愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Oasis ライブ

4月1日。
心機一転、新しい気持ちでスタートするはずの新年度の初日に
3月の出来事を振り返り書くのはいかがなものか・・・・・なのだが・・・・・。


3月28日、幕張メッセ。
オアシスライブに行って来ました。

男子率の高さは予想してはいたものの、その予想の仕方・・・・・・。
甘かった。
ステージから数メートルの距離に私を含む友人5人と陣取ったのだが、
これまでの生涯で、こんなに自分の周りに男性が取り囲まれるなんてことないってくらい
前も後ろも、右も左も、血気盛んそうな男子ばかり。
それでも、前座のライブが始まった段では、少々のモッシュはあったものの
本当にそれは一瞬の事で、あっという間に納まったのだ。

前座のQUATTROというバンド、これが素晴らしく良いバンドだった。
5人の日本人で構成されるバンドの音は、洋楽の良い部分を見事に受け継ぎつつ
自分たちの音に仕上げていて、生意気を言わせてもらえれば
「日本にもこんな音を出すバンドが出てきたなんて、日本音楽の未来は明るい!」とうれしくなった。
あまりにかっこいい音だったので、帰宅後速攻「熱帯雨林」でCDを注文した。
一緒にCDを聴いた娘も、「かっちょいい~」気に入ったらしい。


しかし。
「血気盛んそう」に見えた男子たちは、本当に「血気盛ん」だった。

前座が終わり、「OASIS!! OASIS!!」とコールする声(これが実に野太い)も高まり
いよいよオアシスの登場を待つばかりとなると
まずは、どどどーーーーっと後ろから、人波が押し寄せ、つんのめりそうになる。
そうかと思うと、今度は前から、どどどーーっと人の圧がかかり。
そんなこんなを繰り返し、押し寄せる人の波に足はとられ、
身体は自分の意志とは関係なく右へ左へと流され押され圧し戻され。
本格的に身の危険を感じた頃にリアムとノエルが登場!!
と同時に、5人だった塊は3人と2人(私はこっち)に引きちぎられ
更に人の圧は押し寄せ、将棋倒しになった自分が頭をよぎる。
「後ろに下がろう」と決めたものの、ステージ前方を目指す若い衆の波に逆らって下がるのは容易ではない。
押しつぶされそうになって泣きそうになっている若い女の子が目に入る。
「一緒に出る?」と声をかけると、「はい」と、女の子。
左手に若い女の子、
右手に小動物のように弱々しい目ですがる友人(笑・でもそんな顔してた・笑)の手を取って
「なんとしてもここを抜け出さなきゃ」と、鼻息荒くメラメラしながら、ぐいぐいと突き進み、
安全な場所まで下がれたときは、心の底からホッとした。
(そして、娘が一緒でなくて本当に良かったと、心の底から思ったのだった)

b0102023_1795088.jpg

これは安全な場所に移ってから友人Jちゃんが撮影したもの。
若い衆に囲まれた私たちの状況、伝わるでしょうか??



いい大人がこんなことに必死になっちゃって・・・・って思われるかもしれないけれど
メラメラしながら抜け出さなきゃいけないくらい、怖かったんだもん。
しばらくしてからリアムも「人が多い、下がれ」って言ってたから
私たちが後ろに下がった後も、ステージ前方では大変な事になってたんでしょうね~。
一緒に頑張ってくれたSちゃん、ありがとね~♪

**********
さて。
安全な場所で参加するライブは、とても快適。
もう、完全に入れ込んでライブに参加した。
リアムの声は、CDほど出てなかったけど、その存在感は圧巻。
黄色くていいはずの「リアムーー」の声は、ほぼ野太い声だった(笑)。
男子が「かっこいい」って思う男性なんでしょうね。
b0102023_1713585.jpg


b0102023_17135082.jpg

↑友人Sちゃん撮影。きれいに撮れてるね~♪

新しいアルバムの曲も勿論好きだけれど、古い曲も当然のごとく大好きだから
思いのほか新旧とりまぜて演奏してくれて、とってもうれしかった。

b0102023_17173883.jpg


個人的には、ノエル(余談だが、当然「ノエルーーー」の声も、野太かった・笑)が爪弾く
Don't Look Back in Anger のイントロで鳥肌。
(アンコールまで待たされたのが、鳥肌率を更にアップさせた。
聴けないまま帰るのかってがっくりしてたのだ)
サビの大合唱、なんだかじーーーんとしたなぁ。
もちろん私も、いんちき英語で合唱に参加しましたとも!!
(この曲、ここ数年、私の携帯の着メール音にするくらい、好きな歌なのです)

もっと欲を言えばLittle by Littleも聴きたかったなぁ。
でもでも。
一曲ごと、イントロが流れる度に「うぉぉぉぉぉーーーーー」と、血湧き肉踊る的な高揚感が
ぎゅうぎゅうに詰まったライブで、もうもうもう!!!大満足。
久しぶりに味わった強烈な人波も含め、忘れられないライブとなりました。


******

娘が「この次、オアシスいつくるかな?来たらいきたいなぁ~」というので
ライブの最後にノエルが「5年は日本には来ない」ような意味あいの事を言ってたような・・・
と話をした翌々日。
フジロックにオアシスが参加する事を知って、なんだか肩透かし(笑)。
かと言ってフジロックに参加できる体力はないんだけれど(汗)。
安全な場所(母さん、身をもって危険を知りました・笑)で、
娘と一緒にライブに参加できたら、それもうれしいなぁ。


とはいえ。
私にとって、
一緒にライブを楽しんでくれる友人たちの存在たるや、それはそれは大きいのだ!!!
いつも、ありがとう!!!



★セットリスト★

01. Fuckin' in the Bushes(Intro)
02. Rock'n'Roll Star
03. Lyla
04. The Shock of the Lightning
05. Cigarettes & Alcohol
06. The Meaning of Soul
07. To Be Where There's Life
08. Waiting for the Rapture
09. The Masterplan
10. Songbird
11. Slide Away
12. Morning Glory
13. Ain't Got Nothin'
14. The Importance of Being Idle
15. I'm Outta Time
16. Wonderwall
17. Supersonic
  
   アンコール

18. Don't Look Back in Anger
19. Falling Down
20. Champagne Supernova
21. I Am The Walrus
[PR]
by candy-k1 | 2009-04-01 17:47 | できごと