愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

戻ってまいりました~。

ああ。
帰ってしまった。帰っちゃった。終わっちゃった。。。。。。

**********

皆様、ただいまです。
正直、何から書いていいか分からないほど、いろんな意味で怒涛の2日間を過ごし。
ただ今、ふぬけな状態。
ジョニーは忘れられない思い出を置いていってくれました。
これから書くことは、そのつもりはなくとも、もしかしたら自慢になってしまうかもしれないけれど。
それでも、私と、私の周りの人々に起きた事実、ジョニーの優しい人柄を、記録としてやっぱり残しておきたい。
だから、先にお詫びしておきたい。
嫌な気持ちにさせてしまうとしたら、本当にごめんなさい。

***********
1月7日の来日情報に会わせて動き始め「さあ、明日は空港でお出迎え」と、
どきどきの気持ちで過ごしていた6日の夜。
来日が一日延期になったとの情報で空港でのお出迎えは、諦めることに。
8日のプレミアイベントに全力を注ぐことに(笑うでしょうけれど、本人たち必死・笑)。

前夜、興奮と不安で一睡もできず迎えた8日のイベントの朝。
ジョニー始め、バートン監督が歩くレッドカーペット沿いを死守したい、私たち一行。
10時に配り始めた整理券で、会場に入る順番が決まるのだ。
なんとか100番以内を確保できたものの、レッドカーペット沿いに全員が一列に並べるかどうか微妙な数字。
試写会も9時から同様に整理券が配られ、こちらは、満足の行く順番を得ることができた。
整理券配布後、夕方の集合時間まで、一休み。
とはいえ、この一休みの間にジョニーが空港に到着する予定。
行く気満々だった空港でお出迎えができないという、なんともいえぬ寂寥感に襲われながらも、友人を介して空港に到着したジョニーの画像に、一同、うほ♪

だって。ほら。
↓は送られてきた画像とは違いますが・・・素敵でしょ?(有無を言わさず・笑)

b0102023_14101153.jpg


********
さてさて。
駆け足ですすみます。
だって、これからが、めちゃめちゃ長い(汗)。
冬とは思えぬぽかぽか陽気にしてくれた陽も落ちて。
待ちに待ったレッドカーペットが始まります。

レッドカーペット会場、舞台上には、ジョニー演じるスウィニー・トッドのポートレートがお出迎え。

b0102023_14165638.jpg


あ。
ちなみに会場外には、こんなトッド様も、お出迎え。
b0102023_14391631.jpg


********

今回、配給元のワーナーさんは、整理券の早い順に5~10人ずつ、しかもグループであるならグループごとに会場に入れてくれ、会場のブロックごとの人の入り具合を確認させてくれた後、希望のブロックに案内してくれるという、厚いご配慮ある方法を採ってくださった。
「早く並んでくださった方には、なるべくレッドカーペット沿いにお通ししたいと思っている」と。
なんて、優しいんでしょう!!!
と、感動しつつも、頭の中は、レッドカーペット沿いを確保できるかどうか。

会場に入ると、すでに通路沿いは人の壁になっていて、一同青ざめる。
それでもなんとか、私たち一行。
1列目と2列目をゲットでき。

b0102023_14274088.jpg


ホッとしたのもつかの間、次から次に入場してくる人々が、少しでも前に、前にと、詰め寄る。
その人々の圧が、時間が経過するとごに猛烈に背中にのしかかり、しまいには胃が口から出るんじゃないかってほどに圧が増加。
始まる前からこの状態・・・・。
イベントが始まってジョニーが目の前に来たら・・・どうなっちゃうんだろう(寒)。
その予感は、見事的中したけれど(いや、誰もがわかることなんですけど・笑)。
ただし。
これが、これから起きる考えられないような出来事を呼び寄せ、目撃し、体験できたのだ。


つづきます。
[PR]
by candy-k1 | 2008-01-10 14:50 | できごと