愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

麦小舎マルシェへ

もたもたしていたら
あれから、もう1週間が経ってしまった。



先週の13日・14日に開かれた、麦小舎マルシェへ。

今年で3年目を迎えるマルシェに、ようやく足を運べることになったのだ。
ああ、うれしい。
大好きな麦小舎さんに行くことは勿論の事、このマルシェに出店される方々が、
私の大好きな方がたくさんで♪
楽しくないはずがない!!!

私の小学校からの大切な友人bosabosaも、3回連続の出店&ワークショップをはじめ、
一口食べただけでで幸せにさせてしまうお菓子職人ありさんに、
手にも目にもしっくりくる器がうれしい美土里の洞さん
他にもお洋服や小物、ベーグル、古書
地場のお野菜、ガーデニングまで、ありとあらゆるジャンルの
それはそれは魅力的な作り手さんたちばかりで、ワホワホもので目移りしっぱなし。

b0102023_20154641.jpg



早めに到着したつもりでいたものの、
お目当てのありさんおお菓子は、お嫁に行かれた後だったようで(涙)。
それでも、好物のビスコッティをはじめとした焼き菓子がっつりをゲットできて、ホッ。
(しかし1週間経過した現在「ああ、もっと買っておけばよかった」と後悔。我が家が全部買い占めたらいけないよなぁ、この美味しさ、独り占めしちゃだめだよなぁ・・・・・と、ちょっと遠慮してしまったのだ。ありさんのお菓子・・・・罪な味です(笑))

美土里の洞さんで、器を数点買い、これまたホクホク。
b0102023_20411493.jpg

↑ウクライナご出身、六合村で作陶されているナタリアさんの器に、
ありさんのバナナマフィンを乗せてみた♪
このマフィン、めちゃめちゃ美味しかったなぁ。

他にもベーグルやお野菜、娘は毛糸の小物などをゲット。
ああ、幸せ。


********

主のようにbosabosaのブースにどっかり座り込み、ただただ口を動かす私を見て
bosabosaのご子息がこう言われた。
「ねえ、●●っちょ(私のこと)は、作らないの?」

・・・・・ああ、そうだった(汗)。
これを楽しみにしてきたんじゃないか(滝汗)
bosabosa先生のご指導によるワークショップ。
彼女が用意した「はりねずみ」を無視して(賢明な皆様はその理由がお分かりでしょう)、
メニューになかった「犬」にチャレンジ。
bosabosaは瞬時にして「無謀な・・・・・」と思ったらしいが、
当たり前のように作業を勝手に始める私を見て、諦めたらしい(笑)。
しかし、作業を進めていくと、それは「無謀な・・・・・」と思った
bosabosaの予測は確実なモノとなり(汗)。
どうにもこうにも、お手本のようなフォルムにならない。

作るべきは「犬」
・・・・・・しかし。
        繭 ⇒ 芋虫 ⇒ サイ ⇒ 産まれ立ての羊、もしくは牛
作業の過程で、別の生物になってしまう私の製作物。
bosabosa先生の手作業は魔法のように正しい生物に導いてくれ、
最後はようやく仕上がりました♪

b0102023_20574569.jpg


b0102023_2113757.jpg

↑両脇の2匹は、bosabosa先生の作品。


b0102023_2131220.jpg

「ママ、つくりおわったのね♪(キャンディ)」「どうなるやら、ハラハラちたわ(ミルヒ)」


******

b0102023_2171955.jpg


ゆったりと流れる緑の中のマルシェ。
素敵な作り手さんたちの作品と、素敵な作り手さんたち。
そして、大切な友人たちとその家族と過ごす時間は、本当に充実していて。
ああ、楽しかった!!


麦小舎さん、素敵な時間をありがとう。
また、夏にね♪
[PR]
by candy-k1 | 2009-06-20 21:14 | できごと