愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

小さな旅 その3

那須で迎える朝。
デッキにでると、空気がひんやり。
吐く息も、少し白い。

空は相変わらず、今にも降り出しそうな気配を漂わせているけれど、
オーナーが用意してくださった朝食を、デッキでいただく。
b0102023_2011122.jpg
b0102023_2012445.jpg


キャンディさんの狙いは、お食後のフルーツ。
くんくん。りんごのにおいがするけれど、いただけます?
b0102023_2023857.jpg


オーナーとのおしゃべりを楽しんだ後、1晩だけのおうちと、さよなら。
いつまでも、手を振って見送ってくれたオーナー。ありがとう!お世話になりました。

*******
さて。
今日のメインは、那須サファリパーク。以前行った他のサファリパークは、犬・猫などのペットは車載禁止だったのだが、こちらは、そのまま載せていてOKとのこと。
キャンディさんの心臓が心配だけれど、視力も弱っているし動物も良く見えないかもね~それにガラス窓で動物の臭いをシャットアウトしてあれば大丈夫かも。
などという、脳天気な飼い主の判断で、いざ、入場。

「キリンやゾウなどの草食動物のエサはご入用ですか?」と、サファリのお兄さん。
犬がいるんですけど、と告げると「犬はなるべく隠してください」
・・・・・隠すって?ムリなんだけどなぁ。
ということで、エサは買わずに。

「マイカーでも入場できますが、レンタカーへの乗り換えをおススメしています」と、サファリのお兄さん。
え?そうなの?「動物による傷、破損など一切責任は負いませんが、よろしいですか?」
・・・・・え?ここの動物、そんなに猛烈なサービスしてくれるの?(汗)
(でも、もう、他のサファリパークで猛獣に傷つけられてるし、ま、いっか)
ということで、マイカーで入場。







わ~い♪ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに、ライオンだ~♪
b0102023_20193255.jpg

近すぎちゃったみたいで、一瞬威嚇されてしまった。一同、肝を冷やす。
キャンディさんは、後部座先の私の膝の上でフセしたまんま。
何が起きたのか、さっぱり分からない様子。


営業放棄?
b0102023_2023298.jpg



*********

草食動物ゾーン。
我が家は、前述の様に、動物たちのエサは買わずに入場したのだが、エサを手にしている車には、動物がこれでもかって位に、寄ってくる。うらやましい。
b0102023_20253097.jpg


それでも。
エサを持っていない我が家の車にも「エサ、ある?ねえ、ある?」とばかりに、わらわらとシカやらラマやら、シマウマやらがやって来て、車を取り囲む。
時には「ここ、この窓、あけんしゃい!!」と、顎で窓ガラスをノックするシカも現れる。
大抵の草食動物は、窓ガラスを、べろんべろん舐め、車の窓が開くのを、心待ちにしている様子。

さて。
どのように、動物たちが行動するのか。
シマウマさんを例にとって、ご説明いたしましょう。


「ん?新しい車、来たね」
b0102023_20283782.jpg



「ちぃ~っす。エサ、持ってる?」
b0102023_20291395.jpg


「ちょっと、ちょっとぉ。持ってるんでしょ~ここ開けて~。ここから、エサ出して~な」
b0102023_20295293.jpg



「はぁ!?あんた、エサ持ってないんかいっ(怒)しばいたろかっ。ぐぁーーーー」
b0102023_2031161.jpg


・・・・・・・・と、このように。
最初はラブリーに見えた動物も、最後は大抵、恐ろしい形相を見せてくれることになります。

草食動物ゾーンに来て、ようやくキャンディさんは、窓の向こう側で大きなナニカが蠢き、時には、コツコツとノックをしてくるということに気づいたらしく。
突然すくっと(私の膝の上で)立ち、窓の向こう側を凝視し始める。
ぬーーーっと、ガラス越しに現れる大きな顔のシカやらラマやらが近づくたびに、キャンディはガラスに顔を近づけ、動物の動きに合わせて、顔を動かす。
そして。
少しだけ口を開き、目を落とさんばかりに見開いて、そして、静かに私を見る。
「ママ。ナニカわからないけど・・・・・いるのよ」
・・・・初めて見る顔(笑)。なんとも言えず、おもしろい。

動物の臭いがしたら、こりゃ、完全に心臓バクバクだったに違いない。
草食動物のエサ、買わなくてよかった。

ホッとしたのも、つかの間。
ヤツも、最初は大人しい顔をしていたのだ。
「うぉーーー。毛がもしゃもしゃ~。わゎっ。目、目があった。ちょっとこわぃーーー」
などと車内で盛り上がりながら、そぉーっとヤツの横を通り抜けようとした、その時。
「おい!!それは、それはやめてくれーーーー」と、夫が半ば叫ぶように言った瞬間、
がごごごごっ。
もの凄い音とともに、車が揺れる。
ヤツ・・・・・・・・アメリカンバイソンさん。
何を思ったか、我が家の車に角を立てていたのでした。

・・・・・・・サファリのお兄さん。
あなたの言う通り、動物の猛烈なサービスに遭遇してしまいました(涙)。

バイソンさん。怒りの鉄拳(?)のアト。
b0102023_2144841.jpg


以前も。
群馬サファリパークに行った時に、この車。
ライオンゾーンを、そろりそろりと徐行していた我が家の車の後部座席のドア付近から
「がるるる、がごっがごっ、がりりりりり」と音がする。
見ると、ライオンが車のドアノブを噛み噛みしてる(いやぁ、びびりました・笑)。
というわけで。
左後部座席はライオンさん、右後部座先はバイソンさんのサイン入りの車と、相成りました。
なかなかいただけるサインではありません(笑)。
そう思うと。ふふふ~ん♪なかなか、良い車になったじゃない♪



しつこく、つづくのです。
[PR]
by candy-k1 | 2007-10-02 22:49 | できごと