愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007夏・旅の記録3

●8月14日
「麦小舎」さんへ。
5月に伺った時よりも、緑が濃く、力強く伸び、覆い茂っていて。


なんとなく、ガーデンウエディングを思い出す。
b0102023_1892957.jpg




自家製のお野菜も販売してました。
冷水にぷかぷか浮かぶトマトが、美味しそうだったな。
b0102023_18134365.jpg


ここのお席。一番好きかも。
でも、まだ、一度もここでくつろいだことは、ナシ。
b0102023_18153036.jpg


さっそく、ハンモックでくつろぐ人、あーちゃん。
b0102023_18172444.jpg


かわいいな。座ってみたいけど、怖くて(壊すのが)座れないんだな。
b0102023_18183299.jpg


linettaさん、kuromameさんご夫妻から、娘へのプレゼントをいただいてしまった。
いつも、お気遣いありがとうございます。恐縮なのです。
b0102023_18235713.jpg

どきどきしながら、素敵にラッピングされた英字新聞のテープをそろりそろりとはがすと、
少女の頃のlinettaさんが感動した時から、大人になった今まで大切に持っていらした本と映画のパンフレット、そしてlinettaさんのお父様の手作りのブックカバーが。
本と映画のパンフレットは「アンナ・パブロワ」のもの。
バレエのお稽古を再開する娘へ、大切な想いの詰まった品物を譲ってくださったのだ。
linettaさんの気持ちが、うれしかった。鳥肌が立つくらいに。
うっかり涙がでそうになる。
ありがとうね。

linettaさんのお父様手作りのブックカバーも、使い込むほどに味がでてきそう。
夫が、ちょっぴりうらやましそうに、手にとった。狙ってるのか?(笑)。
娘は、いただいた品々を、包まれていた英字新聞に壊れ物を扱うように、そっと戻した。
(帰宅した今、いつでも手にとれるように、飾りだなの本棚に、そっとおいてありました)

*******
お昼の時間に合わせて、食事をご用意してくださいました。
三人とも、こちらの名物、ハンバーガー。

「お、おいしそうですね。あたちにも、ひとくち、もらえますでしょうか?」
b0102023_18511669.jpg


「げっ。やっぱりだめっすか」
b0102023_18515981.jpg


**********
「帰ったら、あーちゃん、何するの?」とlinettaさん。
「んっと~抹茶のプリン食べて、寝る」と、娘。
・・・・・おい、おい。
もっと、こう、ハツラツとしたティーンエイジャーらしい受け答えはできんのかね(汗)。

布のおうちに帰った娘。
本当に抹茶プリンを食べて、寝やがった(笑)。
b0102023_18553682.jpg

有言実行は、違う部分で実行してほしい(涙)。

*******
温泉から帰ってくると、キャンプ場ではキャンプファイヤーの真っ最中。
b0102023_1931057.jpg

♪うし~のパンティはやぶれない、しなやか~しなやか~
5ね~んはいても、やぶっれない、しなやかぁ~しなやかぁ~
はこう、はこう、うしのぱんてぃ~はこうはこう、うしのぱんてぃ~♪
(鬼じゃなくて、牛のパンツだった。しかも、パンツじゃなくパンティ・笑)をBGMに夜ごはん。
この日は、キャンプの定番・カレー。
カレーの好きな夫は、大喜びだが、もっと、キャンプ食事メニューを開拓しなければ(汗)。

*****
恐ろしいことに、まだまだ続きます。
[PR]
by candy-k1 | 2007-08-20 19:09 | できごと