愛するものたちとの日常。


by candy-k1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

(今年も)おくればせのごあいさつ

遅ればせですが。
新年あけましておめでとうございます。
(どうも、去年の年明けも、このタイトルで始まったようです・笑)

すっかり新年が明けきった頃に新年のご挨拶をしてるという、
すでに今年の更新ペースを予感させる、のろのろ出だしではありますが、
お時間が空いたときにでもお寄りいただき、
駄文にお付き合いいただければうれしいなと思っております。


*******

最近のキャンディさんとミルちゃん。
未だ微妙(笑)ではあるものの、以前に比べて、大分距離が縮まりました。

b0102023_16404499.jpg


つい1ヶ月前のキャンディさんとミルちゃんからは、想像できなかった距離。
ついつい、パチリとその瞬間を納めたくなります。
これ以上、ミルヒが近づくと、キャンディさんは逃げていってしまうので、
これが今のキャンディさんの精一杯なのでしょう。
それでも、キャンディがミルヒを受け入れる許容量は、少しずつ深くなってきている様子。


今日は、ミルヒがあまりにもしつこくキャンディを追廻し、
ミルヒに文句が言えないキャンディは、泣きそうな顔で逃げ惑っていたところに
ミルヒがキャンディに体当たりしたもんだから、
私の雷がミルちゃんに落ちた。
ミルヒは、猛省。ちいさくうずくまって、今度はミルヒが泣きそうな顔に。

そこへキャンディさんがとことこやってきて
まず、私のアゴをペロリと一舐めし、今度はなんとうずくまったミルヒのところへ向かい
ミルヒの鼻先に自分の鼻をちょん、とつけた。
動物行動学的にこの行動がどんな意味なのはわからないけれど
キャンディがとったその行動は、私には
「ママ、落ち着いて。もう怒らないでね」と、私を宥めた後、
「ミルちゃん、大丈夫だよ」と、ミルヒを励ましたように見えたのだ。

キャンディの優しさに、親バカな私は、じーーーーーーん。
そして、二匹の間に何か愛情のようなモノが芽生え始めてるんじゃないかと「ハッ」として
またまたじーーーーーん。
2009年も、変わらず「ワンズ」漬けな日々でございます。



***********

とはいえ。
ワンズのみならず、私のペースではあるものの
いろいろな事にアンテナ張って。
楽しく暮らしていきたいと思っています。

今年も、どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by candy-k1 | 2009-01-06 17:10 | くらし