愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年 夏の旅の記録 その3

1日目は↓から。

【3日目】

台風が通過するらしい。
雨風がどれくらい激しくなるか心配なところ。

雨水を誘導する堀をほっておくか、悩む。
去年SGで知り合った方とのお話では、
テントの中に浸水した所もあったと聞いていたのだ。

折りたたみのスコップを家にこともあろうか置いてきてしまったので、
朝一番で近くのスーパーに行ったものの、手に入ったのは園芸用の小さなシャベル。
無いよりいいか、で、2本購入。
しかし、予想に反して、雨はさほどひどくなる気配はない。

じゃあ、行っちゃおうか。
近くだし、雨ひどくなったら、すぐに戻れるし。
ってことで、おなじみ我が家の心のオアシス麦小舎さんへ。
いつもは週末のみのオープンだけれど、お盆の時期は、イレギュラーで平日もオープンするのだ。
この日は、イレギュラーオープンの初日。

b0102023_13212151.jpg

毎回、訪れる度に思うこと。
私は、ここが大好き!!

変わっていくものも沢山あるし、変わっていいこともたくさんある。
だけど、ここは、変わらないでありつづけてほしいな、と。
良い意味での頑固さを、貫き通してくれるだろう店主のお二人だから
私が言うまでも無く。
きっと、ここは、変わらない。
ずっと、穏やかなゆるりとした空間であり続けるでしょう。
ステキなことです。
F夫妻に感謝!出会えたことも、感謝!!



************

お食事も、変わらずにおいしい。

b0102023_13153199.jpg

b0102023_13171827.jpg

b0102023_1318154.jpg



え?何か足らないんじゃないって?
ふふ。頼まないわけがない。

b0102023_13201741.jpg

一口、口に含んでは、毎回同じ事を言っていると、夫に指摘された。
「おいちぃ~♪ ああ、バケツサイズが食べたいなぁ~」
もう、コレで作ってくださいと、バケツを預けておいたらどうだろうか?と、夫から提案された(笑)。



台風通過の影響か、この日はゆったりできてしまう状況で、
久しぶりにお店でF夫妻と、ゆっくり話もできて、楽しさ倍増。
その問題だった台風も、肩透かしな感じで、あれよあれよという間に陽射しも差してきて、
台風どこか行っちゃったみたい。。。。
(しかし、こんなノンキなことを言ってる場合じゃない時が迫っているとは
このときは思いもしなかったのでした)

b0102023_13363334.jpg

              あたちも まったり してしまいました


また、夜の宴、やりましょう。
今度は丁寧に鍋、作ります(笑)。





お風呂は、プレジデントリゾート軽井沢で。
こちらは、ゆったり入浴できるので、お気に入り。

ご飯は、お風呂に入る前に、シャトルシェフに仕込んでいった、キムチ鍋。
はふはふしながら、みんなで食べ終えた後は、毎晩恒例のトランプ大会の開始。
ポツポツと雨がタープに当たる音がし始めて間もなく、
急にポツポツがザーーーの音に変化。

これはマズイかもしれない。
外を見回りに行くと、地面の上を雨が小さな川になって流れてる。
まごまごしていると床上浸水になりかねないかも。
トランプを中断して、夫と私2人で、カッパ着用、朝買った園芸用シャベルを手に、いざ外へ。
雨水がテントに流れ込まないようにシャベルで溝を掘る。
しばらく掘り続けて、なんとか一安心できそうな状態に。。。。。したと思っていたのだが、
勢いを増す雨に掘った溝が耐えてるか、再度夫が見回りに出た。

「おい、タープの中、水流れ込んでないか?」と、夫の声。
え?と地面を見ると、とんでもない勢いで水が流れ込んできてるじゃないか!
数分前はなんでもなかったのに・・・・・・もう地面がグチャグチャドロドロ。
このままではテントに浸水する!
「俺は外をなんとかするから、中をなんとかお願い」と、夫。
わかった、と返事したものの、あまりの慌てぶりに何をすべきかわからない。
あわあわする自分にびっくり。
「おちつけ、あたし!」今思うと笑っちゃうくらい大きな声で喝を入れ、
シャベルを手に、タープ内からタープの外に流れるように溝を掘る。
外では夫が土嚢ならぬ土壁を積んだらしく、なんとかタープに流れ込む水も減った。

しかし、これではおちおち寝てられないかもしれない。
更に溝を掘ったり、土壁を作ったりと、作業は続き、
きちんと軍手をして作業していたにもかかわらず、夫の手のひらの皮はベロンと剥けてしまった。
カッパを着ての作業だったので、汗だく。
せっかくお風呂に入ったのになんだかなぁ。
夜の簡易工事現場、結構過酷でした(笑)。
そのおかげもあって、どうにか朝までもちこたえて、ホッ。

よくテレビで水害に遭ってしまった方のお話で「あっという間でした」と耳にするけれど
水って本当に「早い」んだなぁと、実感。
そういえば、この日の麦小舎さんも、大変だったって言ってたっけ。
ここまでの水量だったら、確実に床上浸水だったな(汗)。


キャンパー歴2●年ですが、今回のような出来事は今までなかったのです。
また1つ、貴重な経験ができたのでした。



********
b0102023_14372635.jpg

                         もうすこしで 
                   テントで ねれないところでした                
                       あぶなかった です

                    まだまだ まだまだ まだまだ
                            つづく
[PR]
by candy-k1 | 2010-08-27 14:41 | できごと