愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

シアワセナキモチ

朝ごはんを食べてほどなくしてから、
キャンディさんの歩調に合わせ、ゆっくり時間をかけて、お散歩を終えてから病院へ。

今日は一泊で、検査入院です。
入院の前に、血液検査だけしておきましょうとのことで、採血後、結果を待つと、
わぉ!!!!!タンパクは上昇、その上、白血球は減少しているではないか!!!
とはいえ、キャンディさんの白血球の数値は、正常値範囲ではない。
今日は、下がったとはいえ正常値の2倍以上。
でも、いままで正常値範囲の最高値の5倍はあった。
しかも、減少することはなく、上昇するばかりだったのだ。
久しぶりに、光がぱぁーーーーっと差し込んだ気持ちになる。
これで、超音波検査で何の異常もなければいいのだが。

今夜、結果がでるので、夜11時過ぎに先生が、ご連絡をくださるとのこと。
そこまでしてくださる先生の優しさにも、本当に頭が下がるばかりだ。
そこで、今後の治療の方針を決めましょうとのこと。
そうして、優しい先生に抱っこされて、キャンディさんは、病院へお泊りへ。

残されたミルヒのさびしそうなこと。
家に帰宅しても、このありさま。しょんぼりして、なんとも不安そう。
時々、キャンディのハウスの前に立ち尽くし「おねえちゃん、いないの」とばかりに、こちらを振り返る。
b0102023_2131666.jpg

ソファーの上で、しょんぼりぼりぼりなミルヒ。
ミルヒにとっても、キャンディさんは、大切なおねえちゃん。
キャンディさんには元気になってもらわないと!!


******

血液検査で良い結果を得られて、とても気分が良くなった私。
すがすがしいお天気も手伝って、ご近所の気になるお店でランチを食べよう!
ずーーっと気になっていたし、食通の友人たちが、こぞっておススメするお店。
negonbo33というカレーやさん。
カウンター6人分くらいかな?とテーブル席が一席という、とてもこじんまりとしたお店。
30代かな?と思われるマスターが一人で切り盛りしている。
野菜カレーとコーヒーをオーダー。
丁寧にお仕事されているのがとても伝わるので、私も「ながら食べ」はしないぞ!と心する。
b0102023_21134397.jpg

トッピングされているものを見て、驚く。なんと、ミョウガ。
さて、どんなお味でしょう?と一口ぱくり。
んんんんん!!!!!!これは!!!!!!!
めちゃ、うまいっ!!!!
ひとつひとつの野菜の味を殺さないルーの味。だからといってルーが弱いわけではなくて、
どちらの個性もつぶさない、絶妙さ。
今まで食べた野菜カレーの中で、一等賞間違いなし!!!
付け合せのピクルスも、食後のコーヒーも、すべて美味しくて大満足。

こういう美味しいお店が近くにあるって、本当にうれしいなぁ。
またシアワセ発見。
なんて気持ちを伝えたら、話ははずんで、音楽の話に。
私の青春時代にどストライクだった辺りの音楽とマスターの好きな音楽が、ドンピシャ!!
30代の彼は、後追いで追いかけた音楽、私はリアルタイムで追った音楽で、
タイムラグ(笑)はあるもののおおいに盛り上がる。
初めて行ったお店なのに、すっかり長居してしまった(汗)

また、伺います!!

*******
さて。
今日は、ここには絶対行かなきゃと、決めていた。
cha-to-chaさんで、私の大好きな陶芸作家、
須永彩子さんの展示会が開催されているのだ。
初日に伺えなかったので、
みんなお嫁に行っちゃってたらどうしよう~と思いながらだったのだが、
ああ、よかった。まだ、私を待っていてくれた器たちが、いました。

b0102023_21292456.jpg
b0102023_21301064.jpg

いただいたDMを見事に飾っていた器、2点。
実物を見れて、大感激。
これまでも、須永さんの器については、熱く語ってきましたが、
どの作品をとっても、ひとつひとつにストーリーがあるよう。
器一つで、その先の何かが見えるような、そんな広がりがそこにはあります。
スゴイです。

更に大感激を増幅させてくれたのは、須永彩子さんご本人とお会いできたこと!
また、この須永さんが、見た目は可憐♪
お話するとサバサバっとした気持ちの良い女性で、すっかりファンになってしまいました。

b0102023_21333151.jpg

↑の器のほかに3点、合計4点を購入。とってもシアワセな気持ち。

*****
須永さんの展示会の期間は、カフェもオープン。
cha-to-chaさんのオーナー手作りのケーキがいただけます。
今回は、ご自宅のガレージスペースを開放してくださった、オープンカフェ。
b0102023_21401640.jpg

今回も甘さ控えめの、絶品キャラメルチーズケーキに舌鼓♪
うれしい美味しさで、こちらもシアワセ♪

そして、シアワセを増幅してくださったのは、オーナーさんの優しさでした。
「キャンディちゃん、大丈夫?心配してました」とお気遣いいただいたうえに更には
「犬のお守りないのかな?って探したの。で、みつけたんだけれど、展示会が始まってしまって時間が取れなくて買いにいけなかったの」と、おっしゃる。
わーーーーーーーーーーーーん。
もうもう、そのお気持ちだけで、本当にありがたい気持ちでいっぱいで。
本当は、泣いちゃいそうだったけど、
いきなり泣いたらご迷惑だよと自分に言い聞かせ、なんとか踏ん張る。


自分をリフレッシュさせていただける場所が、近くにあるシアワセ。
なかなか、見つけようと思っても出会えるものでもない。
それに出会えたって、やっぱりシアワセ。

また、伺います!!
[PR]
by candy-k1 | 2009-10-30 22:01 | できごと