愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ありがとう と やっつけ仕事

娘が幼稚園やら学校やらに行き始めると、園や学校から様々なお手紙が娘を介して渡される。
そうしたお手紙を、読んでいるつもりが、きちんと読めていない事がこれまでもしばしば。
友人たちと、手渡されたお手紙についての話題になり、
私が「あれって、こういうことでいいのよね?」と、自分が理解した(つもりの)話をしだすと
「ち、違うわよーーー!!カクカクシカジカ、こいうことよーーーー」と説明され、
そこで、「はっ。。。。。あたしってば、また勘違いヤロウだったじゃない」と、気付く。
その都度、呆れもせずに丁寧に説明をしてくれる友人に感謝しつつ、
「え!?じゃあ、イツイツまでに提出しなきゃ(または)作らなきゃってことなのね・・・・・」
と焦り、いやな汗をかくこと、多々。

遠い昔、仕事をしている頃も、様々な失敗はしたけれど。
仕事で失敗をやらかしても、自分が恥をかけばいい話。
しかし、これが学校関連の事となると、恥をかくのは娘。
それは避けたい、だからこそ気をつけているつもりだが、元来のオマヌケの私は、やっぱりとんでもない勘違いをしてしまう。

全く知り合いのいない状況でスタートした、娘の中学校生活。
コレまで以上にたくさんいただく文書、お手紙を熟読し、漏れのないように、今までの失敗を繰り返さないように、かなり気をつけていたつもりだった。
それでも。
また、やってしまった。

****************

娘の入学と同時に、学校内の、とあるボランティア作業に参加するようになってから、作業を通じてお話をする機会も増えて、ここ最近、学年を超えたお母さんたちと、気軽にお話ができる環境ができつつある。
先日も、作業をしながら、手と同時に口も動かし。
話題は来月に控えている文化祭、バザーについて。
先月、バザーについてのお手紙を学校からいただいて、熟読した・・・つもりだった私。
「献品って、お菓子でいいのよね~楽でいいわよね~」と、私。
『・・・・・違うわよっ!!お菓子は、子どもよっ』と、
・・・・・・え?そうなの?
「父兄は違うの?何するの?」ちょっと嫌な汗をかく、私。
『手作り品の献品よ~』
・・・・・げっ。マジっすか(心の叫び。まだ、マジっすかといえるほど、自分を全部出せていない・笑)
「みんな、もう作ったの?」かなり嫌な汗をかき始める、私。
『私はね、ビーズ』 『私はサシェを』 『私はキャンドルホルダー』 『私はオーナメント』
えとせとら、えとせとら。

しぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(心の雄叫び)。
「も、もう、ちゃんと用意してるんだね」嫌な汗が、滝のように流れ始める、私。

「提出日って、来週よね・・・・・・・・。夜なべします(涙)。教えてくれてありがとう。娘に恥をかかせるところだったわ」と言いつつも、何を作ればいいのやらが、頭の中に渦巻く。

作業が終わって、お茶とお菓子で歓談。
やはり話題はバザーに移行。
ある方が「こんなの作ってみたんだけれど」と、出来上がった献品用の作品を見せて下る。
作品は、ドライの木の実やスパイスをふんだんに使った、とってもシックで上品に仕上がった、キャンドルホルダー。
・・・・・・・プロ並みだよ(汗)。素敵すぎだよ(汗)。
こんなの見ちゃった後で、私、何を作ればいいやら。下手なモノは出せないじゃん(汗)。
ああーーーどうしようーーーーー益々わからなくなっちゃった(涙)。


***********
手芸の得意なニードルの先生Yさんに、私でも作れそうな簡単なナニカがある?と、知恵を貸していただこうと、連絡。
翌日、Yさんは「ねえ●ちゃん、もう時間ないんでしょ?これ、持って行ったらいいわよ」と、Yさんが作ってあったピンクッションを、袋にたくさん入れて持ってきてくれた。
小さなピンクッションでも、どれだけの時間がかかって、どれだけの費用がかかるか、ニードルを始めたばかりの私にも、わかる。
12月に、もう一度個展を開く予定でいるYさん。
そんな時なのに、私に作品を譲ってくれるというの?
差し出してくれたYさんの気持ちが、すごく、すごくうれしかった。
でも、やっぱり譲っていただくのは、とってもとっても(いや、本当にセンスが良い上に、プロの作品でし上がりも素敵。魅力的だけれど)出来ることじゃない。
やっぱり、私が出来る範囲でやらなきゃ。
しかし。
私が出来るのって、何だろう(汗)。

とりあえずユザワヤに行く。
各コーナーを悩みながら行ったりきたり。かなり怪しい客だったに違いない。
最終的に作るモノを決め、最後までうーんうーん言いながら、材料を選ぶ。
家に帰って、とりあえず、作りました。
b0102023_1646199.jpg

b0102023_16463070.jpg


*********
・・・・・・・・雑だ(汗)。
間違いなく「やっつけ仕事」だよなぁ(汗)。
売れ残ったらイヤだなぁ。バザーの会場に行くの、怖いなぁ。
帰宅した夫にそう言うと
「売れ残ってたら、オレが買ってあげるよ」
・・・・・・ありがとう。
でも。
うれしいけど、家族に買ってもらうのって、なんだか寂しい。
(はっ・・・まさか・・・・それで、私の事も嫁にしてくれたのかしら(笑))。


オマヌケは治らないかもだけど。
でも来年は、もう少し早くから、とりかかろう。
そして、ちゃんとお手紙を熟読しなきゃ。
加えると、お手紙を紛失しないようにしなきゃ(←紛失したので、詳細を教えてもらった・ここでも迷惑を被った友人が一人・汗)。

************
本当に、小さなことから大きなことまで。
周りの人々に支えられ、許していただいて、私の生活は成り立っているのだなぁと。
今回の事にしても、完全に「やってしまった」になる手前で、軌道修正できていることに、本当に感謝、多謝!!なのだ。
周囲の人々のありがたさを、またまた痛感したのでした。


・・・・・・下手なモノだけど、出しちゃいます。(ブーメランのように戻ってくる可能性大だけど・笑)
[PR]
by candy-k1 | 2007-10-19 17:21 | くらし