愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

うれしい時間と、彼女の手仕事

先週の金曜日。
車で娘と二人、関越道を走り、古い友人を訪ねた。
彼女は、小学生からの付き合いの、私の大切な大切な友人。
娘も、彼女の事が大好きなので、久しぶりの再会に、心うきうき。

********
待ち合わせ場所に現れた彼女は、変わりなく。
会った瞬間から、会えなかった時間なんて無かったかのように、会話はびゅんびゅん弾む。
それもうれしい。

彼女のおススメのお店でランチを摂り、マシンガントーク。
その後は、彼女のおうちにお邪魔して。
ティータイムのはずが一転、ここで「手作り教室」に。

実は彼女、センスがいい上に、手先が器用。
これまでも、いろいろなモノを作っては、プレゼントしてくれた。
去年の夏にご紹介した麻紐の手編みのバッグをはじめ、去年の娘の受験期には「寒いだろうから、風邪をひかないでね」と、手編みのルームシューズとミトンを。
おととしは、私にマフラーを編んでくれた。
b0102023_16221348.jpg


編み物も大得意の彼女が、ここ数年ハマッテいるのが、手作りフェルトで作る小物。
この日も「そのフェルトのバッグかわいい!どこで買ったの?」と尋ねたら、なんと彼女のお手製。
今年5月の連休に北軽井沢の週末カフェ・麦小舎さん主催で開かれた青空マルシェ
では多くの小物を出品したらしく、作った作品の残りを見せてくれる。
これがね!!!もう、直球ストライク!!!な品ばかりで。

b0102023_16351094.jpg


ね、ね、どやって作るの?と鼻息も荒く、詰め寄る私。
手順を説明してくれる間、目が爛々と輝き始めた私の変化を見逃さない彼女。
「今からやってみる?」

ということで、早速開始。
フェルトを成形する方法の一つ、フェルトニードルを使って、マリモのような玉を作ることに。
くるくると丸めた羊毛を、発砲スチロール状の土台の上に置き、フェルトニードルをぷすぷすと刺して成形しつつ固めていく。
このフェルトニードル、針先が猛烈に鋭く尖っていて、うっかり指に刺そうものなら、息を吐くことができないほどの激痛が走り、確実に流血する。
ええ。
何度刺したことでしょう(笑)。

で、できたのがこれ。(娘は一番大きなライトブルーのマリモちゃんを作りました)
b0102023_1646226.jpg

いくつかつなげて、ストラップ(風?)に。





彼女くらいの腕前になると、こーんなかわいい作品を作っちゃうんです。
b0102023_16475858.jpg

これも、フェルトニードルを使って作った作品。


面白い。猛烈に面白い!!!!
しかも、彼女の弁を借りればこのフェルト作り、「実に●●っちょ(私のこと)向き」らしい。
何が?と聞くと「圧縮をかけるときの力」と、笑うに笑えない理由が返ってきた(笑)けれど、でも、猛烈なチャレンジ意欲がむくむくと湧いてくる。
ええ。
やりますとも!!!!
圧縮しまくるわ!!!
早速羊毛を買わないと♪

********

フェルト作りに精出していると、彼女の愛する息子のK君が保育園から帰宅。
玄関のドアを開けると同時に「●●っちょーーー!!」と叫ぶ声。
もうーーーーーー!!!本当にかわいいんだから♪
彼がお腹にいるときから、誕生を待ちわびた「オババカ」な私にとって、
K君はとてもかわいい存在。それは娘にとっても同じ様。
久しぶりに会って、また大きくなって可愛さも倍増。
ますます、私はオババカ道をまい進しそう(笑)。

彼女の実家の家族の皆さんにも、久しぶりに会えて。
短い滞在時間だったけれど、元気とうれしい気持ちをもらって、帰路へ。

***********
M。
うれしい時間をありがとう!
クリスマスプレゼントもありがとう♪
b0102023_17153976.jpg


サボり気味のターボで上腕二等筋に磨きをかけて、今度はがっつり圧縮フェルト作りにしに伺います♪
[PR]
by candy-k1 | 2007-12-26 17:20 | できごと