愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ミルちゃん、ドッグランデビュー

北風ぴーぷー冷たいけれど。
今日まで入試試験休みの娘と、キャンディさんミルたんを連れて地元の航空公園へ。

b0102023_2004140.jpg


木々に囲まれた空間に身を置くことの心地よさを、久しぶりに体感する。
心がすぅーーーーっとする感じ。
いいなぁ。
それだけでなく、ここに来ると、なにやらホッとする。
娘が小さな頃からよく通った、そんな思い出も手伝ってるのかな。

のんびり散歩が最大の目的だったのだが、
せっかく来たのだから、ドッグランに行こうということに。
ミルヒにとっては、初ドッグラン体験。
さてさて。
ミルヒの反応はいかに?と、期待半分、リードをはずしてみる。

「新顔だぜ~♪」と、わらわら群がるワン仲間におののいたあげく。
見事に固まりました。置物かっ!(笑)。
b0102023_2015946.jpg


そして驚いたことに、最終的には。
ミルヒの両のおめめから、つーーーーっと涙がつたって流れてるではないの!
ドッグランに集うオーナーさんたちも、ミルヒのその姿を見て、びっくり。
もちろん私も、驚いた。
そして、助けを求めた先は、キャンディさん。
ぴったりと寄り添い、離れない。
いつもは嫌がるキャンディさんも、ぴったりひっつくミルヒを受け入れる。
恐怖や困難を乗り越えた男女は結ばれる確立が多いって誰かが言ってたけど、
種別は違えどこの状況も同じことが言えるのか(笑)。
なんてたって、キャンディさんも大の犬キライ。
ミルヒがべそかいてる気持ちがわかったのかもしれない。

*************

遠くからその姿を見た瞬間から、
体つきや顔かたちがあまりにも似ている似ていると思ったのだが。
オーナーさんとのお話で、事実がわかって納得。

b0102023_20214210.jpg


ドッグランで出逢ったモカちゃん、5ヶ月。
ミルヒと同じ犬舎出身、そして腹違いの姉妹だということが判明。
どうりで似ているはず。
娘と私、とってもうれしい気持ちに。
また会いましょうね♪とご挨拶して、一足早くドッグランとさよなら。
ミルちゃん、今度も置物になる可能性大(笑)だが、また連れて行きましょう。

「腹違いってさぁ、犬だとうれしい感じがするけど、これ、自分だったら複雑だよね~」
の娘の一言に、なるほど。
「大人になったねぇ~」と、妙に感心してしまった。

***********

帰宅後。
疲れたのでしょう、二匹ならんでぐっすり寝てしまった。
(ええ。もちろん私も寝てしまいましたが)
b0102023_2041829.jpg



ミルヒが我が家にやってきて5ヶ月弱。
大分、二匹の距離が縮まってきた。

最近では、こんな姿も(しかし、数分の出来事だった)。
b0102023_20462064.jpg


親ばかな私は、こんな姿を見ると、ついカメラ(といっても携帯ね)を向けてばかり。
「どこに行ってもカメラばっかり撮ってるし。パー子が家にいるみたいだし」と、娘は呆れてるけど、だって、どの一瞬も逃したくないんだも~ん。
親ばか街道、まっしぐらでございます。
[PR]
by candy-k1 | 2009-02-06 20:52 | できごと