愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

秋、本番の前に。

寝不足が続いていたからか・・・・・。

「午前中運動したほうが脂肪燃焼に効果があるらしい」と聞いて、張り切って午前中にターボをし、たっぷり汗をかいた対処もろくにせず、その後、ららら~んと、映画を見に行ったからなのか・・・・・。

夕方、風が冷たくなったにもかかわらず、ちょいと薄着でビールを飲みながら地元のお祭りに行き、あげく暴飲暴食をしたからなのか・・・・・。
b0102023_1944577.jpg



久しぶりに風邪をひいてしまった。
風邪といっても、高熱が出るわけでもなく、ただただ微熱が続く日々。
高熱もつらいが、熱が体にこもって発散しない微熱も、ただただダルイ。
ダルくても、それでもなんとなく動けてしまうから、動いてしまうから、治りが悪い。

しかし。
これくらいの風邪で医者に行きたくない。
もちろん、お医者さんに行けば、症状に合うお薬を処方してもらえるのはわかっているのだが、
待合室で待っている間に、余計に具合が悪くなりそうで、イヤなのだ。
だから、今回も免疫力を高めるといわれる「プロポリス」と、市販の薬を飲んで乗り切ろうと思っていたのだが、効かない。
話す声も、電話をかけてきた母に「あ・・・れ?●●さんのお宅ですよね?やだ~何その声!違う家にかけちゃったのかと思ったぁ」と、言われるくらい男らしい声になり、鼻もつまって、頭がぼーーーー。
寝入りばなの咳も始まって。
むぅ。
これはマズイ。
頼りにしている薬局へ行く。
滋養強壮剤、その名も「若甦」と書いて「じゃっこう」(すごいネーミングでしょ?・笑)を、求めに。
コレ、数年前からの我が家のお助け品。
去年の娘の受験は、コレとプロポリスで乗り切ったといっても過言ではないくらい。

「これ、くださいな」
と、私が手にした若甦を見た薬局のおばちゃん、「どうした?風邪、ひいたか?今お湯割りを作ってあげるから、この場で飲んでいきな」
おお、ありがたい。その場でお湯割りを飲む。
「冷たいモノばっか、飲んでちゃだめだよっ。温かい飲み物を飲みなさい」
と、薬局のおばちゃんにたしなめられる。
はい。そのように、いたします。
若甦をしこたま買い込み、家でもお湯割りにして、飲む。
食事も体を温めるメニューに変更し、おばちゃんのお言いつけ通り温かい飲み物を飲む。
どこにも出かけなくて良い日ができたので、
まるまる一日、ひたすら寝続けたら、体がすっきり。
ようやく今週になって、オカマ声からも開放された。
だらだらと、先週1週間。
そんな調子で、しゃっきりしない毎日を過ごしておりました。

治りが遅くなってきた感じがするなぁ。
年のせいか(汗)。

************
私が風邪をひくと、一番迷惑をこうむるのが、キャンディさんに違いない。
娘も大きくなったし、我が家の人間は、とりあえず私が手をかけなくても、お腹がすけば、そこらにあるものを食べるだろうし、外に行きたければ、一人で外にも出るだろうし。
でも、キャンディさんは、私が手をかけてあげなければ、生きていけないんだなぁって、しみじみ思ってしまった。

私が具合が悪いのを知ってか知らずか。
「お散歩、行きたい!!行きたい!!」と、わがままは言わない。
寝る私に「あっためてあげるね」とばかりに、ぴとっとくっついてくるキャンディさんは、とてつもなくいじらしい(すみません。親バカです)。

***********

吹く風も、日に日に冷たさを増してきて。
秋、本番。
風邪なんてひいている場合じゃないですな。
私の好きな季節。
存分に楽しまなきゃ♪
[PR]
by candy-k1 | 2007-10-15 20:25 | くらし