愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ちりりん り~ん

塾が休みの本日。
娘も私も、すこしのんびりできた一日。

夕方、まだまだ気温は高く、暑いけど
一緒に郵便局へ、お手紙を出しに。

日傘をさして、てくてく歩いていると
さわ~~~っと、風が頬に当たる。

「風が気持ちいいね。クーラーのきいた家にいると、わからないね」と、娘。
「そうだね~。暑いけど、気持ちいいね」と、私。

「今、風鈴が鳴ったら、すごくいい気持ちになるのに~」の娘の発言に
「おっしゃ。風鈴、買いに行こう!」
「いいね!!」
郵便局で用事を済ませたら、すぐに帰るつもりだったけど、
その足で「ロフト」に向かった。

一つずつ、風鈴を鳴らして音を確かめる私に
「恥ずかしいからやめなよ~」と娘は、何度も私の腕を、ぱしぱし叩いたけど、
音を確かめずに、風鈴を買うことなんて、できっこないじゃん!!

本当はガラスでできた風鈴を買うつもりだったけれど・・・・これ買いました。
b0102023_21115698.jpg

「ホタルブクロ」の形をした、南部鉄の風鈴。
(ちなみに、本日の携帯カメラマンは、娘A。
「ママより、撮るの上手いよね~」と自画自賛)

ベランダに吊るすと、「りり~ん りりりり~ん」
ん~♪いい音じゃないの。

「今、この風鈴の音聞いて、いい気分だなぁって感じてる人、いるかなぁ~?」と、娘。
「きっと、いるよ~。いい音だなぁ~夏だなぁ~って思ってる人、いるよ」と、私。

「ちりり~ん りりり~~ん」

ホタルブクロの風鈴。
涼やかに余韻を残して響く、風鈴の音。
毎年、夏が来るたびに、今日のことを思い出すだろうな~。


                ☆☆☆☆☆☆

夜が更けていくにつれて、南風も強くなり・・・
狂ったように鳴りつづける風鈴の音・・・。
こうなると、風情もへったくりもない。

「近所迷惑じゃん?」と、娘。
「そうかもねぇ」と、私。

夜は取り込むことにしました(笑)
[PR]
by candy-k1 | 2006-08-04 21:38 | くらし