愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

二人旅 その2

【その1は↓からどうぞ。】



2日目。
夕方の便で帰らなければならないので、それまでの時間、楽しまなきゃ!

というわけで。
朝食を摂って、JR広島駅へ。
ここから山陽本線に乗って、宮島口へ。
ここからは、フェリーに乗って、目指すは、宮島。

デッキで風を受ける。
気持ちがいい。


*********




宮島に到着してすぐに目に入ったは。
b0102023_22205526.jpg

え?置物?
b0102023_22222089.jpg

いや、本物(笑)。


いたるところに、鹿、シカ、しか。
鹿というと、奈良公園の自由な振る舞い的な鹿を想像していたのだが、
思いのほかおっとりした動きだった。
暑さのせいで、動きが緩慢だったのかも。
中には「なんか、持ってる?」な感じで、擦り寄ってくる鹿もいて
想定外なふれあいしちゃったりもしたが、全般的におっとり。
とはいえ、民家の軒先で自由な振る舞いしてる鹿もいたりで。

b0102023_22355254.jpg

もしもし、あなた、置物?(しつこい)


いや、生きてますってば。なんか用?
b0102023_2239554.jpg



「お店に入ったりしないのかね?」と娘と話をしているところに、これ。
b0102023_22381530.jpg

やっぱり自由すぎちゃうことも、あるらしい。



******
はたと気がつく。
時間が限られてるのに!!
こんな調子じゃ、宮島が鹿の観察で終わっちゃうよ(笑)。



町屋通りを歩いていきましょう。
趣のある日本家屋が立ち並ぶ、町屋通り。
b0102023_2244263.jpg



通りを抜けて、海沿いを歩くと、見えてきた。
b0102023_22503851.jpg


更には。
b0102023_22545616.jpg


紺碧の海に映える朱の鳥居。
荘厳な姿に圧倒される。

********

つづく
[PR]
by candy-k1 | 2010-09-02 23:08 | できごと