愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

あたちのおともだち

娘の学校が始まって、一番喜んでいるのは、キャンディさんかもしれない。
朝のお散歩が再開したからだ。

夫と娘を送り出し、その足で、ポテポテとお散歩へ。
真夏とはちがって、少しひんやりした空気が気持ちいい。
キャンディさんのお散歩は「ショートコース」「ロングコース」「長くも短くもない、ほどほどコース」の3パターン。今日は、ほどほどコースへ。

心臓の悪いキャンディさんに負担にならないように、ゆっくりのんびりのお散歩。
楽しそうに、少し微笑んで(親バカの私には、そう見える)
私の顔を見上げるキャンディさん。
あなたが楽しそうだと、ママも楽しいよ。


**********

マンションの前まで帰ってくると、数少ない、
キャンディさんが心を許せる(らしい)お友達と、ばったり。

同じ犬種・キャバリアの女の子。くりちゃん。
特技は、枝豆の皮を器用にはいで、豆を食べること(見てみたい・笑)。
ニガテなことは、側溝の蓋をまたぐこと。
8歳。キャンディさんと同じ年。(でも、キャンディのほうが8ヶ月お姉さん。)
お母さんにバリカンで刈られて、ただ今ちょっと虎刈りチック(になっちゃったのよ~って、お母さんが笑ってた)。
b0102023_16365080.jpg

くりちゃんは、とっても優しい性格の女の子。
そして、物事に対してどっしりと構えて、いろんなことに動じないタイプ。
臆病で、おろおろタイプのキャンディさんとは、正反対。

いつだったかのお散歩の最中。
犬仲間のみなさんががわらわらと終結して、犬の数も7,8匹集まってしまったとき。
大勢の犬の集まりがニガテなキャンディさんは、
こっそり、くりちゃんの後ろに隠れていたっけ。
キャンディのほうが、年齢で言ったらお姉さんなのに、
くりちゃんを頼りにしているのがおかしかった。


b0102023_16354964.jpg

     「ひさしぶり」
     「元気だった?」



二匹とも。
もう高齢の域に入ってきてしまったけれど。
いつまでも、どうか元気でいてね。
[PR]
by candy-k1 | 2007-09-14 17:15 | いとしい人たち