愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今さらながら、パイレーツ

私を、ご存知な方は「あれ?観てないのかしら?」って思った方もいるかもしれません。

「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ チェスト」
この夏公開中の、ジョニーの最新作。

実は、公開初日に、ジョニー仲間と一緒に鑑賞済み。
娘に内緒で、こっそり観にいきました。
塾に行っている娘に悪いよなぁ~って気持ちもあり、且つ娘もこのブログを時々読んでいるので、感想をアップすることができなかったわけで・・・・

「あーちゃん、パイレーツ観にいくの、いつ行けるかなぁ?」と聞くと
「無理だよ。無理。いいじゃん、ママもう観たんでしょ?」と娘。
「・・・・・え?え???」
「初日行ったんでしょ?ママが初日に行かないわけないじゃん~(にやにや)」
「え・・・・あ・・・・ばれてた?(滝汗)」
「ばればれ。いいよ、どうせママDVD買うんでしょ?
うち(自分のことをこう呼ぶ)、ママがDVD買ったら観るから」

・・・・そっか。ばれてたんだ・・・・・(汗)
じゃ、心置きなく♪

率直に言うと、前作は超えてません。
でも、続編にしては、よくできているし、最後の最後で
「えぇぇーーー!!3まで待てないっ!!」という展開で終わる。
そのあたりは、上手いなぁ。嫌味な言い方したら「商売上手」です(笑)
今回は、オーランド・ブルーム扮するウィルがメインかな。
ジョニー扮するジャック・スパロウ。前回同様おちゃめでコミカル。憎めないしたたかさと機転の速さももちろん持ち合わせ・・・ジョニーの役づくりは完璧です。
b0102023_15583443.jpg

今回の最大の特徴は・・・・「これって、円谷プロの映画だったっけ?」と
途中で勘違いしそうな、クラーケンはじめ、海の怪物・海賊達。
これでもか!!!ってな具合に、じゃんじゃんお出ましになる(笑)
ビル・ナイ扮するデイビー・ジョーンズがタコ髭でオルガンを弾くシーンと、パイプの煙を鼻(この鼻が付いている場所が、笑える)から、ぷはーっと出すシーンはツボにはまり、もう、笑いが止まらなかったのでした。

そこかしこに、パート3に繋がる謎解きの鍵となるモノも、ちらほら登場(するらしい)。私は、まだ1回しか観ていないので、そこまでじっくり味わってないのですが。前回は8回くらい観たんだっけかな?忘れてしまいましたが(汗)今回は、あと数回観にいくだけで、終わっちゃいそう。
来年のパート3の公開を楽しみに待っていようと思います。
ちなみに、パート3は来年5月の公開。前売り券もゲットしておきました(^^)

                 ☆☆☆☆☆☆☆
昨日はGTF トーキョーシネマショー の中の一つ「2006年秋~2007年 ラインアップ・プレゼンテーション」という催しに、友人が当たったので、ご一緒させてもらいました。
各映画配給社の、この秋から2007年度上半期の映画のプレゼンを宣伝部の方がプレゼン、且つ各社数作品の予告を見ることができるという、なかなか普段は味わえないイベント。
楽しかったです。

司会の襟川クロさんの進行のもと、各社宣伝マンが舞台に登場してくるのですが・・・
新人さんなのかなぁ?原稿を持つ手も、心なしか声までもがぷるぷる震え、「大丈夫だよーー間違っても怒らないよ~笑わないよ~」と応援したくなってしまう方や、この道うん十年、ベテランの中のベテランと思わせる、軽快なトークで会場を盛り上げる方もいらして、なかなか面白い。
ソツなく終了したプレゼンは、申し訳ないけれど、全然頭に残ってません(笑)

70本の予告編を観て、観たいなぁと思った作品がいくつかあったのですが、中でもソフィア・コッポラ監督の「マリー・アントワネット」(2007年正月第2弾公開予定)は、衣装も音楽も舞台セットも、かわいらしいポップな映像。でも、取り上げているテーマはなかなか重そう。
コッポラの世界観で、どんな風に繰り広げてくれるのかなぁ~と、期待大。

車椅子でラグビーをするという「マーダーボール」(今秋公開予定)というドキュメンタリー。これも、良さそうな予感。
他にも、若き日のレクター博士を描く「ヤング・ハンニバル」
ベン・スティーラー主演の真夜中の博物館を舞台にしたコメディ「ナイト・ミュージアム」
ジム・キャリー主演のミステリー「ナンバー23」
FOX配給の「サンキュー・フォー・スモーキング」
もう直ぐ公開のパトリス・ルコントの音と映像で展開する「DOGORA」など、
挙げだしたらキリがなくなってきちゃった。(汗)
でも、欲を言えば「地味だけれどいい映画」の予告編をもっと観たかったなぁ。
そうそう。「地味だけどいい映画」の匂いが満載な予告もあたんだった(汗)
㈱ワイズポリシー配給予定映画7本は、どれもこれも良さそう。
単館系になるのかな。良さそうなんだけれど、予告があまりにも短すぎました。残念。

ちなみに、司会のクロさんのお勧め作品、何作かありましたが、中でも韓国映画の「グムエル」(9月2日公開)。カンヌで絶賛とパンフに書いてあったので、楽しみに予告を見たのですが、怪物映画で「え??何を持って絶賛なの?」
でも、クロさんの解説「怪物映画だけれど、家族愛とかいろんな要素が盛込まれている。あと2回は見たい」と聞いて「ほほ~」と。
クロさんのお勧めとあれば、観てみようかなぁ~と思ってます。

今後も面白そうな映画がたくさん、出番を待っているようです。
楽しみだなぁ~♪

「長いっ。読む人が疲れちゃうよ」と、通りがかった娘がぽつり。
・・・・そうだった。つい調子にのって、書きすぎちゃった(汗)
お付き合い、ありがとうございました~。
[PR]
by candy-k1 | 2006-08-09 17:04 | 映画 音楽  本