは、植えた植物や花々が、大きく、美しく育ていかなければならないということなのです。せっかく植えても、育たないのでは、植えた花がかわいそうです。
そうならないために、どうすれば、この花が大きく育つか、美しい花を咲かせることができるのか。
見栄えを重視して、ぎゅうぎゅうに花を植えたのでは、根は張れない。
葉も風通しが悪くなり、重なり合う葉で、土に十分に水も届かない。
これでは、ダメなんです。
その時だけの美しさは、花のためにはならない。
その花が、その植物が、何を必要としているのか、大きく育つ環境を、充分に与えてあげられているのか。
花を植えるとき、どうかそれをどうか忘れないであげてくださいね」


アレンジと植え込みの、違いはあるかもしれないけれど。
それでも、そこにある「花の命」は変わらないもの。
アレンジに使う切花。
根から切り落とされても尚、美しく咲こうとする、その花の「生きよう」とする力には、驚かされる。
そして、ただただ、本当に美しい。
だからこそ、最大限に。
その花の持つ魅力を活かした、そんなアレンジができるようになりたいなぁ。
(修行せいっ!!!!って話ですな・汗)

******
先日の学校で。
大先輩のお話を伺いながら、感心すること、しきり。
しかし・・・・・・。
ああ。
子育ても、同じ・・・・ね。

ここに気付き、私が深く落ち込んだことは、言うまでもありません(滝汗)。


*******
さて。
またまた、気を取り直して(笑)。

●今日のアレンジ覚え書き

テーマ
【ミモザパーティ】

花材
●アネモネ(モナーク)
●チューリップ アプリコット
          パーコット
          オレンジプリンセス
●イキシア マキュラータ(オレンジの小さい花)
●スイセン
●ランキュラス
●ミモザ
●パンジー


花から、学ぶことは、たくさんあるなぁ。
そして、花が与えてくれるモノも、たくさんあるなぁ。
安らぎだったり、華やぎだったり、嬉しさだったり。
花って、すごい。
[PR]
by candy-k1 | 2008-02-26 22:06 | 刺繍・hana