愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

げーじつの秋。

夏に美土里の洞さんに伺った折、おススメいただいたアートイベントに足を運びたかったのだけれど、今回は、私の生息地・地元所沢で行われた美術展へ。


西武鉄道旧所沢車両工場の跡地で催されている美術展所沢ビエンナーレ 引込線
b0102023_16151819.jpg


b0102023_16204541.jpg

すでに息づかいが聞こえない工場などが持つ、
ある種独特の、無機質であったりデカダン的であったり・・・。
そんな空気をまとった空間、惹かれるものがある。

******
b0102023_162616100.jpg


b0102023_16284235.jpg


b0102023_16292225.jpg


b0102023_16274587.jpg


b0102023_16304195.jpg


b0102023_16313912.jpg


b0102023_163216100.jpg


b0102023_16351554.jpg


b0102023_16332865.jpg


b0102023_16341446.jpg


b0102023_16382730.jpg


作品を見た瞬間、音楽が流れることが多い。
↑これは見た瞬間、「コクトーツインズ」が頭の中に流れた(ちょっと単純か・笑)。
ちなみに、その一つ上の絵画の時は、クリムゾン。


********
美術展に行ったら、何かカッチョいい言葉や、ウンチクでしめくくらなきゃいけないような
「カッコつけ」が必要だった時もあったけれど。
今は、作り手の皆様には失礼極まりないことかもしれないが
「心が惹かれるか」か「そうでないか」、それでいいと思っている。
だから、以前よりとても気楽に美術展に足を運べるようになったかも(笑)。
心惹かれるものには、その先の何かがつかめそうな時もあるから
その直感は、侮れないのだ。

数年前、車両工場が閉鎖されると決まり、その跡地がどのように活用されるのか
近隣に住む者としては、とても気になるところだった。
一説ではマンションが建つとか、いろいろウワサ聞くものの、
実際のところ、動きがまだないのが現状。
こうしたアートムーブメントに活用されるのは、大賛成!!
継続的にこの「引込線」。開催されることを切に望みます。


**********
さてさて。

我が家のアートもひとつ。
アートといっても、私がつくったわけでも、家族がつくったわけでもなく。
彼女は、生れながらのアートということで(笑)。

b0102023_1652432.jpg


ミルヒ。
我が家にやってきて、丸一年が経ちました。
人間チームをメロメロにした初対面のその日から、今日に至るまで。
その可愛らしさとキャラの濃さは変わらずで、今も人間チームは首ったけ。

最近、私がキャンディとミルヒがいかに可愛いか♪を話す時、
友人の呆れたような諦めたような失笑めいた笑顔が気になるところ(笑)ですが
かまわず、親ばかぶりを前面に押し出して行きたい(爆)と思っておりますので
皆様、よろしくね~♪(投石禁止!・笑)
[PR]
by candy-k1 | 2009-09-22 17:07 | できごと