愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

節分、翌朝の誓い

参った。
そんな予兆は、微塵もなかったのに。

月曜の朝一番で、ベランダを掃除していたら・・・・。
していただけなのに・・・・・。
ちりとりに、集めたごみを掃き入れ、よっこらと起き上がる瞬間、
閃光のように、腰から背中まで一気に抜け広がった痛みに、体が固まる。


「ああ・・・・・やっちゃった(汗)」

そう。
ぎっくり腰です(涙)。
しばし固まった後、這うようにして何とか家の中に到達。
「あーちゃん、起きてぇ~~~~~ママ、ぎっくり腰やっちゃったぁ」
の私の声に、いつもは寝起きの悪い娘も、飛び起きる。
幸い、娘は2月の頭から、入試試験で学校が休み。
あれやこれやの家事一切をまかせ(娘よ、ありがとう!!ズボンも穿かせてくれて、ありがとう・爆)、整体院へ行くことに。


前日、降りに降り積もった雪が凍結した路面に、戦々恐々。
自転車を杖代わりに転がしながら、牛歩にも似た歩幅を保ち、痛みに顔を歪ませながら、整体院へ。

日々、家族でお世話になっている整体院の先生、若いけれど凄腕♪
以前、自分でおパ●ツを上げられない(笑)くらいのぎっくり腰を発症した時も、2日で動けるようにしてくれた事もあって、絶大な信頼を置いているのだ。
猛烈な凄腕の先生に、早めに処置していただいたおかげで、ぎっくり腰2日目にして、こうしてパソコンに向かえるまでに、回復♪
しかし、長い間、椅子に座っているのは、まだまだ辛く。
完治するまでには、もう少し時間がかかりそう。
寝たきりの私に成り代わり、帰宅後、家事の一切合財や娘のバレエのお迎えをしてくれた夫にも多謝!!
すまんねぇ。本当に、みんな、すまんねぇ。

********

で。
何で朝からベランダを掃除していたかというと。

雪が降りに降った、3日の夜。
この日は、節分。
毎年、この日を楽しみにしているお方が、一人、いや、一匹。
そう。
キャンディさんです。

「鬼は~外」「福は~内」と豆を蒔くたびに、狂喜乱舞。
キャンディさんからしてみたら、天から食べ物が降ってくる至福の時。
豆が撒き散らかされたそばから、ふんがふんがと鼻をならし、吸い込むように豆を貪り食べる。
キャンディにとって「ふくはうち」の言葉の響きそのものが魅力的らしく、その響きが耳に届くなり、敏感に俊敏に反応し、必死の形相で豆を捜索する。
b0102023_1322637.jpg

          「え?ふくはうち??ふくはうちは、どこ??どこよ??」

そんなわけで。
3日の夜、家に撒かれた「福」を食べつくしたキャンディさんが翌朝狙うのは、「鬼は外」で撒かれた、ベランダの豆。
朝起きた瞬間から「ベランダに、出せーー出せーー」とうるさい。
仕方がないので、余った豆を数粒家の中に撒き、はふはふしている間のその隙に、私だけベランダにすちゃっと出て、ベランダの豆を履き集め・・・・・・・。
と、その時、昨日の悲劇が起こったわけです(涙)。
この痛み。
鬼の復讐か、はたまた外に撒かれた豆を食べられなかったキャンディさんの怨念か(笑)。
いやいや、どちらも違う。
これは・・・・・。
2ヶ月ターボをサボってしまった、自分へのしっぺ返し(涙)。

やっぱり体を鍛え直さないと!!!
腰が治ったら、今度こそちゃんとターボをやらねば!!!
と、鼻息も荒く、心に誓った節分翌日なのでした。
[PR]
by candy-k1 | 2008-02-05 13:22 | できごと