愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

楽しみな事、場所、続々。

映画好きの私は、その事実を知った時、頭に岩が降ってきた。
奈良市には映画館がない!

…マジか。

しかし。
「映画館にない奈良市内に誕生した期間限定の移動型映画館」というテーマで、セレクトされた映画を毎月第二週の金土日に観れるという
「ならシネマテーマ」というイベントがある事を知ってワクワク!
しかも、毎月、上映される映画にちなんだ監督さん、俳優さん等々ゲストにらよるトークイベントも実施されるとな。

って事で、観に行きましたとも。

5月は「モンサントの不思議な食べ物」
見逃した1本でしたので楽しみに行きました。
b0102023_1841121.jpg


モンサントという企業の闇の部分をまざまざと見せつけられたドキュメンタリー。
種や農薬の問題だけでなく
私達は便利を手に入れる時、大切なモノを失っているのかもしれないという事をいつも危惧していないといけないという事。そして、いつも自分の軸を持って物事を常に精査しなければならない事等、いろいろと改めてまた考えさせられました。
大きく広げていくのではなく、もっと小さく大切に生きて行かなければいけないんだなぁーとも。

この想いは、次に観た映画に繋がります。
特別上映された「里山からのメッセージ」
奈良県大和郡山で里山自然環境整備士として、里山再生に取り組む若者達を追ったドキュメンタリー。
苗から作り(私も知らなかったのだが、稲の苗は、大抵は苗になったものを農協から買うそう。
彼らは、自分達で育てた苗で田植えをします)し、土を耕し、畔を作り、水を張り、田植え。手間のかかる草引きも全て手作業。農薬は一切使わず手間暇かけた丹精こめたお米を作っている様、
心を混めて農業にかける彼らの熱い想い、農作を通して社会に働きかけていこうという強い想いは
明るい未来を見せてもらいました。元気をいただけた気持ち。
心から彼らを応援したくなりました。

その彼ら、会場にもいらしてました。
彼らの作ったお米で作った柿の葉寿司をいただきました。
ほんのりやさしい甘み。とても美味しくいただきました。
機会があったら、多くの人に是非とも観てもらいたい1本でした。

ならシネマテーク

****

柿の葉寿司はいただきましたが
私のお腹は柿の葉寿司1つでは足りません(笑)。
って事で、気になっていたカフェへ行く事に。

tuBUさん。

b0102023_18411314.jpg

b0102023_18411452.jpg

b0102023_18411581.jpg

b0102023_1841169.jpg


センスよくディスプレイされた雑貨に囲まれていただくお食事は
スコーンもスープも美味しくて
おかわりが可能ならしたい所。
使われていた食器もかわいくてキュン。

店内に置いてある本を片手に
のんびりさせていただきました。

tuBU

tuBUさんに来る道すがらは
アンテナがビシビシ引っかかりっぱなしのお店があちこちにあって、
これはまた探索しなきゃ!と
心に決めたのでした。
[PR]
by candy-k1 | 2013-05-22 18:06