愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

漁師な気分

先日釣船茶屋 ざうおに行ってきました。

こちらは、店内で釣りが出来る上、釣った魚を、調理していただけ、その場でいただけるという、「楽しい」「うれしい」「美味しい」の三拍子が揃ったお店。
我が家では、めでたく、ぼー●すが入った、夏と冬の2回、ご馳走気分で出かけます。

店内を入ると、釣り船がお店の真ん中にどーんと。
船を取り囲むように、いけすが配されています。
b0102023_22415474.jpg


いけすには、鯛、しまあじなどが回遊しています。
いけすに、小さく区切った「ひっかけ釣りコーナー」もあって
こちらでは、ひらめ、さざえ、いなだなどを釣ることができました。
b0102023_224701.jpg


釣りの経験は、ほとんど無くても、おもしろいくらいに釣れる、釣れる。
夫など、狩猟本能が目覚めてしまうのか、
釣りにでかけると、なかなか帰ってこない(笑)

釣れた魚は、買取りで調理してもらうシステムなので
うっかり釣れすぎてしまうと、「支払いは?・・・だいじょぶかい?・・・・」
ってな事になる(笑)

以前、イセエビ⇒鯛(大きいサイズ)が釣れてしまったときは、
「げっ・・・・釣れちゃったよぉ・・・・」うれしさを通り越し、
半べそ気分で、本当にいやな汗をかいてしまった。
(でも「おいしいね♪」って食べたけど・笑)
仕舞いには、餌だけ食べて、逃げた鯛に向かって
「よく逃げた!!!」なんて、声をかけてしまう始末。

せっかく楽しみに来たのに、冷や汗はかきたくないので、
今回は、ひらめ1匹、さざえ2個、鯛1ぴきと、控えめに釣り上げたところで、釣りは終了。それでも、今回初めて自分で鯛を釣った娘は、大満足。
「その調子で、2月の受験も、自分で『めでたい』を釣り上げてくれよ・・・」
母は願わずにいられませんでした(笑)
全部、お刺身にしていただきました。
ひらめは骨を唐揚げに、鯛は骨でアラ汁をと、骨までしっかり味わってきました。

釣った魚も美味しいけれど、お店オリジナルのメニューも美味しい。
今日は・・・これ、頼んでみました。「まぐろの兜やき」
b0102023_231724.jpg

普段は、焼き魚の目玉を食べる娘Aですが、さすがに「これはこわい」と。(笑)
ちょっぴり、独特の生臭さが、ほんのり香ります。

でもね、命を犠牲にして、わたし達の血肉になってくれてるお魚さんに
敬意を払って、食べねばなりません。

さすがに目玉は、食べる勇気が出なかったけど、身の部分だけは、きちんといただきました。

しばらく、お魚は食べなくてもいいかな~ってくらいに、お腹いっぱいになったのでした。
[PR]
by candy-k1 | 2006-08-18 23:16 | できごと