愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

てんやわんやの赤坂の夜。

「ぽち」から解放された、翌日。
赤坂BRITZにてstone sourライブへ。
b0102023_1451354.jpg




私にしては、かなりハードなタイプの音だけど
「ぽち」で溜まっていた鬱積を放出するには、もうこれ以上の音はないでしょう。
とはいえ、ハードなだけでなく、彼らの音楽には
根底に美しい旋律がきちんとあるのです。


*****

赤坂到着して目に飛び込むのは、
stone sourのTシャツ、首には同じくstone sourマフラータオルをひっかけ
ジーンズ、スニーカーの若人たち。
この寒空にTシャツっすよ。
もう、会場入る前から、熱気すら目にできそうな、
暴れる気満載なのが、みなぎってるのがスゴイ。

その光景を目の当たりにする前から、そうなるであろうことは想定していたので
わしらオバは、2階席をチョイス。
それは、正しかった。
だって、ほれ。
始まる前から、この通り。
b0102023_14395118.jpg

(撮影Kちゃん。ありがとう♪)

モッシュに備え、
ステージ前に「柔道一直線」的なガタイの
屈強な男性陣がずらりと並び準備万端。
観客のボルテージが、どーーーーっと上がったところで、メンバー登場。
一気にそのエネルギーがスパーク。

VoのCorey(これ、コリィって表記されるけど、私の友人の旦那さんは同じスペルで、本人も奥さんもわしらも「コーリー」って呼んでたんだよねぇ。だからなんか、コリィってしっくりこない)の盛り上げ方がとても上手い。
「トベ!」「ナカユビ タテロ!(笑)」「 ツギノキョクハ、、、、、」など
日本語を交えながらのMCは、こちらの心を、がっつり掴んでいく。
やっぱりどのバンドも、フロントマンってすごく大事。

私的には、やっぱりドラムにも注目。
このドラマー、前に出ようとする派手なタイプなドラマーではないけれど
圧巻のドラミングでした。
「すげーーーーー」しか、声にならない。
そのテクニックを勉強にさせてもらえるというのは、もうもう難しく
真似できるっていたら。。。。。衣装くらいかも(汗)。

妙な親近感を持ってしまったのが、
ステージ下手(しもて)のギターのジョシュ・ランド。
メンバー紹介の段で、スポットライトが当たるのを拒み続ける。
スポットが当たるやいなや、すっとライトから逃れて、直立不動。
スキンヘッド、眉薄な強面からは想像できない、ちんまりさ。
なんか、かわいいぞ(笑)。

うんうん、私もスポットライト、キライ。
わかる〜その気持ち〜。
楽器鳴らすのは楽しいけど、スポットライトは別にいらないよね、うんうん
と、勝手に解釈した後、どうにも彼から目が離せなくなってしまった(笑)

そのジョシュが2階に向けて、ピックを投げてくれた。
ジャンケンに勝ったCちゃんがお持ち帰り♪

b0102023_1510714.jpg

b0102023_1511464.jpg

(画像加工Jちゃん。ありがと♪)


1階はというと。。。。
おむすびころりんを彷彿させる、ごろごろと転がる若人たち。
ごろんごろんと転がっては、屈強な男たちにキャッチされ
また会場に戻って行く人たちが、後を断たず。
それは、男子に限らず、女子も!
女子が転がる段は、転がってるのが女の子とわかるやいなあ
上に伸びる手は一気に増え、あげく
「ぴーーー、反則ーーー」と注意したくなっちゃうような
あからさまにセクハラ的な行為が目について、あんぐり。

上でころころする人あれば、
「ここは喧嘩祭りか」な、押し合いへし合いのせめぎ合いあり。
でもね、みんな楽しそうで良かった♪
すごいパワーだ。
いやぁ、やっぱりオバは1階じゃ、身が持たない(笑)。
高見の見物させていただきました。


80分間の短いライブだったけど、濃厚でエネルギーにあふれたステージで
もう、大満足!
楽しめた上に、がっつり鬱積した鬱憤、放出することができて
スッキリして会場を後にしたのでした。


SET LIST 赤坂BLITZ 2011.2.21
 
1 MISSION STATEMENT
2 REBORN
3 DIGITAL (SAY YOU TELL)
4 MONOLITH
5 UNFINISHED
6 HESITATE
7 SAY YOU'LL HAUNT ME
8 MADE OF SCARS
9 BOTHER
10 THROUGH GLASS
11 BLOTTER
12 GET INSIDE

アンコール
13 HELL & CONSEQUENCES
14 30/30-50




*********


会場を後にして、Jちゃんが「事務局からメールがきてる」と!!
そうです。「ぽち運動」の事務局さんです。
おそるおそる開くと、試写会当選の通知!
やったーーー!!

赤坂駅改札手前で、Cちゃんにもメールが届いていることが判明。
開けば、同じく事務局さんから「試写会」「レッドカーペット」に当選の通知!!
遅れて、さらにJちゃんに、「また、きてる」
それは「レッドカーペット」当選の通知!!!。

え。。。。
え。。。。。
え!!!!!!!!!!
えーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

りょ、りょ、両方に、い、い、い、行けるの!??????????
「やったーーーーーーーーーー」Jちゃんは、雄叫びをあげ、
「わははあはははははははは!!!!」Cちゃんは、笑いが止まらず
私はというと、手足がガクガクして、涙が止まらなくなってしまった。


駅に向かう人たちからは
「このオバたち、何騒いでんだ?」な視線を集めていたに違いないが
もうもう、そりゃあ盆と正月がいっぺんにやってきた、いやそれ以上の事だったわけで。
一緒にその場にいたKさんには、恥ずかしい想いをさせてしまったかも(汗)。

ガクガクした後、放心状態になり、そしてその後、薄ら笑いを浮かべる怪しい人に変化(笑)。
この吉報一報で、さっきまでのライブの興奮や余韻すらも、いっぺんにすっ飛んでしまった。

ああ。
ジョニーに会える♪♡♪♡♪
うれしいな♪

でも、お友達全員の分はまだ、確保できずな状態。
なんとしても、みんなの分も当てなきゃ!!!
気合いを入れ直して、「こい〜こい〜あたれ〜」と、念を送る日々。
[PR]
by candy-k1 | 2011-02-24 15:56 | 映画 音楽  本