愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

まつがい

夕飯の支度をしていたら、電話の呼び出し音。
「手が離せないから~出て~」と、私。
娘が、受話器を取る。

「はい。はい?え?・・・と、お母さんではないです。今、母は手が離せなくて・・・はぁ」

何やら困った様子の娘。
ん?変態か?押し売りか?じゃあ、私の出番じゃあないか。

「今、母と代わります~」の娘の声と同時に、受話器を取る。
私:「もしもし」
相手:「おかあさんですか?お世話になっておりますぅ~●※#$&&~のフタガミ屋です~」

むぅ。早口でわからん。

私:「申し訳ありませんが、もう一度お願いできますか?」
相手:「セメタリーでお世話になっております、フタガミ屋です~先日はお世話になりました~」

え???セメタリー??? ちょ、ちょ、ちょっと。
まだお世話になるつもりは、ないんですけど。

私:「・・・・・・あの~セメタリーっていう事は、お墓ってことですよねぇ・・・・」
相手:「はい。そうです。あの~おかあさんですか?」

さっきから、おかあさん、おかあさんって。
え?あたしの声、そんなに、若く聞こえるの♪・・いや、今も半分オカマ声。
え?おぢさんかと思ってるのか?


私:「母ですが。えっとあの、どちらの番号におかけになってます?」
相手:「***********番ですが」
私:「ああ~残念。最後が違いますねぇ~」
相手:「へ?そうでした?あの、おかあさんですよね?おかしいなぁ~??」

だから、なんだよ!!!おかあさん、おかあさんって!!!

私:「(しつこいなあとおもいつつ)あの、うちは●●と申しますが、なんというお宅にお電話したかったのですか?」
相手:「あれ?おかさんじゃあないんですか?」

・・・・・・ああ。
だから、しつこく、「おかあさんですか?」って聞かれてたんだね(汗)。

「おかさん」
「おかあさん」


・・・・・・「いいまつがい」ならぬ、 「ききまつがい」だったのか(汗)。
しかも、親子揃って(滝汗)。
ごめんね。フタガミ屋さん。
どちらの墓石やさんなのか、いつお世話になるかわからないけど、頭の片隅に、御社のことは、インプットしておきましょう(笑)。




やっと会えました♪

「妹の恋人」を見て来ました。
久しぶりに、スクリーンでジョニーを観れて、幸せ♪
b0102023_21101228.jpg

自分の愛した人の良いところも悪いところも、その人ごと全てを「すとん」と受入れる、ジョニー演じるサムの愛の深さ、純粋さは、いつ観ても心がぽわぁっとあったかくなる。
ハッピーな気持ちになれる映画。だから、この映画も大好き。
ジョニーは、この映画でも「サム」という青年のキャラクターを、見事なまでに作り上げ、実に自然に演じきっている。やっぱり、ジョニーってすごい!!
その上、この頃のジョニーのキュートで美しいこと♪
もう、うっとり~しっぱなし♪
胸キュン状態、持続中。(^^)うふうふ♪


そして。
明日・あさってと、ちょっと留守をします。
「受験が終わったら(正確には合格したら)泊まりで連れて行ってあげるよ」と、1年半前、約束した場所へ。

キャンディちゃんは、おじいちゃんのおうちで、おあずかり。
b0102023_2054354.jpg


「えっ・・・・・・あたちは、つれてってくれないの?」

ちょっとの間だけ、おじいちゃんと、おばあちゃんに、いっぱい可愛がってもらっててね♪

ではでは、行ってきま~す。
[PR]
by candy-k1 | 2007-02-23 21:17 | できごと