愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

他力本願?モーツアルト効果

1日の中で、シチュエーションや気分に合わせて、BGMを選ぶのが好き。

ちょっとカフェ気分でお茶を飲みたいときは、ボサノバ。ジョアン・ジルベルト。
気合を入れて掃除をするときは、STONESで、ばっちり気合を入れる。
やる気が出ないけど、夕飯を作らなきゃいけないときは、「ちょっとやる気の無いロック喫茶の店主気分」で、RADIO HEAD。
荒々しく自分の感情を爆発させたいときは、NIRVANA。
自分の気持ちと向き合いたい時は、フジコ・ヘミングのカンパネラ。
クラシックからロックまで、その時の気分に合わせて、CDを選ぶのは、とても楽しい。
音楽は、映画と本同様に、私の生活に欠かせないもの。

ところが・・・
ここ数日の我が家は、BGMを選ぶ余地もなく、一日中「モーツアルト」が流れ続けています。
塾が昨日から夏休みに入ったのですが、「どうぞ。つかれたでしょ?ゆっくり休んでおいで~」
なんて、言ってくれるはずもなく、この休み中にも、「これでもかぁ~~~!」っていうくらいに、宿題の山を渡され・・・・・結局、家でもくもくと宿題をこなさなければなりません。

「モーツアルト聞くだけで、頭が良くなるらしい」と、先日、何かのテレビ番組で聞いてしまったわたし達親子。
ならば、聞いてみようじゃないか!!と(笑)
そんなわけで、朝から晩までモーツアルトが鳴り響いているというわけです。

聞くだけで頭が良くなるなら、努力はいらないわけで(笑)
そんなうまい話があるわけないけれど
モーツアルトを聞いていると、なんだかゆったりした気分になります。
なるほど!胎教に良いというのも、頷けます。
(私、娘がお腹にいるときは、モーツアルトは聞かず、ずっとボサノバ聞いてました)思わぬところで効果ありって所かな?
え?気づくのが遅いって?(汗)

モーツアルトの人生にも、興味がわいてきました。
手軽なところで、映画「アマデウス」でも、観て見ようかな?

ちなみに、このモーツアルト、某巨大エンジンの音楽サイトで無料で一日中、聞くことができるので、とってもありがたい。
他にも、今クラシックジャンル、作曲家別ではベートーベン、ショパン(好きです)、バッハ、チャイコフスキーが聞けるようです。
いろいろ試しましたが、勉強にはモーツアルトとバッハだね、ってことに落ち着きました。
「チャイコフスキーはだめ?」と私。
「だめ。踊りたくなる」と娘。
7年間バレエで親しんだチャイコフスキーは、どうも娘の身体に染み付いた音楽のようです。

今も、モーツアルトが流れています。
夫にとっては、子守唄。ただ今爆睡中。気持ち良さそうに寝ています。
ここでも、思わぬ効果かな?(笑)
[PR]
by candy-k1 | 2006-08-10 22:34 | 映画 音楽  本