愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007夏・旅の記録4

●8月15日

「マウンテン牧場」へ。
今回は、夫と娘、ソーセージ作りにチャレンジ。
私とキャンディは、窓越しにその様子を見学(食品を扱う体験教室は、もちろん犬は立ち入り禁止)。


まずは、玉ねぎ、パセリをみじん切り。
b0102023_2125231.jpg


次に、刻んだ玉ねぎ、パセリに、挽肉を混ぜ、更に三温糖・牛乳・ブランデーを小さじ1杯ずつ入れる。更にお好みに合わせて、スパイスを適量。
ひたすら、まぜまぜ。
b0102023_21284863.jpg


タネができたら、羊腸をセットしたソーセージ絞り機(?)に詰めやすいように、丸くまとめる。
b0102023_21324989.jpg


羊腸に詰めながら、形をととのえ、ちょうど良い長さで、くるっと羊腸を捻る。
全部のタネを詰め終わったら、熱湯でゆでて、出来上がり。

*********

乗ってみたかった。
でも、巨体の私を乗せるお馬のことを考えると、乗りたいって言えなかった。
b0102023_21392349.jpg


マツゲふさふさ、つぶらな瞳。
な~んてかわいいんでしょ♪牛の中で一番好き。ジャージー牛。
べろり~んと、手を舐めてくれました。
b0102023_21403639.jpg


夏なのに、アジサイが見事に咲いていて。
b0102023_2144026.jpg


くるんと巻いた花びらがおもしろい。なんて花?
b0102023_21451636.jpg


********
夜ごはんの仕込みをしてから、温泉へ。
毎度おなじみとんぼの湯へ。

さてさて。
今宵は、我が家(?)で、夜の宴。
仕度をしていると、なにやら、鈴の音が。
今宵のお客様、linettaさんkuromameさんご夫妻が、熊鈴をつけてご登場。
お手製のお料理も、持ってきてくださいました。
b0102023_152368.jpg

自家製ズッキーニとナスの素揚げ浸しは、野菜の甘みがきちんとわかって、絶品。
kuromameさんお手製のサンドウィッチ、大好きな卵がサンドしてあって、うれしい♪
自家製枝豆・ジャガイモの素揚げが入ったかわいらしい紙の容器の中には、オサレに英字新聞などさりげなく敷いてあって、これまたオサレなピクニックを彷彿させる。
こちらはというと、煮た!炒めた!茹でた!混ぜた!切った!な料理を、「へーい!お待ちぃ~!!」的に、できた傍から皿にざざーーーーっと流しいれる、なんとも大雑把な盛り付け。「野性味溢れるオトコの料理」でも、もっと繊細なはずだよ(汗)。
なんだか申し訳なくなる。

切っただけと、並べただけ。
b0102023_1581059.jpg

↑左側のカマボコのように見える代物は、夫が昼にスモークしたチーズ。
冷やす段でアルミホイルに大雑把に包んでしまった(私が)ため、周りがしぼしぼしてしまったけれど、味は、なかなかイケルのだ。


暗がりの中で撮影したため、なんともオソロシゲな食べ物に見えますが(汗)、夫と娘が昼に作ったソーセージ。
ちょっと塩気が足らない感じ。良く言えば素材の味が生きている、と言えましょう。
b0102023_15141573.jpg


他に、ボイルエビとアスパラの塩ダレかけ・アボカドとトマトのサラダ・ビーフストロガノフも仲間に入り、ビールとワイン、ジュースで乾杯。


********
食べて呑んで、笑って笑って。
(告白すると、私。この日の夜は、かなり飛ばしすぎちゃったかもで、頭がはっきりしてきた翌朝、ちょびっとしょんぼり)
あっという間に時は過ぎ、キャンプ場の消灯時間。
キャンプ場の朝は早いけれど、夜も早いのです。
もっとおしゃべりしたいけれど、またのお楽しみにとっておきましょう。
(またがあるといいんだけれど・・・・・汗)
[PR]
by candy-k1 | 2007-08-21 16:15 | できごと